fc2ブログ
HOME   »  #コンサート
Tag | #コンサート

トランプは大統領選に出る資格なし?

 バージニア州選議員、民主党のカイン上院議員(上院なのにカイン、上院なのにカイン~!失礼しました)が、トランプはアメリカ合衆国憲法修正第14条に則ると、1月6日の議会襲撃に関する行動により、大統領選挙に出馬する権利を有さず、投票用紙から名前を削除すべしと述べました。

 問題となるのは、第3節の「反乱への参加者」、暴動、反乱、反逆に加わった公人は、再び議員や選挙人には選ばれないように規定した条項です。

アメリカ合衆国議会議員、国の機関の役人、州議会議員、あるいは州の行政及び司法の役人として、アメリカ合衆国憲法を支持することを以前に誓い、かつそれらに対する反乱に加わった者あるいはその敵に対して援助や同調した者は、アメリカ合衆国下院または上院議員、大統領および副大統領の選挙人、あるいは国または州の公的、軍事的役職に就くことはできない。ただし、アメリカ合衆国議会が各院の議席の3分の2以上で決した場合は、その禁止規定を排除する。(ウィキペディア、アメリカ合衆国憲法修正第14条より)


Screenshot 2023-09-04 002450
「2020年の大統領選結果転覆の企みへの関与により、トランプ前大統領を失格とし、また、その他多くも失格となる可能性がある。」

 トランプの煽動を含む議会襲撃への関与が判決により認められたら、トランプは公的役職に就くことは出来ないという事になります。この制限は、議会の3分の2以上の賛成で解除できますが、たとえ、この問題を今年11月の選挙まで引きずらせても、現在、拮抗している共和党と民主党の議会座席数がいきなり共和党議席が急増とは考えられず、現実的ではありません。もっとも、民主党が、トランプが共和党候補者だったら、ウチが必勝、ラッキー!と、したら、どうなるか知らんけどwww アタシ的には、そうなれば、わざわざバイデン爺さんが老骨にムチ打たずとも、適当な候補者でも、トランプよかマシって民主党政権が続くんでウェルカムですけど~!

 この第14条は、 南北戦争後に成立し、批准は1868年7月9日。日本じゃ戊辰戦争真っただ中。またエラく古い憲法を持ち出して、ヲイヲイなんだけど、常日頃もめてる合衆国憲法修正第2条(セカンドアメンドメント)、「「武器を保有・携帯する権利」」って、1797年ですから、我々修正法の中ではまだまだ若輩ものって、修正法の仲間内で嘲笑われる存在です… いや、ホント、どうにかしてよ、この時代錯誤な国っ!

Screenshot 2023-09-04 002734
CNNの調べでは共和党員ですら約半分が、トランプの行動は民主主義への脅威だと答えています




応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



Monet: モネのイマージョン体験

 動物園で散々、お日様の下を歩いたので、夕方には屋内で座って楽しめるイベントへ。シンシナティのダウンタウンで開催中の、没入型クラウド・モネの展示に行ってきました。私は初体験。どんなんかなぁとワクワクv この場所では長らく、ゴッホの没入型展示をしており、ずーっと、行きたい、興味ある、でも、私はゴッホの絵を見るだけで疲れちゃうので、、それが迫ってくるなんて魂が抜けそうで行かなかったのですが、モネなら大丈夫そう。

 まずは作品やモネの生涯の解説。じっくり読みたいところですが、つい、先が気になって気が急いてしまいます。次はモネのアトリエを含むやお家の中を再現した部屋。私たちだけだったので、好きなだけ写真を撮れました。すっごく「インスタ映え」な世界でした。その次は、モネの池をイメージした部屋、そして四方の壁がスクリーンになって画像が映し出される部屋。緩やかに流れる印象派の柔らかな絵画、心地よい音楽、お昼寝に最高だけど、いかんせん、冷房効きすぎてめっちゃ寒い!

