fc2ブログ
HOME   »  #アメリカの医療
Tag | #アメリカの医療

また政府閉鎖かも…(怒)

 アメリカの連保政府の新会計年度は10月1日に始まりますが、今や年中行事の感のあるアメリカ議会の政府機関の一部閉鎖回避のための超党派つなぎ予算案合意ですが… 毎回、政府閉鎖だと騒いだ挙句にぎりぎりで合意というチキンレースを繰り返していますが、今回は本当に暗雲が立ち込めています。今日、下院で10月末までのつなぎ予算案が賛成198、反対232で否決されたのです。これは、下院保守強硬派の議員連合、その実態はトランプの腰巾着集団、「Freedom Caucus(自由議連)」のゴネ勝ちです。

freedumbdumb.jpg
アメリカを人質に取って脅迫する面々
左端の特にイっちゃってるのはジョージア州選出のマージョリー・テイラー・グリーン

 暗黒時代の2018年の年末から35日間もの連邦政府機関一部閉鎖があり、一年でも最も入用な時期に公務員はお給料が払ってもらえない、お国のサービスは停止でバケーション・シーズンの真っ只中に国立公園が閉鎖、運輸保安局職員不足で空港までもが一時閉鎖になったりと大混乱でしたが、悪夢再びとなるのでしょうか?その時の理由は、予算にメキシコ国境の壁建設が含まれていなかったことでトランプがすねたからでした。これによる直接的な経済損失だけでも30億ドルを超えたといわれています。当時の混乱ぶりを、私も超怒っていた。

 国民を人質に一方が相手の党を脅すのは常套手段ですが、国民に迷惑をかけ、国民のために奉仕するのが信条であるはずの政府が、自分たちの我を通すために国民に犠牲を強いている。今回の争点は、国内の災害対応とウクライナ支援向けへの各60億ドル。上院は可決したものの、共和党は既にこの上院案を拒否しており、バイデン大統領とマッカーシー下院議長が5月に合意済の2024年度支出水準をもっと減らせ、メキシコから流れてくる移民も阻止しろと求めています。

 だいたいマッカーシーは下院議長に選出されるまでに15回もの投票を繰り返した弱っちょろ~い立場、フリーダム・コーカスの連中には尻尾を掴まれている。5月に債務上限の引上げを巡ってデフォルトの危機に至ったのも、こいつらのせい。いまだに2020年の選挙結果にいちゃもんをつけているトランプは、5月にもデフォルトしちまえ!とほざいていましたが、今回も政府閉鎖上等!って態度。そりゃ自分が一度やらかしてるし、政府閉鎖で困窮した人たちは政府を恨む、怒りが現政権に向かうで美味しいもんね。そういう事態になったのは、こいつらと、その裏にいるトランプのせいなんだけど、なぜかそれが見えない国民が多い。もう目的にトランプを信奉し、FOXニュースしか見ない連中って私は思うけど、そういうヤカラからすれば、私なんぞは盲目的にバイデン政権を信奉し、リベラル・メディアしか見ないアホなんだろうなwww


応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



大学教育を考える

 先月末にアメリカの連邦最高裁は、1961年に当時のケネディ民主党政権が導入して以来、60年以上慣行化されていた、人種を大学入学選考基準とすることを認めたアファーマティブ・アクション(積極的差別是正措置)を違憲と判断しました。保守派判事6人が制度廃止に賛同、リベラル派3人が反対という予想通りの結果。昨年の女性が人工妊娠中絶手術を受ける憲法上の権利否定に続き、再びの従来制度を引っ繰り返す保守寄り判決です。これらは、アメリカ社会を変えてしまう影響力があります。トランプ前政権下で保守派の判事が増え、公平であるべき司法が、政治の権力闘争の道具となっている。結果、社会の分断を一層深めています。

