fc2ブログ
HOME   »  #美術館
Tag | #美術館

美術館でツアーに参加

 またまたハイ美術館に行ってまいりました。いくら元を取りたいからって、行きすぎだろ?なのですが、実は今日の朝にメンバー対象の、学芸員さんによるツアーがあるのです。メンバー対象だけに、深いお話や解説が聞けるのかと期待したのですが、いきなり、印象派の説明から始まって、やや不安になる。

 作品に添えられた解説って、各々の美術館で個性があるのですが、ここの解説は、作者の顔の肖像か写真が添えられ、作品の背景や入手の経緯が説明されていて好き。でも全部を読むのは大変なので、多くは簡単に流し読みして、興味をひかれたものだけ読むことになるので、見過ごしていることって多いから、こういったツアーで目玉な特定作品の説明や、裏話的なお話が楽しみです。

 印象派とは?で始まった時には、この値段でわざわざ会員になろうって物好きな客が、印象派って何ぃ~?とは、ならないと思うんだけど…と、思いましたが、その後は、作品の解説に移り、色々と面白いお話が伺えました。前回、初めて来たときに、ヨーロッパ美術の展示室には、どっかのお屋敷に飾ってそうな作品ばっかだなぁと思ったのですが、そもそも、この美術館は地元の資産家であるハイ夫人(だから、ハイ美術館)が自宅のサロンを公開したのが始まり。その後、ハイ邸の跡地に美術館が建てられ、多くの展示されている作品は、個人の寄付によると教えてもらいました。道理で…って納得。

 そして、今日の「へぇ~」は、この絵

R_IMG_0055.jpg

 モールス信号で有名なモールスさんが、自分の家族を描いた絵です。19世紀のお金持ちの間では、肖像画を描いてもらうのが流行していましたが、NYやフィラデルフィアといった都会まで出かけて人気の肖像画家を雇えるほどではない人たちの需要に応えるために、街から街を巡る肖像画家がいて、モールスさんも、そんな一人だったそうです。

 こういった巡回肖像画家はカタログを持っていて、絵に描いてほしい衣装やアクセサリーを、その中から選ぶことが出来たんだって。ポーズをとったモデルを前に顔は仕上げて、服や装飾品は後から仕上げることもあったそうですが、後から、もっとお肌を滑らかにして、とか、鼻を小さめにとか、手書き版フォトショもあったでしょうね。
 
 ヨーロッパ美術の間で個人的に気になった絵は、17世紀のバロック画家、ジョヴァンニ・バッティスタ・ガウッリ(Giovanni Battista Gaulli、バチッチオとも)による二枚並んだ大作。右は息子のイサクを生贄にささげようとする預言者アブラハム(イサクの燔祭)、左は洪水を生き延びた後、神に感謝の生贄を捧げるノアとその家族(ノアの燔祭)が描かれています。生贄好きすぎでしょ。

IMG_0052.jpg
アブラハムの息子のノアと家族を描いたこの二枚の宗教画

ikenietaihen.png
立川のあの方もこう言ってるますが、

R_IMG_4296.jpg
左は、その神への捧げものをする絵で、この中で唯一、画面のこちら側を見ているのは

R_IMG_4227.jpg
左下のこの品の良いわんこ(犬種はオータニさんの犬?)

 どうも、この絵の中でお焚上げする人間たちを、わんこが冷めた目で「コイツラ、あほじゃね?」と、問いかけているように思えるのは、私が不信心な罰当たりだから?前回、気になったので、今日は題材になっている旧約聖書の内容を調べてきました。だって、せっかく洪水を生き延びたのに、いきなり斧で首を切られる牡牛さんと羊さん…orz 

 箱舟には番い一組づつが原則だけど、清い獣(牡牛と羊)と清い鳥(鳩)は複数乗ってたので、この羊さん、牛さんが焼かれても、まだ残ってるから今もこの世に羊さんたちが存在するんですねぇ。この絵の中の白鳩さんも、清い鳥だし、捧げもの候補なんでしょうか?平和の象徴のはずなのに、焼き鳥にされるって… 諸行無常ですね。ま、ノアさん一家も食べなきゃなんないし、大事業の後だから肉でも食べて精を付けねば…って、食べたんだよね?

