fc2ブログ
HOME   »  お出かけ
Category | お出かけ

皆既日食を見にテキサスへ!

行ってまいりました!

 アメリカ中が期待で盛上がった7年ぶりの皆既日食、オハイオだったら見られたんだけど(トホホ)、アトランタは皆既日食の通り道から外れて85%でした。次回のアメリカでの皆既日食は20年後です。20年も先なんて、自分がどこにいるのか、生きてるのかすら分からない。これは体験しに行くしかないでしょう!と、いいますか、実は今月一杯で切れてしまう航空券のクレジットがありまして、これを使うためもあり、日帰りで手近に行けるテキサスへ。なにしろ、せっかくのチャンスだと、皆既日食のパスとなる地域のホテルは普段の何倍もの宿泊料を設定し、レンタカーも4倍、5倍のお値段(@_@) 大都会、ダラスなら車無しでも公共交通手段は充実していますからねv

 早朝の便で、アトランタから ダラス・フォートワース空港へ。最初はダラスに行く予定でした。この機にダラスの美術館を見に行きたかったのですが、月曜日はお休み。残念だけど、お日様とお月さま、地球さんの都合なんで文句は言えまい。でも、空港のターミナル間をつなぐ電車に乗ってターミナル・マップを見ていて、ふと、次はファートワースへの鉄道連絡駅かぁ… そういや、フォートワースって行ったことないなぁ…で、いきなり行先変更。行き辺りばったりで生きております。

 フォートワースのストックヤード歴史地区は、広いテキサスでも指折りの観光地、ロングホーン牛のパレード、カウボーイの聖地として有名です。でも、なぜかテキサスに住んでいた4年間、お隣のダラスは何度か行ったのに、こちらは行ったことなかったのね。天気予報は雲り空と、日食観察には微妙でしたが、だめなら肉食べて帰ってくるさ!(テキサスはBBQやステーキも有名)で、空港からは逆方向、フォートワース行きの電車に乗りました。一日パスは5ドル。電車もバスもこれ一枚でOK。駅からストックヤード行きのバスもこれで乗れます。

 人気の観光地だけあって、フォートワースのストックヤード旅行記や紹介はネット上でも多くあり、こちらも写真が一杯。私が撮ったのも、単に劣化版的な同じ場所の写真なので、素敵なこちらをご参照ください(^^;)

 結果、これは我ながら良い判断だったのではないかと。ダラスより物価も安いので、結構なレストランで肉も食べられたし、人がひしめき合うような混み具合でもなく、牛も見られたし、食べれたし。

R_DSC_9605.jpg
ロングホーン(Long Horns)牛

R_DSC_9609.jpg
その名の通り角が長い

R_DSC_9643.jpg
一日2回、牛追いパレードがあります

 パレード後、今週はご当地の海軍週間だそうで、潜水艦のUSSテキサスと沿海域戦闘艦フォートワースの乗務員や海軍の軍人さん達も街を歩いていました。白い軍服が眩しい。地元の元ベトナム従軍兵を称え、市民兵宣誓、戦死した方の親族への表敬のちょっとしたセレモニーがありました。見ながら、隣に座ってたおばさんと、「お肉、どのレストランが美味しい?」なんてお喋りしてたのですが、ゴールドスター・ファミリー(戦死した兵の家族)への星条旗進呈セレモニーで、このおばさんが呼ばれ、今年始めにご子息を亡くされたばかりでした。泣きそうなった。

 はてさて、肉食べて(←しつこい)、テキサスサイズのマルガリータ飲んで、いい気分で日食観察眼鏡をおもむろに装着…

R_DSC_9651.jpg
おおお?

