fc2ブログ
HOME   »  #アメリカの選挙
Tag | #アメリカの選挙

「国際協調」の崩壊

 ロシア反政府活動家アレクセイ・ナワリヌイ氏が獄中で死亡しました。収監先の北極圏のヤマロ・ネネツ自治管区の刑務所で、突然死症候群で亡くなったと公式では発表されています。ナワリヌイ氏はネット上で政権や国営企業の汚職、選挙での不正を告発して、若者を中心に支持を広げ、毒を盛られたり、プーチンから目の敵にされていました。

 国際社会はナワリヌイ氏の釈放を求めていましたが、ロシア側は全く応じることなく、世界を嘲笑うかのように、ついに殺害に至りました(世界中が、これは殺時だと思ってるよね)。バイデン政権はこれに対し、更なる制裁を加えると発表しています。ロシア経済は数字を見ると好調ですが、その多くは巨額の政府支出によるもの…要は、ウクライナ戦争の戦費と、石油やガス等の化石エネルギーの輸出収入。これらの輸出は、2年前の侵攻以来、西側諸国の厳しい経済制裁の対象になっています。ロシア産原油の輸出価格を抑え込み、関連品目輸出収入比率は、2023年には大幅に落込んでいます。そこへ更なる制裁。打撃となることは確かなのですが、未曽有の5期目が確実されているプーチン大統領、庶民の生活が苦しくなっても気にしないということでしょうか?

 それにしても、ロシアというか、プーチンは国際社会を無視、むしろ批判に火をつけるような行動を平気で実行する。パレスティナへの攻撃とジェノサイドを続けるイスラエルも同様に思えます。国際協調が崩壊し、過去には有効だった国際的なプレッシャーや合同行動は最早、何の役にも立たないという現実を突きつけられたような気がします。

 次期大統領候補であることが確実化している犯罪者、トランプは、金を払わないならロシアさん、お好きにどうぞと、NATO攻撃をけしかけました。トランプや日米安保に幻想を見ている人もいるようですが、日本とて安穏とはしていられません。ロシア、中国、そして北朝鮮は隣国です!少なくともNATOは、加盟国同士で協力して防衛が可能ですが、アメリカが手を引けば、日本の安全は非常に危ういものとなります。日本は、好むと好まざるにはかかわらず、今後もアメリカの軍事力に頼らざるを得ない。なんとかトランプの再選を阻止てほしいものですが、バイデン大統領の高年齢は確かにネック…

R_GGCz7QgXwAAQBHX.jpg
これが絶妙すぎて辛い

 その日本においても、敢えて国民に批判されるようなこと、嫌われるようなことを選んでやってるんじゃないかと思うような事もあるけど、、国民の声は全く政府には届かないことが、様々な件で明らかになっています。本当に、この先、どうなっちゃうんだろう…


応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



醜い政治劇

 近頃、言い間違えの多いバイデン大統領、高齢を理由に次期4年間を本当に全うできるのかが不安がられる中、機密文書の取り扱いに関して調査を行っていた米司法省のロバート・ハー特別検察官が、機密文書を持ったままなのをすっかり忘れていたので、意図的に隠ぺいしたのではないから、刑事責任を問われないことになりました。誰かさんの場合とは全く違い、今まで、公職を離れた後もそのまんま機密文書が事務所等に置きっぱなしだったのは、過去の大統領にもあったことですが、意図的に自宅の浴室にまで機密文書を積み上げたのとは全く異なるので、予想内の結果です。

 問題は、ハー特別検査官は報告書の中で、「高齢と記憶力の悪さ」のため「意図的に文書を保持した」のではないから、という主張していることです。バイデン大統領は、「重要な日を思い出せない」、『記憶力の悪い老人』だと言っているのです。これは、特別検査官の権限を越えた、余計な一言。確かにバイデン大統領の年齢は、多くの有権者にとっての大きな懸案事で、トランプ側も、自分の年齢は棚束上げで、そこを強調して有権者に訴えています。ハー特別検査官の報告は、政治的なものであると批判されるのは当然かと。 