  白人以上に差別を受けていると感じていたのはアジア系です。今回の判決も、白人4人、黒人一人の保守派が、白人ではなくアジア人受験者に対する差別であるとして違憲に持ち込みました。日本人とその他人種のミックスは、不利になるから大学受験はアジア人であることを前面に出さないのが、息子たちの頃から常識でした。教育や学歴を重んじる東アジア系はハーバードやMITといった一流大学を狙う生徒が多い、また、そのために勉強するので、本当に成績のとおりに合格させたらアジア系ばかりになってしまう。ウィキペディアのaffirmative・アクションの項によれば、アイビーリーグ諸校のSAT(共通一次みたいなもん)に、黒人は230点が加算され、逆にアジア人は50点引かれるとか。それでも、現実は殆どのアメリカの大学では白人とインド系を含めたアジア人が席巻しています。

 30年近く前、アメリカの大学の元級友達(白人、ユダヤ系)と再会した時に、MIT工学部の博士課程に進学した子が、学部(建物)によっては完全中国化だよ、と、言っていました。その時、一緒に居たジョンズ・ホプキンズ大学の医学校在学中の子も、あー、うちもそう、と。どちらも世界一流の学校です。驚きましたが、彼らは口を揃えて「あいつら、すげー勉強するもん!」

 では、努力の結果、良い成績を収めた生徒に不利になるような制度がなぜ存在するかと言うと、昨日、一昨日の内容にも重なりますが、全人種を底上げしなければ全体的な経済も社会も持ち上げられないというアメリカの特性があると思います。

 アメリカの上位大学が有するアメリカ全体に対する影響力、地方大学の地元に及ぼす影響は、日本とはレベルが違います。その役割も、目指すところも日本の大学とは違うと私は感じています。単なる高等教育機関として生徒に勉強を教え、優れた労働力を送り出すことを使命とするに留まらず、政治、経済、文化… 社会のあらゆる面に影響する。その研究力を持って世界全体を変える原動力となる。そして、そうあろうとする。そのために、大学側も多様性に富んだ学生を求めています。テストの点数だけではなく、志願者はエッセーが要求されますし、ボランティア経験等をアピールしなければなりません。

 アファーマティブ・アクションが違憲とされた今、次はこれだろうと皆が予想したと思いますが、今度は「レガシー(親が卒業生だと高下駄を履かせてもらえる)制度」が槍玉に挙がっています。でも、これも、その生徒が自分の大学の価値観と合致しているかどうかを図る一環です。アメリカ人は日本人以上に愛校愛が強い。自分の卒業した学校をとても誇りにしています。だから、その子も「この学校は最高やで!」と言われて育つのです。それにちょっと下駄を履かせてもらえる程度で、優先されるって程でもないですよ。現に息子らの両親、私と元旦那は同じ大学卒業してるけど、息子らが受験しても受からなかったと思うも~んww

 誤解してほしくないのは、私は高等専門教育が全てだとは思っていません。いち早くに社会に出て、長年の間に培った経験や技術もまた同等に貴重であるし、特に日本の場合、継続的に最新の製品や技術に対応していかねばならず、資格を得たり講習等で学び続けねばならない。大学院の級友、M姐さんは言いました。「わにちゃん、私らは手に職が無いんだから、学歴なっと付けときゃなんないのよ!」 ほんと、これ。

 そして、高校の先生や看護師等、一般教養を超えた高度な専門知識が要求される職業もある。バイデン政権が戦っている大学の学費ローン免除も、借りたものは返すのが当然という単純な話ではない。大学教育が直接、高収入に繋がらなくとも、重要で必要な職業がある。教員や看護師は正にそのよい例です。次世代を育てる職業のお給料が安っすいトコに先ず問題があるけど、それを言い出したら、アファーマティブ・アクションのような措置が必要な程に、根本的な差別状況が存在していることこそ異常。外野で気安く「当然」と言い切る前に、少しやその背景や現地の状況を考えてみてほしいです。