R_IMG_0302.jpg
おー!携帯カメラの限界。本物はもっと鮮明な銀色の輪っかで、空には星も見えました

R_DSC_9661.jpg
日食中も全く冷静だった牛さん。動物が騒ぐとかウソやった


 日食を見て満足した後、帰りの便まで時間があったので、ダウンタウンに行って市内を巡るトロリー(無料)でぐるりと一回り。弾丸テキサス日帰り旅行、楽しかったです。テキサスは、首都オースティンからコロラドに引越して以来、20年以上ぶりの初訪問でした。で、久しぶりのテキサスで思い出したんだけど、テキサンはやけにフレンドリーなんだわ。道を聞いても、何処でバスを降りるかも尋ねると本当に親身に教えてくれます。初めてワシントンDCから引越した時は、あまりに親切なので、「何を企んでる?」なんて思っちゃったものですが、テキサン、普通にいい人多い。美味しい物多いし、ワイルドフラワーがきれいだし、何より広々してるテキサス。好きです。また住みたいとは思わないけどw

追加写真を追記に。ま~た沢山撮っちゃったからねwww


応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



続きを読む

アラバマ遠征!

 唐突にお隣、アラバマの州都、バーミングハム(バ-ミンガム、バーミンハムとも)へ行きました。公民運動やアメリカ19世紀から20世紀初期の産業における歴史的に重要な都市です。以前、ここの植物園の桜が見事だと教えて頂いたのですが、当日朝に「咲いてるみたいよ」とのお知らせがあり、急遽、今から行ってくる!と。

 アラバマ州に足(車輪)を踏み入れるのは、引越し後、1か月ほど経って気の緩んだ頃、うっかり勤め先への高速出口を通り過ぎて以来、半年ぶり2度目(ヲイヲイ)。遅刻して会社行ったら、日本人は皆、一度はやるよ、ってwww うっかり州を跨いじゃうと、時間帯が変わるので、急に一時間巻戻しです。会社も近いし、収税もジョージアより安いのでアラバマ州側に住むのもありかと思ったこともあるのですが、この時差に加え、日曜朝のせだったからかラジオがキリスト教系の内容ばっかりで、私には無理だと確信しました。

 アトランタの植物園は駐車場も高いし、入園料も22ドルもする( ノД`)ので、そうそう気軽にはいけません。まぁ、一度は行ってみなとは思いますが、花盛り絶好調を確認してからでなきゃ行けないわぁ。一方、バーミングハムの植物園は無料、駐車場も無料。植物園周辺は瀟洒な邸宅の立ち並ぶ高級住宅地!これ、本当に個人のお家ですか?って思うような広大なお屋敷が、手入れの行き届いた広いお庭の奥に見えます。どんな人が住んでいるのかしら… バーミングハムは統計によると全米最悪の犯罪都市であり、貧困率も高いのですが、格差もすごいようです。

 桜は満開まであと少しって感じでしたが、今週火曜日からまた気温が氷点下に下がるので花冷えでしおれてしまうかもしれない。来られて良かった。教えてくださって本当にありがとう!!空がどんより暗かったので、あまり綺麗に撮れなかったけど、以下写真

R_DSC02620.jpg
日本庭園の赤い鳥居は、ここのシンボルの一つでもあるそう

R_DSC02631.jpg
小さな滝もあります

R_DSC02629.jpg
茶室、小さな枯山水、能舞台もありました

R_DSC02653.jpg
竹林。灯篭には「日立市、昭和60年」とありました。姉妹都市かな?

R_DSC02659.jpg
お庭は池を中心にした回遊式

R_DSC02737.jpg
桜(写真、下手すぎ~)

 植物園入り口横のお店も素敵と教えていただいていたので、こちらも要チェック。センスいい~!可愛いものが一杯!!色んな香りのハンドクリームや石鹸は放送もお洒落で、日本へのお土産にいいかも。

 満足して植物園を後にしましたが、折角ここまで来たのだから、街を少し探索してみたい。植物園のお隣は動物園ですが、動物園はもっと時間のある時にゆっくり見たいかな、というわけで、美術館に行ってみました。こちらも駐車場無料、特別展以外は無料。太っ腹だねぇ。子供向けのアクティビティーが充実しており、特別展はディズニー映画の衣装の展示でした(こちらは有料)

 で、まずはアジア美術の部屋に入ってみて、わたしゃブッ飛びましたわい。なに、この充実したコレクション!!!これは「ついでに」来てみるようなレベルじゃなかったですよ。また、今度ゆっくり来よ!