 大統領自身の年齢に対する懸念はあれど、そのリーダーシップの下で成し遂げられたことが、なぜか軽く見られがち、民主党側としてもアピールが足りないと私は思っています。2020年1月の発足以来、雇用は堅調、心配されたインフレもソフトランディングを果たし、経済は着実に成長を続けています。前政権で吹き荒れた#BLMと反対派の激しいデモ行動も落ち着きました。イスラエル問題に対するデモは続いていますが、かつてのような暴力的なデモとはなっておらず、デモでの死者も出ていません。

R_GEzks9EXIAARxDK.jpg
やるじゃん

 イスラエルへの弱腰は、民主党・バイデン政権支持の私にも気になるところですが、更に言動の過激さを増していくトランプへは、何を持ってでも、この男とその支持者にアメリカという大国を任せてはならないという危機感を抱えています。バイデン政権期間に成立した銃規制をすべて廃止する、人工妊娠中絶は完全禁止、NATO加盟国が十分な軍事費を負担しなければロシアに「好きにするように促す」とまで明言しました。実際に、ウクライナやイスラエルへの支援とセットになった移民対策案への仁党提案は、トランプの介入によって否決されました。移民問題に関しても、大規模送還を公約としています。日本人として、あんたら全員移民のくせにって思っちゃいますが。

 移民問題に関しては、正直、なんでNYCとかLAに送り付けたまま、その場に留まらせるのかって、私は少し焦れったいのですが、ピッツバーグ等、製造業の盛んなエリアは慢性的な人手不足に悩んでいます。私も製造業の会社に勤めていますが、今どきのアメリカの若い人、壮年期の人は、工場勤務を嫌う傾向にある(嫌いだから避けられるってのが、既に恵まれてるんだけど!)そんな需要のある所で働いてもらうわけにはいかないのかなぁ?こういった移民の雇用に対して政府が就労ビザに掛かる費用を減らすとか、公的に安価な英語教育を提供するとか、何らかの支援策を講じてくれたらいいのに、って思うんですけど。

 また焦点がずれましたが、トランプに話を戻すと、その影響の大きさを考えていない軽口の数々。プーチンや金正恩、習近平を調子付かせて、世界の均衡を危うくさせ、それによって一体どれだけの犠牲者が出ることか… 表面には出さず、粛々と対策し、脅したり、なだめたりしつつ交渉を続けるのが外交でしょう。それを一切無視したスタンドプレーです。

 国内では、増え続ける移民によって将来的なマジョリティーの地位を失うことに焦燥感を募らせる白人層を煽って危機感を抱かせる。アメリカは弱くなった、庶民は貧しくなったと吹き込む。これって、今どきネットで話題の、失うものが何もないから「無敵」の人ってのんですか?同時に、米国第一主義という耳触りの良い言葉で 強い自分なら強いアメリカを取り戻せるという。本当は、自分の思い通りにならない不都合な社会になっても、まだまだ失うものは膨大なのにね。  

 結局、トランプはただの目立ちたがり屋の山師ですが、その尻馬に乗ってはしゃぐアメリカ人、アメリカの外にも国があり、唯我独尊を誤解して、自分たちの都合のいいようにだけできると思っているのでしょうか。やっぱ、教育の問題かなぁ…


応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

テイラー・スウィフトはアメリカを救うか?

