fc2ブログ
HOME   »  #アメリカの選挙
Tag | #アメリカの選挙

トルコ大統領選、エルドアン当選

 決選投票にもつれこんだトルコ大統領選でしたが、28日の選挙の結果、現役のエルドアン大統領の続投が決まりました。2001年に公正発展党(AKP)を結成、2002年の総選挙で圧倒的な勝利を得て、トルコの首相になって以来、20年以上権力の座に居る彼が、後5年間、トップの座に居座ることになります。この決選投票で敗れた、野党統一候補のケマル・クルチダルオール氏との得票差は微々たるものでした。方向転換を望む国民も多いということかと思います。

 ここ暫くのアメリカ内で注目されていたのは、デフォルト問題と、このトルコの大統領選の行方でした。悲しいことには、G7もバイデン大統領を始めとする首脳の広島原爆記念館見学や記念等への花輪の贈呈も、影に隠れてしまってスルーされちゃった感じ。なぜ、トルコの選挙がアメリカでそんなに注目されているかという理由は、エルドアンがアメリカにとって目の上のたんこぶ的なうっと-しー存在になっているから。

putineldogan.jpg

 その理由は、エルドアン大統領のロシアとの距離です。トルコはNATO加盟国ですが、ロシアのウクライナ侵攻を受けて、スウェーデンとフィンランドは長年の軍事的中立から、NATOへの加盟を申請をしました。欧州諸国は諸手を挙げて歓迎しましたが、NATO加盟国ではあってもEUの一員ではないトルコは、トルコに害なすテロ組織が北欧を活動の足場としており、容疑者を引き渡さないことには承認しないと反発。フィンランドとは譲歩しましたが、スウェーデンの加盟はまだ認めていません。NATOへの加盟には、「全会一致の合意」(北大西洋条約第10条)が必要です。トルコは、この二国の加盟承認をアメリカからの支援を取り付ける交渉材料としたいと目されているのです。で、アメリカにとっては厄介な存在であるワケなのです。

 僅差とはいえ、国民の指示を得て後五年の任期を得たエルドアンですが、誰であれ20年も権力の座に就いていたら、その権力の基盤を強固にすることに尽力し、権力にしがみつくようになるでしょう。実際に、エルドアン下の体制は独裁的であり、膠着した状態のトルコ経済は低迷している。トルコは親日国でもあるし、あたし、イスタンブールとカッパドキアには死ぬまでに行ってみたいと思ってるので平穏であってほしいわ。野良犬、野良猫に優しい国としても有名だし、好きな国よ。


応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



まだまだ続くチキンレース

 債務上限(米連邦政府の借入限度額)引上げを巡る、バイデン大統領とマッカーシー下院議長がや~っと一応の合意に至りました。とはいえ、これで一件落着というわけではなく、議会を通過させねばなりません。財政資金が尽きると目される期日は6月5日。この日までデフォルト(債務不履行)回避に向けたチキンレースが続きます。毎回、国内事業や社会保障への支出を増やす予算案を出す民主党と、予算を削減したい共和党がプロレスを繰り返す。

 だいたい、債務上限を設けているのは、アメリカとスウェーデンだけ。とっとと取っ払っちまえ!と思うのですが。くさいニオイは元から断たなきゃダメ!って、古いCMでも言ってた。でも何かと臭いものには蓋で誤魔化すのが毎度のアメリカです。移民問題も格差問題も選挙制度の不具合も、何もかもが根本的原因には踏み込めず、表面だけを取り繕って永遠に揉め続けてる。

 マッカーシー下院議長は、選出されるまで15回も投票を繰り返したくらいで、党内での基盤もガタガタ。リーダーシップなんて期待できないので、民主党に押し切られたと不満を抱く共和党議員の多いねじれ議会でまたひと悶着は不可避かと。バイデン大統領も、G7には出席できたけど、その後に予定していたパプアニューギニアとオーストラリア訪問は債務上限の協議のために中止。中国牽制のためのインド太平洋地域との協力強化の機会を逃しました。これって、ものすごーく国益を残ってると思うんですけど!