応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

アメリカでもコロナ規制解除されましたが…

 日本では5月8日に新型コロナウイルスが5類に移行しましたが、アメリカでは11日に公衆衛生上の国家非常事態宣言が解除されました。とはいえ、アメリカではとっくにマスクをしている人を見掛けるのは稀、そこら中に設えられた消毒液のステーションも久しくカラのまま、施設への入場制限等も無くなっているので、生活に大きな変化はありません。米疾病対策センター(CDC)によると、11日時点でコロナによる死者は113万人以上、感染者は延べ1億人にもなるそうですが、2021年1月以降、死者や入院患者数が大幅に激変したのでホワイトハウスは解除に踏み切りました。解除によって、今まで連邦政府が負担していた検査やワクチンの費用が保険会社に委ねられることになるので、健康保険未加入の弱者への配慮に欠けるとの批判もありますが、健康保険に入れない人が多いってことが先ずは問題だろうと。

 失効にあたって大きな問題だったのは、国家非常事態宣言とともに、不法移民の即時強制送還を命じた「タイトル42」が同時に失効するため、国境付近に移民希望者が一気に押し寄せるのではないかという懸念でした。その影には、厳しい移民政策をとったトランプ前政権が導入した「タイトル42」廃止後は強制送還されなくなるという噂が広まったからという報道も見ました。バイデン政権は甘いから、移民希望者を入国手続きを待つ間ぬメキシコに留めず、アメリカに入国させるだろう、と。陰謀論者的に考えれば、これもバイデン政権に打撃を与えるための陰謀の一つ?実際、共和党は、バイデン政権のせいだー、失策だー、と、大騒ぎしてますから。

 ところが蓋を開けてみれば、失効後にも違法な越境に罰則が再び課せられるので、国境警備隊が確認した違法越境数は失効前と比べて半分に減ったそう。確かに、執行を前にして期待して国境に集まった移民希望者が溢れましたが、新たな措置と共に急減したのです。今後はアプリを通じて入国審査の予約するか、米国境に向かう途中での経過国に保護を求めるよう義務付けられました。この手続きを踏まずに違法入国がバレたら、その後5年間は米国への入国申請が認められません。タイトル42より理性的かつ有効な手立てだと思います。

2023-05-15 150134
要はこれで、アメリカには雇用があるから来るのね
いくら壁を作っても無駄なだけ

 コロナ予防・治療の責任が国から保険会社に移されたら医療保険の無い人が困るという問題の根本は、医療保険を持たない・持てない市民が多いこと。それを無視して騒ぐのは水面をパシャパシャやってるだけのこと。中南米からの移民流入問題も、川の向こうには仕事がある、こっち側にはないことが根本にあります。アメリカも実は、中南米からの労働力なしには回らないという事情があり、持ちつ持たれつな所がありながら、それを表立っては認められない事情がある。上手く互いに雇用を利用しあえるのが理想的ではありますが、そこに立ち憚るのが「国」という概念なのですね。
 
 近隣国への投資が自国の利益になるという概念はなかなか理解され難く、他所に使うくらいなら国内をどうにかしろという意見があります。日本みたいに島国で「国」の定義や意識がきっぱり区別され、同族意識の強い国ならとにかく、アメリカも近隣中米国も元は移民が人口の多くを占めている。他民族・多文化、オリジンも多様な人々が、川のこっち側と向こう側に生まれただけの違いでしょ、と思う自分が高慢なのは分かっています。

 国境なんて人工的なもの、ジョン・レノンの歌、イマジンには程遠くとも、EUのようにアメリカ大陸が一つの経済共同体になっちゃえば、移民問題もなくなっちゃう。そんな事を夢想する私もドリーマーに過ぎないのですが、生まれた場所で運命が決まるなんて、地球全体視点なら小っせえ、小っせえ!カラヤンのベートーベン第九、1986年版を聴きながら(←無闇と気が大きくなる一曲)。


