FC2ブログ
HOME   »  2019年08月27日
Archive | 2019年08月27日

トランプに「貸し」は通用しない

 G7サミットは、1975年の第一回サミット以来初めて、首脳宣言無しに閉会しました。それには、米国と欧州諸国間の亀裂の深刻さと、アメリカの孤立の当然の結果と言えますが、そこで、しっかりスネ夫君っぷりを発揮したのが、我らが安倍首相。日本のマスコミを見ていると、トウモロコシ買って、乗用車等へ工業製品の関税をチャラにしてもらえたから、日本側にも良い協定だったという意見が多いみたいですが、トランプに「貸し」を作ったとは思わない方がいいと私は思います。トランプは、そんな義理堅い男じゃないから。大統領でありながら自ら脱税してきたことを自慢し、長年の盟友に罪をかぶせ、掌を返すより簡単に友人を裏切ってきた男です。

 日本がトウモロコシを買ってくれるのは、その収穫の85%が輸出用の、私が住むオハイオ州にはありがたいのですが、そんなにトウモロコシ買ってどうするの?って気はする。輸出用のトウモロコシは家畜の飼料向けで、とんがりコーンの材料にもならないと思うのですが?しかも、同じ協定でアメリカン・ビーフや豚肉が安くなり国内生産は減少するでしょうし、一方で上質な和牛などには、もっと上質な餌が必要でしょうし…

 今年は中西部の悪天候のせいで、全米のトウモロコシ収穫量が大幅減しているのも幸運でしたが、私的には、民主党と共和党の支持率がいったりきたりのスイング・ステートで、2016年の大統領選ではトランプが勝利のオハイオ州、前回、トランプの口車に乗せられて支持した農業、製造業の有権者たちが失望して、民主党を支持してほしいと願っていた時に、日本が助け舟を出したのは、ちょっとガッカリなのですがね。

 長らく、オハイオの勝敗と大統領選挙の勝敗は一致し、オハイオを制する者は大統領選挙を制するといわれています。そのオハイオのド田舎と都市部の両方に住んでみて感じるのは、オハイオは民主党・共和党というより、候補者個人に、より興味があるって感じ。前回も、ヒラリーが嫌い、加えて新規公用創出や移民規制を強調するトランプに期待を抱いたのが、共和党というよりトランプの勝利へとつながったと思う。

 でも、アメリカに製造業を取り返すという公約は果たされず、自動車産業を見れば、逆に国内の工場は閉鎖・縮小。でも、史上最低レベルの失業率をここで持ち出すのは門違い。Unemploymentは少なくとも、Underemploymentが増加してる。一人で複数の仕事を掛け持ちしている労働者も増えている。そして景気は停滞し、リセッションが懸念されている。

 斜陽産業への新規雇用は生まれない、中南諸国の治安の悪化が大量の移民を生み出し、国境問題は悪化の一途。そして関税のお陰で輸出用作物を作っている農家は大打撃。連邦補助金で一年目をやり過ごした農家の間でも、廃業が増えています。ここで、中国の報復関税によって更なる打撃、将来的不安が募れば、選挙にも影響するかと期待していただけに、ヘンな助け舟出しやがって…なのですよね。日本が損しなきゃ、私的には良いのですが、日本の皆様、トランプには何も期待しない方がいいですよ…
https___s3-us-west-2_amazonaws.jpg
説明は不要かと
スポンサーサイト



Profile

sirowaniko

Author:sirowaniko
アメリカ生活も30年超え、NY、MA、DC、TX,CO、CAを経て、今はオハイオに犬猫と住んでます。蚊と蚤とトランプ一味以外の生き物が好き。

Link
Ranking
そうだ、そうだと思われたら押して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ


ニュースランキング
Latest journals
Category
Monthly archive
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Latest comments
Search form
Display RSS link.
QR code
QR