 ちなみに「燔祭」は英語では「Holocaust」です。ホロコーストの被害者は、神に捧げられた犠牲者、と、いう解釈なのでしょうか?ですが、この二枚のタイトルはホロコーストという言葉は使わず、「Abraham's Sacrifice of Isaac」と「The Thanksgiving of Noah」になっています。


応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



High Museum of Arts - やっと美術館を訪問できました

 家から小一時間も運転しなければならないのに、前回は駐車場代が無料にならないのでパスした美術館、今回はちゃんと確認して訪れました。週末や夕方五時以降の駐車場代は30ドル(@_@)だもん、これは大きい。入館料が18ドルなので、83ドルの年間会員量は二回訪れれば元が取れますが、しかし、高い。DCのナショナル・ギャラリーとか、シンシナティ美術館とか、入館無料の美術館に甘やかされすぎた・・・

 アトランタの中心街にある、High Museum of Art(ハイ美術館)は、複数の建物に渡る大型施設と聞いていたので、ロサンゼルスのゲティ美術館(入館料は無料)のような場所を想像していましたが、同じ敷地内のコートヤードを挟んで本館と2軒の分館が並ぶ、こじんまりした構造でした。街の代表的美術館として多様なコレクションを展示する総合美術館ではなく、テーマに特化した美術館で、東洋美術や中東美術の展示はありません。

 その代わり、キング牧師を生んだ黒人人権運動のメッカ、アトランタに沿った地元密着型というか、アフリカ美術や、アフリカ系アメリカ人の作品が豊富でした。ヨーロッパ美術のコレクションは装飾的な作品がフォーカスのようで、なんといいますか、絵も像も豪華なお屋敷に飾られてそうな作品を集めたって感じ。マイセン等のポーセリンのコレクションの部屋もありました。しかし、西洋美術館の定番、定番のゴッホやピカソ、モネの水仙はない。ギリシア、ローマの古典系もない。アメリカ美術はフォークアートがメインというか、目立ってた。政治的ななテーマの作品も見受けられ、すごく主張してる作品のチョイスです。その繫がりか、コンテンポラリーやモダンアートのコレクションは充実していました。

R_IMG_4188.jpg
ぐるりとスロープを降りていく白い建物は、ちょっとグッゲンハイム風?
吹抜けの下は、週末の子供向けアートクラスの準備中。

R_IMG_4196.jpg
ヨーロッパ絵画の展示。インテリアの雑誌とかでよく見る飾り方ですが、美術館で見たのは初めて。
贅沢な展示方法だなぁ…ってか、上の方、遠すぎてよく見えない…orz

R_IMG_4179.jpg
アフリカン・アートのコレクションが充実


 今回の目当ては、初めてなので取り合えず館内を一周回ってみることと、ビアトリックス・ポターの特別展を見ること。ポターの絵本作家としての活動、ピーター・ラビットをはじめとする絵本の原画だけではなく、鋭い観察眼に基ずく緻密で正確な植物や動物の絵、個人的な手紙や写真も展示され、とても見応えがありました。感動しすぎて、ギフトショップでピーターのぬいぐるみを買いそうな自分を抑えるのに、オノレの自制心に精一杯、頑張ってもらわねばならなかったわw

R_IMG_4306.jpg
おなじみの絵の下絵はハードカバー本くらいの大きさ

R_IMG_4253.jpg
9歳(!)のころのスケッチ。既に並外れた画才や色彩感覚が感じられます

R_IMG_4302.jpg
ジャバラ式になっている絵本。このスタイルでリバイバルして欲しい

調子に乗って、追記にポターさん展の写真ををもっと載せました。来月はじめまでやってるので、もう一度行きたい。しかし、この辺で、オリエンタルアートとか見たくなったら、飛行機乗ってどっかいかなきゃならないのね…



応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
続きを読む

しつこくギリギリまでシンシナティを堪能します

 引越まで一週間をきりました。なのに、未だにアパートの契約が終わっていません。マネジメントに電話をしても滅多に出ない(けど偶に出る)、Eメールの返事が帰ってこない。今ですらこうなのだから住んだらどうなる?!?しかも、引越しの多い私も、実際の部屋を見ずに決めるのは今回が初めてで、不安しかありませんが、どうにかなる、為るなるようにした成らんの精神で、開き直るしか無い。日常品以外の荷物は積め終わり、引越し日にはわにお(元夫)がヘルプに来てくれるので、私の方は準備万端なのですけどね・・・来週月曜にはちゃんと、新しい職場に出社できますように…