 朝から爆笑してしまいました。NY州のクラウディア・テニー下院議員が、トランプをノーベル平和賞に推薦したと発表しました。そういや、平和賞、欲しい、欲しいって在任中にごねてたね。無理やり、誰かに推薦させようとしたり。単に、一方的にライバル視してるオバマ大統領が貰ったんだから、自分も欲しいってだけだろうけど。

 漫画でもなかなかお目に罹れないようなレベルのおべっか使い、テニー議員曰く、トランプはイスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)などとの国交正常化に貢献したんだって。いやー、イスラエル、調子に乗ってガザで民族浄化やって、中東諸国を怒らせてますが?テニー議員、トランプが好きそうな金髪のおばちゃんですわ。

 なぜか、戦争を始めなかった唯一の大統領なんて、謎の嘘が罷り通ってる界隈もあるようですが、アフガニスタンで大幅に空爆を増やし、中東のそこらじゅうでドローン攻撃を実行し、長引く内戦で疲労するシリアにミサイルをぶち込み、とんでもない数の民間人が犠牲になった。戦争は始めなかったけど、反撃してこない国を相手に一方的に叩いた。

 ついでに、今問題になっているフーシ派を最初に焚きつけたのもトランプ政権。フーシ派が周辺諸国に爆撃をはじめて、イスラムの盟主、サウジアラビアを激怒させたのって、2017年ですよ。フーシ派の背後にイランがいることは、今や暗黙の了解化していますが、イランのソレイマニ司令官は、バグダード国際空港近くでアメリカの無人攻撃によって殺害されている。そしてこの軍事行動、議会承認を得ていない、トランプのスタンドプレイだった。ソレイマニ司令官はイラン国民に人気が高く、反アメリカの気概が一気に盛り上がった。


 はてさて、加えてトランプ党は、若い世代に絶大な影響力を持つテイラー・スウィフト姐さんを民主党が選挙に利用しようとしているなんて言い出して、AI生成のエロ画像が出回りホワイトハウスが公式に懸念を示したことも、選挙活動の一環だと非難している。初めは、テイラー・スウィフトのみならず、精巧なフェイク画像や映像が出回るのは、大きな懸案点であることに間違いはない。バイデン大統領が罪を犯すフェイク映像とか、致命的な事を言う音声とかが流れる可能性だってあるのですから。

 ところが、ただ今ホットなテーラーちゃんとカンザスシティ・チーフスのトラヴィス・ケルシー選手の交際も、DSの仕込みだとか、バイデン政権の失態から目を反らすためだとかって声が聞こえてきましたよ。人気者のテイラーちゃんが目立つせいで、本来のファンはお冠、というのも、試合中に彼女を映しまくる放送局のせいもあると思うんですけどね。とにかく、坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、トランプ好きすぎてテイラー・スウィフトまで憎らしいってのんですか?

 テイラー嬢は、人種的・性的少数派の人権擁護活動を活発に行っており、若者への選挙参加を積極的に呼びかけてきました。前回の選挙では、オープンに民主党候補支持を公表していましたが、今回は慎重な態度を示している模様。トランプはといえば、「テイラーなんかより俺ちゃんの方が人気者れす!」と投稿してるのって、もー
Kiyomiya1.png
これすぎて辛いでしょwww(「ここだけのふたり!」より)



応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

もしトラ

 Yahoo!Japanでジャーナリストの中岡望氏の、「ニューハンプシャー州共和党予備選挙の分析」という記事を読みました。まとめてしまえば、シリーズ(1)の副題でもある「トランプに勝利をもたらした保守票と宗教票と高卒票」ですが、数字を示しながらアイオワ州、ニューハンプシャー州での予備選挙結果を解説した、判りやすい記事でした。

 シリーズ(2)「大きく違うトランプ候補とヘイリー候補の支持層」にある、『バイデン大統領の「正当性」を問う質問に対して、「正当性がない」と答えた比率は51%あった。驚くべきことに、共和党支持者の半分以上がバイデン大統領の正当性を受け入れていない。すなわち2020年の大統領選挙で不正が行われたと信じ込んでいる。そのうちの86%がトランプ候補に投票している(引用)』」という文章に、何故トランプが様々な訴訟を抱え、有罪判決を受けたとしても支持を続けるのかへの答にもなっていると思います。全ての訴訟は「魔女狩り」であり、政治的な意図を持つ選挙妨害なので、MEGAの連中には、これらの「罪」は存在しないのです。

 トランプ在任中、トランプが五番街で衆人環視の中、人を殺しても、支持者は支持し続けるだろうし、トランプは罪に問われない、なんて言われましたが、それが現実化しかねない。トランプは一期目の最初の二年を、オバマ前大統領のレガシー引っくり返しに尽力したように、この4年間の報復に費やすでしょう。大統領の免責特権を振りかざし、自分の罪は全て免罪、トランプを訴えたり、不利な判決を下した人は不遇に見舞われるだけではなく、物理的に身の危険を感じる可能性も!?