2023-05-16 180832

 もっとも、トランプ支持者を中心とする共和党支持者は、国内にしか目が向いていないので、太平洋に浮かんでる島なんて、自分達には何の関係もないと思っているかも。日本国内で移動の自由に格差があるという記事を先日読んだのですが、様々な場所を移動(移住も旅行も含めて)して多様な経験を得ることの出来るグループと、好むと好まざるには関わらず、一地域に留まり続ける(地方から出ない)保守的なグループがある。移動が可能なのは、十分な所得・資産のあるグループであり、そこに格差があるという主旨でした。(日本でじつは「移動できる人とできない人」の格差が広がっていたという「意外すぎる事実」

 この格差は、アメリカでは更に顕著だと思います。世界中を飛び回る人も多ければ、産まれた街から生涯出ない人、隣の州にも行ったことのない人が沢山いる。中西部のこの辺りでは、障害、海を見たことのない人も珍しくない。日本だと、僻地に住んる人でも東京や大阪が異世界だとは思わないでしょうが、NYCやLAは全くの別世界と意識しているアメリカ人は少なくない。

 一般的に彼らは政府に干渉されるが嫌いで、共和党の掲げる「小さな政府」を好みます。社会補償や国民健康保険も、なんで俺らが貧乏人を養なわなアカンねんっ!? 好きで大学なんか行ったくせに学費ローンが払えないからって、高校を出てすぐに働いて経済に貢献してきた俺らの税金使うな!なのです。デフォルトになったら、どれだけアメリカ国内のみならず、世界に混乱が引き起こされ、それが回り回って自分達に打撃になるとは思っていない。

 もうね、また一週間、この問題で揉めに揉めて、時間をどんどん食っていく。トランプとは逆方向でカリスマ政治家が現れ、議会もねじれず、債務上限とか、選挙人制度とかパァーッと取っ払って近代化すべきよね、この時代錯誤な国はっ!


応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

フロリダ州知事、デサントス、正式に大統領選出馬

 なぜ今、このタイミングなのかは知りませんが、かつてより出馬が予想、というより、ほぼ確定していた通り、フロリダ州のロン・デサントス知事が出馬を表明しました。2012年に連邦下院議員に初当選、共和党の保守強硬派の下院議員グループ「フリーダム・コーカス」の創設にも関わりました。そして、2018年の知事選挙でトランプの全面的支援を受けて当選。ミニ・トランプとか、脳みそのあるトランプと言われますが、その経歴は、トランプよりも、よっぽど真っ当。イェール大学と、ハーバード大学ロースクールを卒業し、在学中に海軍に入隊してイラクでの駐留も経験した、当にアメリカのエリートです。

 出馬表明が、ツイッターに投稿したビデオ声明というのも、国の大事な決定もツイッターで呟いてたトランプの同類を感じさせますし、「偉大なアメリカの復活を導くため、米大統領選に立候補する」という表明宣言も、どっかで聞いたセリフ。そもそもデサンティスが人気を高めた理由はLGBTQや中絶を認めない、トランプ的な保守的な政策です。コロナの感染が未だ拡大中の2020年には、経済回復を重視して他州に先立って規制解除を行い。学校のマスク着用義務化に反対しました。

 デサンティスを特徴付けるのはあからさまなリベラルとの対決姿勢です。ジェンダー(LGBTQ)、人種問題、移民問題、中絶禁止と、時代を遡るようなレトロ政策が保守層の支持を得ました。悪名高き、「Don't say gay(ゲイ言うな)」政策は、性的マイノリティーに関して小学3年生までの授業で取り上げることを規制する州法です。これに反発したディズニーとの対決は、日本でも報道されている通りです。こんなことが進行中の国の大使が、他所の国に同性婚を法制化しろとか言ってくるのはどうしたもんかと思いますが。

florida-dont-say-gay-gay-gay-desantis.png
もっと言うたれ、言うたれ!