R_DSC02752.jpg
最初の展示室、入ってすぐにこれですよ!

R_DSC02765.jpg
キャベツと猫だって

 ウェッジウッドのコレクションは、何室も使って様々なスタイルが展示されており、欧米は中世の宗教から印象派(しれっとモネあった)、モダンアートを網羅、アフリカ、ネイティブ・アメリカン、中南米のアートも展示され、屋外には彫刻庭園も。バランスの良い美術館だと思いました。ギフトショップも充実しており、私はセールでラスト・ワン賞(最後の売れ残りとも)、この美術館のハードカバーの作品案内を5ドルでゲットして嬉しかった。

 植物園は、また夏の花が咲いた頃に来たいし、美術館もじっくり見たい、それに日曜日で閉まっていた公民運動関連の施設や、産業歴史の遺蹟も見に行きたい。また直ぐに、西に向かって走っていきそうな私ですv


応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

ロブスターまるごと!

 以前、働いていたオハイオ州西の会社の同僚と、その会社の新しい通訳さんが週末に遊びに来てくれました。お目当ては、今週末、ケンタッキー州ニューポートで開催中の、シーフード・フェスティバル!毎週末、イベントしてる気がするけど、このイベントは、海無し州だって美味しいシーフード食べたい!な、催しです。高知県出身、魚介類に目のない元同僚としては、無視できないイベントだった\(^o^)/

R_IMG_3585.jpg
見よ!お頭付きのロブスター丸ごと、12ドル!

R_IMG_1295.jpeg
幸せすぎる私

R_IMG_3582.jpg
川向のシンシナティ側では鳥人間コンテスト

 ロブスターとビールで満腹の後は、また、聖母被昇天大聖堂(Cathedral Basilica of the Assumption)へ。先週行ったばかりだけど、遠路はるばる、この近くに来た人たちには是非見てもらいたいし、私自身も何度見ても感動します。
R_IMG_3594.jpg
何度見ても素晴らしすぎる

R_IMG_3600.jpg
陽光の当たり具合が良かったのか、特にきれいに見えました!



応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

暑さに負けた、いえ、冷房に負けた昭和枯れすすき

日本の猛暑、凄い!

 己の語彙の貧しさが悲しいけど、もう、「凄い」としか言えない。しかも日本は湿気も高い。皆様、熱中症や冷房病にお気をつけください。日本に比べれば鼻で笑う程度ですが、シンシナティでも先週は気温が上がり暑い日が続きました。そのせいか週半ばから、体がだるく鈍い頭痛でスッキリしない。倦怠感で朝もベッドから起き上がるのが辛い。金曜日には、タブレットでネットサーフィンしたり、本を読んだり、怠惰の限りを尽くしましたが、全然元気でない。

 金曜のナイター終了後は、地元球団レッズが勝とうが負けようが関係なく花火が上がるので、だいたい9回表には犬の散歩に出て花火見物をするのですが、先週末は窓から向かいのビルに映る反射を見ました。しかも、金曜から球場から1ブロックのところでお祭りをしていたのです。いつもならものすごい勢いで駆けつけるよね。我ながらどうした?と、思い返せば、ずっとクーラーのかかった室内に居たので冷房病かも、と。「温泉の素」を入れたお風呂にじっくり浸かって、香辛料増し増しのカレー作って食べて、夜間の冷房の温度を上げたら、翌朝いきなり復活しました。やっぱ冷房のせいだったかな。

 元気になったら出かけたがる私、まずは、癒やしを求めてタフト美術館に行く。目当ては特別展の、19世紀から現代の女性写真家による写真展、Modern Women/Modern Vision