応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

「夢の痩せ薬」 オゼンピックの落とし穴

単なる個人的なボヤキですが、この頃、日本の記事でもオゼンピックの名を見ることがポチポチあるので、実際に使用者として書いてみたいと思います。

 確実に痩せられるとSNSで話題らしいオゼンピックは、本来、糖尿病治療薬です。普通に近所の薬局で買えればよいのですが取扱がなく、毎月、クールパックで送られてきます。大きな箱で分厚い緩衝材に包まれ、完全に周り中を保冷剤に囲まれて送られてきます。全くエコじゃありませんから、ご近所の薬局で買えれば良いのですが、やせ薬としての需要が高くて品不足気味だとか。

 何度かここでも書いて(ボヤいて)いますが、本当に痩せます。暫くは食欲が出なかったし、少し食べたら直ぐ満腹感がある。服用を始めた頃は、軒並みパンツが弛くなってしまいました。しかし!同時に首のシワが一層目立つようになった。そもそも私は首が長くて細い。その昔、放送局勤務だった時に上司に、わにちゃんは山本安英さん(「ガラスの仮面」の「紅天女」のモデルとされる舞台劇、「夕鶴」のおつう役で有名な方)のあとを継げるね、と、言われたことがあります。そのココロは、鶴は首が長いから、でした。わたしゃ首長族か、前世はアルパカかタイの山岳民族か。やけに盛り上がったのですが、一緒に笑ってた故佐藤しのぶさんは、後にオペラの「夕鶴」でおつう役をなさった。.

 と、また話がずれる。こうやって、ふと過去を振り返り始めることが多くなったのにもトシを感じますが、首のシワにも感じますわー!

 健康に痩せるんじゃなくて、薬で痩せてるのだからヘルシーな訳はない。首だけはなくて、腕とか脚がシワシワになってきた気がする。顔痩せだって、たるみが取れてシャープな顎のラインになれば嬉しいけど、頬がコケて、更にたるんでブルドッグ顔。ブルドッグは可愛いけど、ブルドッグ顔のオバサンは全く可愛くないです。

 実は、血糖値抑制の薬で痩せるのは、私はこれが初めてではありません。10年近く前、紫斑病という免疫系の病気に罹り、ステロイドの影響で血糖値が上がりました。その時に、今も最も一般的に使われているメタフォーミンを処方されましたが、相性が悪く、ずっとお腹を壊してしまい、食べても全部、出て行っちゃう感じで、当然、痩せました。

 また血糖値レベルが上がり、メトフォーミンとは異なる系統の薬も試しましたが、保険負担割合が低く個人負担額がとても高価。そこでオゼンピックを試すことになりました。糖尿病の治療薬としては保険で大幅にカバーされます。初回時は副作用がひどく、また相性が合わないのかと思いましたが、一か月も経たず。3回目の使用からはお腹を壊すことも吐き気もなくなりました。肝心の血糖値は、特に下がってはいませんが、レベルが安定して上がってもいないので、効果はあると思っています。私には血糖値管理が重要な課題なので、週に一度、チクリとお腹に注射するだけの有難い薬です。

 慣れてきたのか、使い始めは本当にお腹が空かなかったけど、この頃はちゃんと以前のように空腹を感じます。ただ、少し食べても満腹を感じるのは変わらず。でも、頭はもっと食べたい~、物足りない~、と考えてしまう一方で、胃は満腹でこれ以上無理、と訴える。この矛盾は未だにあります。結果、一日に何度もダラダラ食べています。わにさん、いつ見ても何か食べてる…って思われてるかもw

 ところが、またオゼンピックの副作用の報道。今度は抜け毛が増えるって!?!私は既に使用を初めて5ヶ月目ですが、抜け毛が増えたとは思いません。本来ではない使い方をする人たちへの牽制かもしれませんが、本来の目的で使っている者もいるので、あまり脅さないでね~