BB1himws.jpg
我々もなんとかしたいのは山々ですが、彼には免責がありますので

  アメリカ・ファーストという、アメリカの過去の栄光の幻想を捨てられない世代には耳触り良い詭弁の下に、NATO、日米同盟その他、ありとあらゆる国際的連合や協定から脱退する。ウクライナ支援を断ち切って、トランプ自身が豪語する通り、戦争は24時間で終結する。ロシアの一方的勝利で。地球レベル、アメリカ国内での環境保護対策は全てゴミ箱逝きで、温暖化は嘘科学だとCO2出しまくり、化石燃料使いまくり。

 中国政府から巨額の金を受け取っていたことが明るみになりましたが、台湾有事も無視するでしょう。もとより親イスラエルなので、一緒になってガザ、更にはパレスティナの民族浄化を推進しかねず、中東戦争の勃発可能性が爆上がり。たとえ遠くの戦争でも、庶民は物価上昇という重荷を負わされるけど、一部のアメリカ企業とトランプ含む商人たちは兵器が売れてウハウハ?

 ロシア、中国、北朝鮮はヒャッハー!で、脅威に晒される日本に、米軍駐留の莫大な費用を請求する。渋ったら、だったら撤退させるとか言い出す。世界の分断化が加速し、戦争や紛争は増え、世界的にインフレだってのに、なんとかの一つ覚えの金融緩和で更に加速。

 アメリカのことは仕方ないとしても、どうしてもムカつくのは、一部の日本人がトランプを応している。政策は良かったなんて言う人は、鉄鋼に高い関税、在日米軍基地の維持費増額、日本含む他国を無視して北朝鮮と勝手に対話と、さんざ煮え湯を飲まされたのを忘れてしまったのか。バイデンをおいぼれだとの罵る輩は、トランプも4年後には83歳だと認識しているのか。トランプ時代は戦争は起こらなかったという連中は、戦争って唐突にぽっと出で勃発するもんだと思ってる?攻撃したがるトランプを周りが抑えたという事実や、ドローン攻撃で民間人を含む多くを殺害したことも無視?もし今回、政権を取ったら、そんなお目付役はおらず、周りをおべっか使いで固めるでしょうから、更にやりたい放題に生るでしょう。

トランプの頃は良かった、バイデンになってから良いことはないとか、バイデンの施策がひどいとか公言する日本人は、何を根拠にそう言っているのか?全く理解できません…


応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

元々はお気楽な私ですが、つい暗くなってしまうのです

 なーんかね、胃が重いんです。いや、食べ過ぎじゃないです。アメリカの今の状況と、未来に対して悲観視しか出来ないからなのです。米国の大統領選挙の第一戦であるアイオワ州での共和党候補指名選挙は、誰もが予想した通り、トランプの圧勝でした。体感温度氷点下20度近いのに、わざわざ窓を全開で(なせ??)、深夜を過ぎても大騒ぎしてたご近所は、流石に文句が出たのか、パトカーのサイレンの音がした数分後にピタッと静かになりましたが、アイオワ州の選挙開票結果を祝っていたのです。アフリカ系の人たちなのに、白人至上主義者が国のトップになって欲しいって、どういう心境なんだろう…