R_R_IMG_2864.jpg
静かな展示室。いい展示なのにお客いない(写真の人は監視員さん)(´・_・`)

R_MigrNTmOTHER.jpg
20世紀を代表する写真の一枚、Dorothea Langeの「Migrant Mother」(1936)

R_MigrantMother1979.jpg
モデルとなったフロレンス・トンプソンさんと娘たち(1978)
こんな追加説明には、とても好感が持てます。

R_R_IMG_2868.jpg
澤田知子さんの代表作「ID400」


 もう一つ開催中の特別展は、19世紀のフランス風景画家、シャルル=フランソワ・ドービニーが、家族で過ごしたアトリエ船での夏を描いたエッチング集、「Voyage en Bateau(船旅)」から、一部屋だけの小さな展示で、各作品もカード程度で小さく、展示室には虫眼鏡が備えられていましたが、ユーモアのある作品を虫眼鏡で細々見るの、楽しかった。

R_R_IMG_2875.jpg
これ好き!魚釣りの得意な息子が街に帰る(背後の汽車に乗ってる)ので喜ぶ魚たち

 ドービニーさんは、後の印象派の若い画家達の先達として大きな影響を与え、また彼らを高く評価して世に出る機会を支援した人。このエッチング集からも、良い人っぽさが伝わってきます。お庭のカフェでコーヒーを頂き、元気も出たよ!とてもゲンキンな私なのでした。


応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

初めてのアスパラガス採り

 自分でアスパラガスを採れる農場に連れて行っていただきました。アスパラガスがどんなふうに生えているかすら知らなかったので、興味津々。ホワイトアスパラは日に当てずに生育すると聞いていたので、怪しい地下にムーミンに出てくるにょろにょろの如く並んでいる姿を想像していたので、そこからの連想で、畑にうにょーんと並んでいるイメージでしたが、 全っ然、違いました!

R_nyoronyoro.jpeg
にょろにょろ

R_IMG_2376.jpg
気儘に生えてました

R_IMG_2377.jpg
野良アスパラ?

R_IMG_2381.jpg
こんなに沢山で3ドル。水に差して冷蔵庫に入れたら長持ちすると教えて頂いたので、早速活ける

 広い野原に他の草と混ざって、ニョキッとアスパラが生えてるの。毎年、見えられるという方のお話だと、今年(今日)は特に質も量も最高だとか。アスパラが、そこここに生えているので、うっっかり蹴ったり踏んだりしないように気を付けねばならないほどでした。折れやすいところでポキっと追ってね、欲張って根本で折っても硬いわよ、とのことで、色々とアドバイスも頂けてラッキーでした。好きなだけ採ったら、無人の納屋で重さを測ってお金を払います。地元の日本人の皆様の間では知られたスポットだそうですが、これは秘密のお宝エリアねv

 帰り道ではアジア系のスーパーをはしご。共に2~3周してじーっくりお買い物しました。偶にしか来ないから、買い逃したら悔しいもんね。うち一軒は、初めて行ったところで、存在を知らなかったけど、今日教えていただいたの。台湾系なのかな?本格派が好みそうな、魚介類が豊富なお店でした。ここで、ちょうどできたてのごま団子を買うことが出来てホクホク(^^)

 ビニール袋をいくつも下げて家に帰ったら、早速、細目のアスパラを軽く蒸して食べてみました。生でも行けそうな柔らかさでエグみもなく、マヨネーズを付けるつもりが、何も付けなくても美味しかった~!さすがは採りたて!これ、白ワインに合いそう…と、実践したら、ばっちりすぎて、ベッドに撃沈したわ~


応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

やっぱり買ってしまった

 降ったり止んだ
晴れれば晴天、急に雨がザーッと来て、また晴れて。妙なお天気の日曜日でした。郊外の大きなスーパーに食料品を買出しに行く前に、公園に寄って犬と少し散歩しましたが、ちょうど家に帰る頃に雨が降り出したので、運が良かったわv