応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


バイデン大統領がグッド・ジョブすぎる

 9日、バイデン米大統領が2024年度の予算教書を発表しました。歳出要求額は6兆8830億ドル、前年度予算より8%のアップです。これには、育児教育関連連邦予算の数十億ドル拡大や、年間所得が個人で40万ドル、カップルで45万ドル以上を稼いでる富裕層への最低税率再導入、トランプのひっくり返した企業への25%最低税率も再導入、そして再生可能エネルギーへの転換等が含まれています。

 国内400万人の4歳児全員を対象とする幼稚園教育の無償提供によって女性の労働参加を促し、児童税額控除の拡大など、働く世帯を支援する措置を盛り込んでいます。他にも、コミュニティ-・カレッジ無償化、子供のいる家庭への税控除を、6歳児以下は現在の2千ドルから3600ドルへ、それ以上は3千ドルに増加。また、高額所得者層のメディケア(高齢者向け連邦医療保険)税率を現在の3.8%から5%へと少し引上げて、今後数十年間にわたりメディケアの支払い能力を維持し、処方薬価格の引き下げに対する政府の新たな権限を認めて、中間層の負担を軽減する法案も。これって、日本にも真似っこして欲しいくらい。

 これで5兆360億ドルの歳入、1兆8460億ドルの財政赤字を見込んでいます。共和党が債務上限(連邦政府の借入限度額、要は、この金額以上の借金は許さん、ってことだけど、過去何度も上限が持ち上げられている)をネタに歳出を減らせと言っているので、富裕層や大企業からの税収アップと石油やガス会社への税優遇措置を廃止し、製薬等にかかっている無駄な支出の削減で、10年で3兆ドルの財政赤字削減を狙おうというもの。
実に素晴らしい v(o゚∀゚o)v
んですけど、下院の過半数が増税を嫌う共和党に握られているので、この予算が通る可能性は低いのです。トホホ...orz


 バイデン政権はまた、人工妊娠中絶の権利擁護のために支援を行っています。不均衡な連邦最高裁が、1973年の「ロー対ウェード判決」を覆し、既に中絶禁止や規制強化を実施している共和党州では、更に規制が厳しくなりましたが、これは共和党には逆風となり、去年の中間選挙でも、民主党は中絶の権利を擁護して予想外の勝利を収めました。次の大統領選挙を睨んでも、中絶へのアクセスを保護・拡大するための行動を支援し、中絶禁止に反対する組織と協力しています。

 私は、中絶に諸手を挙げて賛成はしませんが、やむを得ない事情はあるもの。中絶を規制するなら、母体や新生児、子供達への医療を含む包括的支援を強化して、安心して子供を産み育てられる社会にするのが、先ずは前提条件ではないでしょうか。今の中絶禁止州では、心拍音が聴こえてから産まれるまでは強力に保護(?)するけど、この世に生まれ出たら自己責任。こんな状況で、とにかく産め!は無責任の極みです。バイデン政権の予算案に含まれる低所得層向け医療保険は、そういった部分も補強する助けとなるはずで、妊娠したら絶対に産め、但し自己負担で、という共和党の言い分は矛盾してるでしょ!

 日本にとっても問題の韓国との徴用工判決の解決にも後押ししてくれたし、慰安婦問題の時にバックアップしてくれたのも、古狐のバイデンさんなのですよね。日本でバイデンさんを嫌う人たちって、そういう事を知ってて貶してるのかしら?って、疑っちゃうよ。でも、バイデン大統領が高齢なのも、ハリス副大統領の影が薄いのも事実。ああ、2年後までに、スターが現れてほしい...(切実)

9fdbfd4351234e00ab2ba82eaa94641f.jpeg
ここからが難しい…


応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


Profile

sirowaniko

Author:sirowaniko
アメリカ生活も30年超え、NY、MA、DC、TX,CO、CA、OHを経て、今は南部のジョージアに犬猫と住んでいる普通のおばさん。蚊と蚤とトランプ一味以外の生き物が好き。

Link
Ranking
押してくださると勇気凛々です。
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
Latest journals
Category
Latest comments
Search form
Monthly archive
Display RSS link.
QR code
QR