 メイン州とコロラド州が、トランプの予備選立候補資格を剝奪し、マサチューセッツ州、イリノイ州も同様の動きが出ています。ですが、この件は連邦最高裁の判決に任され、最終決定ではありません。今の最高裁は司法の公平に反した構成であり、9人のうち3人がトランプに指名された腰巾着。アイオワ州予備選挙の結果同様、出馬資格略奪の判決が下る可能性はゼロで疑う余地もないでしょう。その最高裁判事の一人、クレアランス・トーマスは多くの贈賄を受け、癒着していると明確に証拠も出ていますし、ジョン・ロバートはエプシュタインとの関係が取沙汰されていますが、辞任の兆しもなければ、弾劾の動きもありません。

 民主党と共和党、そして各々の支持者の間の溝は深まるばかり。共和党州であるフロリダ首都テキサス州は、現政権の移民政策に反抗して、自州の移民希望者を厳冬のニューヨークに送り付けました。テキサス州は、ホワイトハウスの国境警備隊の国境地域への立入り妨害を直ちにやめるよう要求しましたが拒否。いくらアメリカは合衆国であり、各州には自治権があるとはいえ、連邦という大きな傘の下にあるはずなのに、全く統率が取れなくなっています。

先週末には、リオ・グランデを渡って国境を越えようとした母親と幼い娘二人の3人が溺死する事故がありましたが、テキサス州がリオ・グランデに防御バリアを設け、溺死者が出たのはこれが初めてではありません。再度の要請にも関わらず、テキサス州は撤去を拒否、また、国土安全保障省による国境警備隊が救助に向かうための船着き場使用許可要請も拒否。有色移民(希望者)は人に非ず、勝手に死んでろ、と言わんばかりです。

 そんな同胞達の悲劇に対し、アメリカ国内のラテン系の正規移民は、自分達は苦労して移民の地位を得た、違法に入り込もうなんて許せん!と、厳しい移民政策を約束するトランプを支持している。100近くもの罪状で訴えられている犯罪者であり、既に「独裁者になる」と公言している男を熱狂的に支持し、再び大統領にするようとする熱い動きには恐怖しか感じません。たとえトランプが負けても、もしもヘイリーが大統領になっても、または民主党が再度政権を握っても、この分裂は収まらない。共和党は民主党の邪魔を続け、その逆もしかりでしょう。

 トランプは訴えられれば訴えられるほど、自分は被害者であると泣きを入れ、支持者は自分もまた、今の権威の被害者なんだと共感する。病んでいます。 

R_GD_T5GLaIAA4OoN.jpg
民主主義の退化

 欧州はトランプ政権時にさんざ煮え湯を飲まされ、更に混乱を引き起こそうとする動きに懸念を隠せませんが、何もできない。プーチンはぴんぴんしてるし、トランプも向かうところ、敵なしという感じ。CIAの暗躍とか、MI6の活躍なんて、みーんなお伽話だったんだ。

 ガザでの紛争は、じわじわと中東全体に広がっています。イエメンのフーシ派は紅海で船籍国に関わらず船舶を攻撃、これに対し、アメリカとイギリスの海軍が空爆を実施しました。アメリカは、シリアでも親イラン勢を空爆しています。パキスタンは自国内でのイランの越境攻撃に対する報復として攻撃。互いにテロリストの仕業だと言い張っていますが… イスラエルはガザのついでにレバノンにまで爆弾を飛ばしてレバノン人を無差別殺害しています。一方で、ウクライナにおけるロシア侵攻は終りが見えず、中国は台湾の選挙結果にムカついて何か仕掛けてやろうと虎視眈々に見受けられます。

これから何が起こるのか… 怖いです。考えたくないです。でも考えちゃう…



応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

Profile

sirowaniko

Author:sirowaniko
アメリカ生活も30年超え、NY、MA、DC、TX,CO、CA、OHを経て、今は南部のジョージアに犬猫と住んでいる普通のおばさん。蚊と蚤とトランプ一味以外の生き物が好き。

Link
Ranking
押してくださると勇気凛々です。
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
Latest journals
Category
Latest comments
Search form
Monthly archive
Display RSS link.
QR code
QR