R_IMG_2257.jpg
こんなに良いお天気だったのに


 背景はシンシナティ美術館。は~い、物欲に負けてしまいました。金曜日に見送った欲しかった物をゲットしてしまった。

 金曜日に買わなかった一枚。シンシナティ美術館のギフトショップでは、名画や巨匠の作品の猫や犬を加えたパロディー(?)グッズを作っているNIASKIというイギリスの会社の商品を取扱っており、私はカードだのピンだの、地味~に売上に貢献しております。

Le-reve-1932.jpg
左がオリジナル、右が「Picatso's Cat Lady」

 ピカソが愛人のマリー・テレーズを描いた「夢(赤い椅子に眠る女)」に、黒猫さんをプラス。愛人時代が重なるドラ・マールさんがモデルにした絵で真っ先に思い浮かぶのが、壮絶な「泣く女」なので、一方のマリー・テレーズさんは随分と穏やかな感じですが、「泣く女」は、マリー・テレーズと取組み合いの喧嘩の末、嫉妬に泣き狂うドラさんという話を何処かで読んだこともあり、いやはや何とも。

 しかもピカソさん本人は、野生的な猫は好きだけど、サロンの長椅子で喉を鳴らしているような上流社会の猫は嫌いだと言っていたとか。そういや、鳥を喰う猫って、恐ろしげな猫の絵がありますね。でも、ドラ・マールや最後の愛人、ジャクリーヌが黒猫を抱いている絵も残しているので、この絵もまんざらでもないのかも…と、色々考えてしまいますが、そういった事とは無関係に好き。

 実は、この絵のカードと、同じシリーズのマティスの絵に黒猫を付け加えた絵のカードを並べて飾っておりまして、もし、マティスの絵の方のプリントもあったら、また物欲に負けるわ~


応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

シンシナティ、オハイオ川沿いの公園

 ここのとこ、ずっとグズグズしたお天気で、気温も暑い程かと思えば、その夜に霜が降りたりでしたが、日曜日からずっと晴天続きという、昨日の天気予報に幸せだけど半信半疑。ホントに、こんなに良いお天気が続くの?もう氷点下にはならないの?ヌカ喜びじゃないよね?と、期待は大きいけど、喜び過ぎ厳禁な日曜日。本当に朝から晴れ晴れで~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 うちは元オフィスビルの上階で窓が開かないので、外の気温を確かめるには、実際に出てみるしかない。数字の気温が高くても、風びゅーびゅーだったり、湿気があってシンシン滲みてくるとかがあるから油断禁物。で、軽い上着持って出てみれば、ビルの間を吹抜ける風は冷たいけど、日向を歩けばポカポカ。嬉しいから、犬の散歩もちょっと長めにオハイオ川沿いの公園まで。花盛りだし、珍しく鷹がいたり、わんこ連れの人も沢山で、うちのモカも他の犬と鼻を突き合わせたり、クン活に励んでみたりと、犬も人間も楽しい午後になりました。

R_DSC02452.jpg
シンシナティは(自称)クイーン・シティ
昔はポークポリス(豚肉の都)と呼ばれていました

R_DSC02393.jpg
鷹もキュイ~、キュイ~と存在を主張(?)

R_DSC02423.jpg
スイセンも満開

R_DSC02448.jpg
チューリップの花も犬の鼻もツヤツヤ~

R_IMG_2119.jpg
Mr. Redsと一緒

R_DSC02459.jpg
球場の外回りには、名選手たちの銅像があります。
これは日系アーティスト、Tom Tsuchiya氏が32歳の時に完成した像

R_DSC02458.jpg
Reds のホームフィールド、Great American Ball Park(偉大なるアメリカの球場)
大層な名前やと思ってたら、スポンサーがGreat American Insuranceって保険会社でした



応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

ボックビールとヤギとシュトラウス

 金曜日の夕方は、ヤギとお坊さんが主役のパレードが予定されていたのに、雨と強風のせいで中止になってしまいました。ボックビールというドイツのダークラガーを祝うフェスティバルの初日が昨日で、そのパレードです。面白そうで楽しみにしてたので残念。ボックビールというのも、初めて知ったのですが:

 「ボック」とは、ドイツ北部の都市、アインベックを発祥とするアルコール度数が高いビールスタイルです。ドイツを中心にヨーロッパ各地に広がり、現在では世界中で「ボック」と名のつくさまざまなビールが造られています。
 ボックの名前の由来には諸説あります。よく知られているのが、その発祥の地である「アインベック」が訛って「アインボック」となり、それがいつしか縮まってボックとなったという説です。
 また、「ボック」という言葉には「雄ヤギ」の意味があり、ボックを飲むと若い雄ヤギにように元気になると言われたことからつけられたという説もあるようです。今でもボックのラベルには雄ヤギをあしらったものが多いのはそのためです。
「たのしいお酒」より)だって。

 軽いライトビールが好みですが、わざわざフェスティバルがあるくらいだし、やっぱりボックビールとやらを飲んでみたい!と、路面電車に乗ってOTRへ行きました。私の住むダウンタウンと、途中、音楽堂前を経て、フィンドレー・マーケットを中心にレストランやお店が並ぶOTRエリアを繋ぐ路面電車、本当にありがたい!

R_IMG_1826.jpg
楽しそうでしょ~?

R_IMG_1821.jpg
たしかに重いけど苦味はなく、ビールらしいビールって感じ?

R_IMG_1824.jpg
お坊さんコスプレの人もいたよ

R_IMG_1851.jpg
ちゃんとリアル・ヤギもいました

 アルコール度の高いビールでホニャラカ、フードトラックのBBQで満腹、しかも出かける前にアレルギーの薬を服用、この危うい状態でコンサートへ!演目は、シューベルトの交響曲第八番「未完成」、今回初公演の若い作曲家、サミュエル・アダムズによる「バリエーションズ」、そしてシュトラウスの「死と変容」です。2003年以来、シンシナティ・シンフォニーのアート・ディレクターだったLouis Langréeさんが振る最後のコンサートだそうですが、私は彼の指揮は初めて聴きます。

 「未完成」は、良く言えばクセが無くて聴き易い、悪く言えば個性のない演奏だなと思ったのですが、「死と変容」はドラマティックで、カラヤン路線?って感じだった。クラシックのことはよく知らないし、聞いて楽しむだけなので専門的なことは全く判らない私の感想です。「死と変容」は最近は、「死と浄化」という訳題になることもあるそうですが、派手で劇的な私好みの曲。フォークよりはオルタナ、ソフトロックよりはメタルを聴きたい私だけに。この曲は、シュトラウス自身が1904年に、この音楽堂で指揮した
のだそうです。

 そして、前回、1988年にこの音楽堂でこの曲を指揮したのが、今日、2020年に完成した曲のプレミアを作曲したサミュエル・アダムズさんのお父さん、ジョン・アダムズさんという繋がりでした。サミュエル・アダムズなんてお名前だから、フェスティバルに合わせてビール繋がりかと思ったよ~(コラ!) 

IMG_1843.jpg
サミュエル・アダムズさん

 飲んだ~、食べた~、楽しかった~、な日曜日でしたが、帰宅した途端、ちょっとコタツで横になったら、そのまま爆睡。堪忍袋の緒が切れたというか膀胱ハチ切れ直前な犬の「ヒーン、ヒーン」攻撃に起こされたら、もう夜中だった~!!


応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

Profile

sirowaniko

Author:sirowaniko
アメリカ生活も30年超え、NY、MA、DC、TX,CO、CA、OHを経て、今は南部のジョージアに犬猫と住んでいる普通のおばさん。蚊と蚤とトランプ一味以外の生き物が好き。

Link
Ranking
押してくださると勇気凛々です。
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Latest journals
Category
Latest comments
Search form
Monthly archive
Display RSS link.
QR code
QR