fc2ブログ
HOME   »  2020年11月07日
Archive | 2020年11月07日

まさか、こんな場所で確定の知らせを聞くなんてw

11月だというのに、半袖で歩ける異常気象。嬉しいけど。

 こんなに、お天気がいいと出掛けたくなってしまうのは仕方ない!市のドッグパークで犬を遊ばせ、少し疲れさせてから隣接の遊歩道をお散歩。うちの犬は張り切りすぎると、引っ張りがちなので、少し走らせてから散歩させるんです。その足でスーパーへ買出し中、いきなり息子が「確定した」と。信じきれない私は、「ほんとに~」と振り返ったのですが、通りすがりの女性が「本当よ!FOXでも報道したんだから!」と、やや興奮気味に教えてくれました。思わず、小さくガッツポーズしちゃいましたよ。スーパーの生鮮物売り場で。
「Yesh!」←私
「Calm down, Mother」←息子
「Ah, excuse me!」←私
「Oh, I understand!!」←その女性

 確定とは勿論、バイデン候補が過半数に達し、大統領選の勝利が確定したこと。あと一歩のところでお預け状態が続いていたけど、これで一安心。私は本当に、トランプが再選されることを怖れていましたから。とはいえ、当然トランプは不正があった云々で粘るつもりでしょう。日本のニュースサイトでも、未だ逆転はあるなんて未練がましい記事を見ます。流石にもう諦めようよ... 不正の証拠も出せないで、いくら選挙の正当性の是非を訴えても、アメリカの司法制度は、嘘も百回言えば真実になるってほど甘くはないですよ。

 2016年の大統領選では、トランプ306人、クリントン232人の選挙人でトランプが当選しましたが、総得票数はヒラリー・クリントンの方が約300万票も多かったのです。今回は、指定選挙人数でバイデン290人、トランプ214人、総得票数では今のところ、バイデンが約430万票のリード。妥当に行けばバイデン氏の当選ですが、大きく差をつけておかないと、全開にもあった選挙人の造反が起こり得ます。選挙人制度に関しては、4年前にもブーブー言ってるんで、前ブログの「アメリカの選挙人制度の是非」と、トランプ人気なんて、過ぎに失速するという私の予測は見事に外れてしまいましたが、「なぜ私はトランプを嫌い、将来を危惧するのか」も、ちょっと見して頂ければ嬉しいです。

 ちなみに、前回の大統領選時も郵便投票が行われています。その時には、何の異議も出なかったのに、今回は騒ぎ立てるのは実に滑稽。そして、大統領顧問弁護士のジュリアーニ以下、トランプ弁護団が、フォー・シーズンズ造園で記者会見をやったのは爆笑でした。なんでも、高級ホテルのFour Seasonsと間違えてブッキングしちゃったらしいけど.、 絶対に街替えを認めないトランプ、ツイートしちゃったからには、何がなんでも「フォーシーズンズ」でやらねばならなかったのでしょうね。

4seasons.jpg
凄い絵面だな。本当にお笑い種すぎ。
裏では、大慌てでホテルの方に予約を取り直そうとするスタッフと、冷たく突っぱねるホテルとの攻防があったに違いないwww

 今に、実はこのアダルト・ショップ(大人のおもちゃとか、ポルノビデオとか売ってるお店)、造園会社、葬儀社の地下には、ディープステートの本拠地だとか、ハンター・バイデンのチャイルド・ポルノ秘密基地だとか、民主党の不正投票書作成書だとかで、ジュリアーニたちは、ニンジャ超能力バトルで彼らを打ち負かした直後だったとかって面白い陰謀論が出てくるんじゃね?
 

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村
押していただけると嬉しいです

スポンサーサイト



Profile

sirowaniko

Author:sirowaniko
アメリカ生活も30年超え、NY、MA、DC、TX,CO、CA、OHを経て、今は南部のジョージアに犬猫と住んでいる普通のおばさん。蚊と蚤とトランプ一味以外の生き物が好き。

Link
Ranking
押してくださると勇気凛々です。
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Latest journals
Category
Latest comments
Search form
Monthly archive
Display RSS link.
QR code
QR