 と、焦っても仕方がないので、シンシナティでの最後の週末をしつこく楽しみます。今日は、シンシナティ美術館の風景画について学び、自分でも作品を作ってみるというイベントに参加しました。現在公開中の特別展。ピカソの風景画展を学芸員さんの説明を聞きながら見学の後、美術館の位置するエデン公園を歩いて、同公園内のクローン植物園へ。そこでアーティストの指南の元、自分の風景画を描いてみるという3時間のイベントです。

 実はこの展示を見るのは4度目ですが、学芸員さんの説明は、とても興味深かった。漫画、更に遡ると江戸時代の木版画の記号化の伝統が、ここにも利用されていて、例えば下の絵の右上の波型は湖を表しているとか。他にも、画面を横切る斜めの線が風雨を表現している、線の間隔が狭いと激しい雨で、広いと緩やかな雨と感じることができる。日本の漫画を読むには、記号化の象徴するものを理解するリテラシーが求められますが、抽象画も同じように見れるかと、ちょっと新しい視界がひらけた気持ち。

R_Landscape_of_Juan-les-Pins.jpg
1920年代の作品。貼り重ねたような遠近感無視のコラージュ的な表現にパターンを多用しての記号化による風景

R_IMG_3792.jpg
こちらは戦後の作品。黄色が表しているのはお日様が当たっているところなんだって

. その後、植物園の職員の方とともに遊歩道を歩きましたが、色々と知らないことを教えて頂いて「へぇ~」の連続。公園に広がる湖の地下が実際の貯水池なので、除草剤等は使えないから、一帯は自然のまま(←婉曲な表現方法)の姿なのよ、とか。以前から気になっていた、昔のポンプ場の建物は、もう20年以上も放置されているけど、ビール醸造所+レストランに改修の予定があるかもしれないそう。素敵な建物だし、そうなったら素敵だな。シンシナティには、古い教会や工場だった建物がビール醸造所になっている場所が沢山ありますが、そういった建物の設定も面白い。公園の真ん中、歴史的な建物でビールをプハー!とか、いいよね。おつまみはホットウィングとセロリのスティックとランチドレッシングがいいな。

R_IMG_3842.jpg
ここの地下、全部貯水池

R_IMG_3805.jpg
木々の向こうのポンプ施設

 自分の作品作りは、参加を迷った理由。お絵描きは好きだけど決定的にセンスなし、画力なしの私には、いつも楽しいけど、思った通りには程遠い結果にしかならないからモヤモヤ。ピカソは勿論デッサン力とかも凄いんだけど、何より対象を捉える直感と鑑賞眼が類まれなる巨匠たる才能なのだなぁとしみじみ思い知った。こういうイベントに参加するのは絵心のある方も多く、素敵な作品を見られたのは嬉しかったけど、ああ~!!お絵かきの才能とセンスが欲しかった!!!いくらAIが作画してくれても、センスは如何ともしようがない。

 イベント参加者へのオマケで植物園の入場券をもらったので、その後はいそいそと植物園へ。今日を逃すと、使い機会もないだろうし。今は最初の花+恐竜展(FIRST FLOWERS featuring DINOSAURS)をやっています。 

R_IMG_3825_202309120832024f4.jpg
実物大?と、思うほどの大きさ

R_IMG_3810_20230912083159254.jpg
植物で作った恐竜と古代から存在する花の展示です

R_IMG_3813.jpg
当然、こういう写真を撮る私

今日も楽しかった。国民健康保険がもらえるようになって、引退したら、またシンシナティに住んで、劇場のボランティアしたい・・



応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

毎日、遊び歩いた結果

 ワシントンD.C.に住んでいた若息子が、月曜日から私の住むシンシナティに遊びに来たので、毎日、毎日、飽きずに遊び歩いておりました。各日に何をしたかをメモとして書き連ねますと:

7/31 月曜:映画「バービー」を見に行った
8/01 火曜:シンシナティ出身の大統領、W.H.タフト国立歴史史跡、警察博物館を見学
8/02 水曜:タフト美術館、消防歴史博物館、国立地下鉄道自由センター見学
8/03 木曜:シンシナティのアイドル、カバのフリッツの一歳の誕生日に合わせて動物・植物園の後、イマーシブ体験へ
8/04 金曜:シンシナティ美術館、地元球団レッズ対ワシントン・ナショナルズの試合。試合後は花火!
8/05 土曜:川の向かい側、ケンタッキー州ニューポートの「ギャング・ツアー」参加後、ニューポートとお隣のコビントン散策、猫カフェも

うん、よく遊んだわ~(@_@) 記録用なので、日を遡って振り返っていきます。私と若息子はADDコンビなので、じっくり一つの展示を味わい尽くすタイプではなく、二人そろって速読なので解説もさっとしか読まない。全く、せわしい事この上ない。一つ何かをしたら、次行ってみよ~!のノリで弾丸名所巡りしてました。その合間に細々とお買い物したり、私が行ってみたかったレストランでご飯食べたり、犬の散歩したり。日曜に若息子を空港を送って行ったあとは、お昼寝しちゃいました。

R_IMG_3130.jpg

 土曜の夜~日曜にかけて、くしゃみ・鼻水が出始め、何かのアレルギーかと思ったのですが、くしゃみが咳に代わりのどが痛い。だるさも出て熱はないけど典型的な風邪の症状になってしまったので、薬局に行って風邪薬買って寝てしまった。年寄りの冷や水ではしゃぎすぎた疲れが出たかも。若息子の方は、一旦、ロス・アンゼルスに帰ってから、兄に会いにアラスカへ。若いもんは元気じゃ… 



応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


シンシナティの博物館めぐり(写真多数)

 近代アメリカ史に興味のある息子、大学でも専攻の一つがアメリカ史でしたから、National Underground Railroad Freedom Center("国立地下鉄道自由センター)を楽しみにしていました。ところが生憎、数日前に排水管の故障があり、展示の半分は閉まっていました。印象の強い「From Slavery to Freedom(奴隷から自由へ)」の展示が見られなかったのは残念でしたが、若息子は「現代の奴隷」に関する展示が興味深かったそうです。私が初めて訪れた際の記事は、「国立地下鉄道自由センター」です。

 時間が余ってしまったので、Cincinnati Fire Museum(消防博物館)に行ってみました。ここも、クーポンで一人分の値段で二人入場できる小さな博物館です。昨日の警察博物館とはまた趣向が異なり、元消防署の建物に歴史的な消防車が集められており、消防車の大好きな子供達には最高に楽しい場所だと思います。

R_IMG_3135.jpg
馬車時代の消防車

R_IMG_3143.jpg
はしご車。マネキンが怖いよ

R_IMG_3136.jpg
昔のヘルメット、かっこいい!

R_IMG_3148.jpg
もちろん、コスプレもできるよ

 消防博物館の隣のブロックには、シンシナティ市庁舎。ここには素敵なステンドグラスがあると教えて頂いたので入ってみたかったのです。パブリックの建物なんだから普通に入れるでしょ、と、大胆な息子に続くと、丁度、公聴会が開かれていて自由に見学できました。まずはエレベーターで最上階に行って、ステンドグラスを見ながら階段を下りてくるのがルートだって。

R_IMG_3179.jpg
1853年築。堂々たる建物です

R_IMG_3182.jpg
南側に時計塔

R_IMG_3149.jpg
建物北側から

R_IMG_3166.jpg
ステンドグラスに大理石の階段。贅沢

R_IMG_3159.jpg
ステンドグラス

R_IMG_3155.jpg
オフィス側の階段も素敵

 ステンドグラスは各階に5枚セットのシンシナティ初期の歴史を描いたものが15枚、天井、そして一階の階段両脇にも3枚のセットが2組。そう大理石の階段や、正面玄関の天井画も含め、19世紀のシンシナティがどんなにか裕福だったのかが忍ばれます。公聴会の様子も少しだけ見学することが出来ました。今日も楽しかった!


応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

Profile

sirowaniko

Author:sirowaniko
アメリカ生活も30年超え、NY、MA、DC、TX,CO、CA、OHを経て、今は南部のジョージアに犬猫と住んでいる普通のおばさん。蚊と蚤とトランプ一味以外の生き物が好き。

Link
Ranking
押してくださると勇気凛々です。
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
Latest journals
Category
Latest comments
Search form
Monthly archive
Display RSS link.
QR code
QR