 移民問題で不法に入国した人々をいきなりリベラル州に送りつけるという非人道的な扱いをしたり、人種差別やジェンダー問題関連の本を州内の学校図書館から禁止したり、派手な政策で注目を集めています。ですが、所詮はミニ・トランプ、トランプの大きな影の下から抜け出せるかが勝負の決め手かと思います。とはいえ、老人同士のバイデン大統領、トランプが次の大統領選をリードする中で、デサントスの44歳という若さは求められる要素の一つです。未だトランプ有利とはいえ、既に民事裁判で負け、今後、ジョージア州での選挙結果改竄要求、そして1月6日の議会襲撃における責任問題等、逆風は強まる一方です。デサントスに勝機が向く可能性は大いにあります。脳みそがある分(?)トランプ以上に危険な存在となり得ると同時に、選挙に勝つために注目を集めるはったり戦略で、実際に連邦レベルの権力を握っても一人で派手なことは出来ず、凡庸な政治家になる可能性もあると私は見ていますが。
 
 一方の民主党としては、若手に登場してほしいところですが、人材がいないのが本当に痛い。出てこい、マトモな若手~!


応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

嘘ばっかりで嫌だー!

 先月の光熱費が前月より100ドルも高くてショック!ワンベッドルームのアパートで一人暮らし、そんなに使用量が変わることはないだろうにと見てみたら、やっぱりレートがまた上がっていました。 インフレが身にしみる。身にしみると言えば、しみじみ寒いのに花粉がヒャッハー!

418weather.png
せめて寒いか花粉か、どちらか一つにして...


 でも、クシャミしながら、グフフと悪い顔になるニュースも。先の大統領選で「集計装置がトランプの票をバイデンに変えた」という陰謀論を、何の証明もないのに報道したFOX局が、米投票集計機メーカーのドミニオン・ボーティング・システムズに名誉毀損の損害賠償、$787.5 millionを支払うことで和解が成立しました。アメリカでの名誉毀損訴訟における和解金額としては過去最高の金額だって。FOXはドミニオンだけではなく、別の選挙集計システム会社、スマートマティックからも名誉毀損訴訟を起こされているので、前途は多難。

 今になってFOXのキャスターが嘘だと分かっていたのに報道しなくちゃならなくて嫌だったとか言い出して、コイツの倫理感もどうなっているのやら??ジャーナリストじゃなくてお笑い芸人ですか?FOXは、ドミニオン社の抗議にも、「報道の自由に対する攻撃」だなんて言ってたけど、今回、FOX側で示談金支払いに合意した、イコール、報道が嘘だったと認めた。今後はFOXも、トランプの私的応援団のような報道はできなくなるでしょう。生き残れれば、ですが。

 FOXにとって金額は致命的ではなくても、失われた信用は?とは思う反面、また新たな陰謀論を生んで何も変わらないんだろうな、って気も。だって、トランプの主張が虚偽だ証明されても、共和党有権者の間での支持率が相変わらず上昇中だそうなので。予備選まで残るは10ヶ月ですが、未だ本命対抗馬とされるフロリダ州知事デサントスは出馬を表明しておらず、他の候補は弱い。トランプでも、デサントスでも、本戦での勝機は無さそう!なんだけど、民主党側もバイデン爺さんしかいないのが辛い。


 ところで、先日書いた、FC2に管理画面の気色悪い広告を変えてってリクエストした件、以来、狙ったようにその広告ばかり出てくるの。なにか誤解されてる???



応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

刑事訴訟されたトランプ、裁判所での発言は9語だけ

 元大統領が犯罪起訴されるという歴史的な裁判、その様子の中継は許可されませんたが、多くの報道が中の様子を伝えています。いわく、トランプは神妙な面持ちで背中を丸めていたとか。そして、発言は全部で9語。事前には、トランプが大騒ぎで喚くので箝口令が必要じゃないかとまで言われていたのに、弁護士団に黙ってろってしつこく言われたのか、実は消沈してるのか?