R_IMG_2509.jpeg
上着持っていけばよかった~(ノ_<)

R_IMG_3278.jpg
360度展開なので、くるくる回る椅子とかあったら嬉しかったかもよ

R_IMG_3271.jpg
広い部屋の四方に映し出される絵画と音楽、そして光に浸ります

 最後にはVR機器を5ドルで借りられる部屋。以前のVR体験で気分が悪くなったことがあるのと、寒いので、これはパスしました。ギフトショップを通って終了、クルッろ屋内を一周して元の場所に戻ります。ショップには今ひとつ、惹かれるグッズがなかったのは残念。

 ゴッホも見た息子によると、ゴッホの方が動きがあって臨場感があったとか。モネの絵は、まぁ動いても風が吹いてそよそよって感じですものね。こういった展示は今後どんどん増えていくでしょうが、ゴッホ、モネときたら次はルノアールあたり?でも、それじゃモネと大して変わらないかな?有名どころだとピカソという気もするけど、浸りたくない世界かも。巨大ゲルニカが迫ってきたらホラーやん!

 日本にはチーム・ラボや、東京に没入体験型「Immersive Museum」もあって、印象派をテーマにした展示が行われているとか。行ってみたいな~!この分野にh関しては、日本が先んじていますね。これから、どんどん進化して、部屋全体がVR世界、浮世絵の美女たちとすれ違い、足元に応挙や広重の子犬たちがじゃれつき、壁から写楽の役者絵が飛び出してきたり(腰抜かすわ!)、北斎の「神奈川沖浪裏」の小舟に乗ってどんぶらこ気分なんて楽しそうだなぁ…船酔いするかした?


応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

歴史的オルガンの音色

 シンシナティ音楽堂の気になる存在、近年になって寄付によって修復され、大会場に展示されている古いオルガン。録音ですが、その演奏を聴く機会がありました。元々、パイプオルガンにくっついてたものかと誤解していた(5月23日の記事)のですが、そうではなく、映画上演時の演奏のために設置されたものだそうです。でも、直後にトーキー時代が訪れ、オルガンは倉庫に長年押しやられていました。

 以前住んでいたコロンバス北部の田舎町、デラウェアにはオハイオで最も古い、1916年以来経営している歴史的映画館があり、劇場には名残のオルガンがおいてありました。長い間、日の目を見なくとも、今やピカピカで演奏も可能なオルガン、音を奏でることは出来なくてもマスコットのように劇場に鎮座するオルガン。オルガンの運命も様々。

IMG_6222_2.jpg
デラウェアの劇場。ここでトップ・ガン マーベリックを観た。
レトロ過ぎて、結局、街の大きな映画館で見直した

R_IMG_2801_20230711122115122.jpg
修復されたオルガン


上のオルガンで演奏した録音



応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

シンシナティ、来てるよ!

 シンシナティ・レッズの週末ナイターの終了後には花火が上がります。レッズが負けても、9時ごろで暗くもなっていなくても上がる。勝ったら六甲おろしな甲子園球場近辺出身の私には、負けたのに花火かよ~、でしたが、弱いと聞いていたレッズ、この頃、超勝ちまくっている。ただいま、リーグ首位ですよ。同じく地元のアメフトチームのベンガルズは昨シーズン、スーパーボウルこそは逃したもののリーグ・のチャンピオンまで一歩に迫ったし、サッカーのFCシンシナティも、イースタン・コンファレンス首位で爆進中。どうなってるんだ、シンシナティ!?というか、これはきっと、
私が勝利の女神やな!

 と、アホな戯言はさておき…


 シンシナティは今、本当に熱いんです。地元チームは好調だし、独立記念日に掛けての長い週末を彩ったのは、ベンガルズのホームスタジアム、66000人収容のペイコースタヂアムでテイラー・スウィフトのコンサートがあり、窓下の道が会場へ向かうスパンコール衣装のお嬢さん方でキラキラ。木曜からの公式グッズ販売のトレーラーには、朝5時半から並んだ人もいたそうですが、私が隣の屋外ステージでフリー・コンサートに行ってた夕方でも、まだ長~い列が続いていました。

 コンサート終了後は、ここに引越してきて以来、見たことないような渋滞。テイラー・スウィフト人気、凄いね。彼女は真のインフルエンサーだもんね。いつもは15ドルのアパート地下の駐車場も、今週末は30ドルとニ倍のお値段。ここから会場は歩いて10分かからないから。街を上げて便乗してたけど、今回の経済効果は約1億ドルだって!テイラー様、アメリカ経済にもいっぱい貢献しておられる。若いもんに選挙行こうよ、とかポジティブなメッセージも発してるしね。

tsinpaycot.jpg
コンサートに向かう人の列。ニュース画面から

テイラー様は勝利の女神!

 そして今夏にメッシがMLSのインテル・マイアミCFに移籍しますが、8月23日にシンシナティFCとの試合があるので、今からチケット争奪戦。8月13日からは、1899年から続く伝統のテニス・トーナメント、シンシナティ・マスターズ(Western & Southern Open)が開かれ、世界のトップ・プレーヤーが集結。こーんなミッド・ウェストの中都市ですが、ブイブイいわせてるわい(←死語)!

 しかしシンシナティ、お祭りと花火好きすぎ。実は江戸っ子か?


応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

創作バレエ

 今季のブロードウェイ・シーズンは終わりましたが、今月は地元、シンシナティ・バレエの創作ダンス発表会があります。まずはその初演、BOLD MOVESのProgram‐1が先週の金曜日、そしてProgram‐2を今週見ました。

 先週金曜は初日でしたので、シンシナティのダンス・シーンの重鎮達も勢揃い、客席も多くが関係者や招待客だったようです。開演前に場内に入ろうとした人を止めたら、「私はディレクターだ!」って言われて、「知らんがなー!」 演技中は劇場内に出入りできない「ホールド」状態なのですが、関係者達が勝手に出入りするので、我々、劇場案内係もお手上げ。2600人収容の劇場で、売れたチケットは658席。元取れてるのかね?なんて、案内係同士で心配しちゃったけど、半分以上の席が埋まっていたので、それだけ招待客が多かったのでしょう。だからエラソーなんかぁ?

 プログラム1はモダンダンスの群舞、「Sit」と「In the Middle, Somewhat Elevated」、ソロのフラメンコでした。リバーダンスでもフラメンコのセクションがあったし、フラメンコ、来てる?でも、個人的にはフラメンコは舞台より、もっとパーソナルなセッティングが好きだな。群舞は2演目ありましたが、どちらも緊張感があり、エネルギッシュでした。

 プログラム1の群舞が抽象的だったのに対し、2はストーリー性のある演目です。子供の目から見た世界を表した、何やら不穏な「Written & Forgatten(書かれて、忘れられた)」、イプセンの「人形の家」では、ノーラ役で日系のサキタ・ミノリさんのソロも見れたのが嬉しかった。「Façade」はバロック音楽にのせた、鏡の中自分、それは本当に自分なのか?な、ストーリーを表現した踊り。振り付けも本当に素晴らしく、完全に魅入られてしまいました。

 ブロードウェイ・ミュージカルも近くで見ると驚くけど、ダンサーのみなさんって本当に筋肉ムキムキなんですよね。古典では華やかな衣装に隠されているけど、今回のようなモダン・バレエでは、衣装も体にピッタリして、男性は上半身は何も身に着けていなかったりで、体操選手並みに筋肉ついてるのがわかります。あれだけの鍛えられた筋肉がないと、軽やかに飛翔したり、片方の爪先で立って止めポーズなんて出来ないのでしょう。バレエが女々しいなんてとんでもない。マッチョでないと踊れない!

354544770_673845794786546_4599926020984778037_n.jpg
「Façade」

354064876_672388711598921_1721440369669878660_n.jpg
「Written & Forgatten」から。女性ダンサーも腹筋バキバキである

1686504269287.jpg
炭治郎くん、ダンサーなめたらあかん

 今夜は、劇場の席の3分の1しか埋まっていませんでした。プログラムはブロードウェイ・ショーのプレイビルよりも大きくて紙質もずっと良い。良すぎて重い。これで収益、大丈夫なんかと再びいらぬ心配してしまいますが、きっと寄付とバレエ教室での収益が大きいんだろうな~



応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

Profile

sirowaniko

Author:sirowaniko
アメリカ生活も30年超え、NY、MA、DC、TX,CO、CA、OHを経て、今は南部のジョージアに犬猫と住んでいる普通のおばさん。蚊と蚤とトランプ一味以外の生き物が好き。

Link
Ranking
押してくださると勇気凛々です。
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
Latest journals
Category
Latest comments
Search form
Monthly archive
Display RSS link.
QR code
QR