事前予想では
442023jury.png
「私の依頼人を児童として審理することを要請します」って言われてたのにねwww

 借りてきた子猫ちゃんより大人しかったトラ、フロリダに帰った途端に、魔女狩りだー!選挙の中傷キャンペーンだー!俺たちの団結はさらに固まるぞー!と気炎を上げて、ついでに毎度のバイデン批判した上、検事や判事までをも批判。しかも、司法省とFBIの予算削減しろとかまで。ずーっと、「法と秩序」とやらって嘯いてたけど、その全く逆で、法を破りまくり、秩序を乱したくってきたのがアンタやんか、と、私は思う。

 脱税を自慢し、州当局や副大統領に投票結果を捻じ曲げるよう脅す、議会襲撃を煽り、ホワイトハウスから機密文書を持出して隠蔽する等々、堕ちるとこまで落ちた底の更に下まで行く行動や言動は、予測不可能なまでの卑怯さ、下劣さで、ある意味、感心しちゃいます。若息子に電話で、Low below the bottomだ、地獄の底を突抜けてるわとボヤいたら、母ちゃん、それはオーストラリアの皆さんが気の毒だよ、と、言われた。ナンオコッチャと思ったけど後から考えたら、地底を超えて、地球を突切ってるアンタの方がきついこと言ってる気がする(若息子はそういう男です)。


 一方、世間がNYCのトランプ騒動に目を向けている間、大陸の反対側、カリフォルニアのLA郊外、レーガン・ライブラリーで、台湾の蔡英文総統とマッカーシー下院議長が会談を行いました。この件を説明してる記事は、こちら。蔡総統の中南米訪問の乗継ぎのついでという名目ですが、アメリカ下院議長と台湾総統とアメリカの下院議長の会談は、1979年の断交以来、実に44年ぶりだって。

 会談後のマッカーシー議長の超党派の議員らとの記者会見では、台米連携の強化と台湾への支援を表明、中国はムッカー!民主党側とバイデン政権的には複雑な心境。バイデン大統領自身が「うっかり口を滑らして」台湾支援を度々口にしていたとは言え、今はブリンケン国務長官が、例の中国の気球問題で、予定されていた北京訪問が延期されたまま対話が停滞している最中なのに、これ以上、中国側を刺激して対立を深めるような事態は避けたい。台湾としては、中国に対して、うちの後ろにはアメリカが控えてるんだそ!と、お墨付きをもらったので歓迎でしょう。日本としても注目すべき事態です。トランプのことで騒ぐより、こっちをもっとマスコミは取り上げるべきだと思うんだけど。


 そして昨日は、スイング・ステート(共和党、民主党のどちらもが優勢ではないので、連邦選挙でその決定の重要性が注視される州)なウィスコンシン州で、空席が出たための州最高裁判事の地方選挙が、超保守派な共和党候補対革新派の民主党候補で争われた結果、革新派のプロトセイウィッツ候補が勝利。自分が民主党贔屓といよりも、相変わらずトランプに引きずられ、政策面でも中絶禁止や大規模福祉公共事業への反対、高所得者・法人への税優遇廃止への抵抗、ソーシャル・セキュリティー(年金)を脅かし、言出したらキリがないほど共和党にうんざりの私にはホクホクなニュースです。

 しかし一日で、本当に色々なことがあるもんだわ… 今夜はニュース読んで一人で怒ったり、喜んだりで疲れたー


応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

Profile

sirowaniko

Author:sirowaniko
アメリカ生活も30年超え、NY、MA、DC、TX,CO、CAを経て、今はオハイオに犬猫と住んでいる普通のおばさん。蚊と蚤とトランプ一味以外の生き物が好き。

Link
Ranking
押してくださると勇気凛々です。
カレンダー
05 | 2023/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Latest journals
Category
Latest comments
Search form
Monthly archive
Display RSS link.
QR code
QR