fc2ブログ
HOME   »  2023年09月
Archive | 2023年09月

また政府閉鎖かも…(怒)

 アメリカの連保政府の新会計年度は10月1日に始まりますが、今や年中行事の感のあるアメリカ議会の政府機関の一部閉鎖回避のための超党派つなぎ予算案合意ですが… 毎回、政府閉鎖だと騒いだ挙句にぎりぎりで合意というチキンレースを繰り返していますが、今回は本当に暗雲が立ち込めています。今日、下院で10月末までのつなぎ予算案が賛成198、反対232で否決されたのです。これは、下院保守強硬派の議員連合、その実態はトランプの腰巾着集団、「Freedom Caucus(自由議連)」のゴネ勝ちです。

freedumbdumb.jpg
アメリカを人質に取って脅迫する面々
左端の特にイっちゃってるのはジョージア州選出のマージョリー・テイラー・グリーン

 暗黒時代の2018年の年末から35日間もの連邦政府機関一部閉鎖があり、一年でも最も入用な時期に公務員はお給料が払ってもらえない、お国のサービスは停止でバケーション・シーズンの真っ只中に国立公園が閉鎖、運輸保安局職員不足で空港までもが一時閉鎖になったりと大混乱でしたが、悪夢再びとなるのでしょうか?その時の理由は、予算にメキシコ国境の壁建設が含まれていなかったことでトランプがすねたからでした。これによる直接的な経済損失だけでも30億ドルを超えたといわれています。当時の混乱ぶりを、私も超怒っていた。

 国民を人質に一方が相手の党を脅すのは常套手段ですが、国民に迷惑をかけ、国民のために奉仕するのが信条であるはずの政府が、自分たちの我を通すために国民に犠牲を強いている。今回の争点は、国内の災害対応とウクライナ支援向けへの各60億ドル。上院は可決したものの、共和党は既にこの上院案を拒否しており、バイデン大統領とマッカーシー下院議長が5月に合意済の2024年度支出水準をもっと減らせ、メキシコから流れてくる移民も阻止しろと求めています。

 だいたいマッカーシーは下院議長に選出されるまでに15回もの投票を繰り返した弱っちょろ~い立場、フリーダム・コーカスの連中には尻尾を掴まれている。5月に債務上限の引上げを巡ってデフォルトの危機に至ったのも、こいつらのせい。いまだに2020年の選挙結果にいちゃもんをつけているトランプは、5月にもデフォルトしちまえ!とほざいていましたが、今回も政府閉鎖上等!って態度。そりゃ自分が一度やらかしてるし、政府閉鎖で困窮した人たちは政府を恨む、怒りが現政権に向かうで美味しいもんね。そういう事態になったのは、こいつらと、その裏にいるトランプのせいなんだけど、なぜかそれが見えない国民が多い。もう目的にトランプを信奉し、FOXニュースしか見ない連中って私は思うけど、そういうヤカラからすれば、私なんぞは盲目的にバイデン政権を信奉し、リベラル・メディアしか見ないアホなんだろうなwww


応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



ど根性「欠乏」わに

 ど根性世代の私ですが、思い込んだら(重いコンダラ)、試練の道を~♪な、巨人の星飛雄馬くんとは違い、コンダラに惹かれて真っ平らになってそうな私です。引越し後一週間が過ぎても相変わらずヘロヘロで箱に囲まれておりますが、無事に生存しております。犬猫達はすっかり馴染んだようで、ここにもう百年住んでるみたいな顔で暢気にお昼寝ですわ。

 しかし今回の引越しは大変でした。引越しそのものではなくて、アパートが。金曜の朝にシンシナティのアパートに来てくれた引越屋さんは実にてきぱきと丁寧な仕事で、驚いたほどです。古いアパートからの撤去手続きも簡単に済みました。が!この段階でまだ住所が確定していないという恐ろしさ!最初に入居予定だったユニットに入れなくて、同条件の違うユニットに入ることになっていましたが、このユニット番号の連絡がこない。部屋(ユニット)番号が、そのまま番地になるので、引越しの朝当日まで住所が確定しないという崖っぷちですよ。このアパートのマネジメント、とにかく電話に出ない、返さない、Eメールも返事が返ってこない。たまに電話に出るとお返事は良いけど実行が全く伴わない。愛想はいい人達なんだけどねぇ…

 不安な状況のまま、とにかく入居はできるということで半日かけてオハイオからケンタッキー、テネシーを経てジョージアに南下しました。高速道路一本でずーっと行けるのは便利だけど、元夫の助けがなかったら、ケンタッキーとテネシーの州堺辺りで行き倒れになってたかもですわ。元夫も懲りたのか、今度引越すなら強制的に息子らを派遣するとか言っておりましたが。

 開けて翌朝、オフィスは9時に開くと聞いていましたが、待てど暮らせど誰も来ない。電話したら、現在電話回線がメンテナンス中ですなんて録音が流れてくる。急な修理とか必要になったら、どうするんだ?やっと10時過ぎになって人が来たけど、わたしゃ、この一時間でいきなり白髪が増えた気がするよ。本当に大丈夫なのか、ここは?!?

 ここ以外のオプションがないので、現物を見ずに決めた部屋、それだけでも不安でしたが、まぁ行ってみれば、駐車場と同じレベルだと思っていた「Ground level」は、実は一階分下がった階だった。出てすぐアスファルトの駐車場ではなく、裏庭的な場所にせられるのは犬の散歩には却って好都合で、部屋は静かだし窓から見えるのは雑木林なのはボーナスでした。

 部屋はいかにも慌てて準備した感ありありで、なーんか掃除も行き届いていない。シンシナティのアパートとの落差がすごいわ。備え付けの冷蔵庫、食洗器、電子レンジとオーブンが新品なのはラッキーでしたが(全入替とか前の住民はどんな使い方をしていたのだろう??)、フィルムが完全に剥がれてない。

 洗濯機と乾燥機は、アメリカでは州によって自前だったり、備え付けだったりなのですが、このアパートは基本自前だけど借りることができるタイプでした。前のアパートは備え付けでしたし、私は引越しが多いから出来れば買いたくないので借りたのですが、これが今どき珍しい高機能(HE)ではないタイプでした。多分、今じゃ買えないタイプだよ。乾燥機とか高温でガンガン乾くわい。なんだかヤケに洗面台が低いとか、なぜかゴミはドアの横にゴミ箱に出しておいたら一軒一軒取りに来てくれるとか、土地によって色々と違うんだなぁとしみじみですよ。

 そんな引越し当日の土曜日、同じ街の中の本当はそちらの方が良かったんだけど、部屋が11月にならないと開かなかったアパートから、急に今月中に1部屋空くことになったんだけど興味ある?って電話がかかってきたですよ。更に疲労感が増しました。こんな時は、お湯につかって癒されたいけど、入りたくなるようなバスタブじゃないの…orz 月曜からルンルンと新しい職場に出勤しましたが、今秋から7時半ではなく7時からの出勤となりまして、ただでさえ朝の弱い私に打撃ですわ。

 ともあれ一応は落ち着いて、免許を書き換えて(アメリカでは運転免許は州が発行するので、州外に引越したら一定期間中に書き換えなきゃならないのです)、車のナンバープレートも変えなきゃいけない。そのために住所の証明がいるのですが、郵便物等の簡単なものでOK。楽勝かと思いきや、郵便受けに行ったら、鍵穴が破壊されていて開けられない!何なのでしょう、一体…

応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



引っ越しました~

大変ご無沙汰しておりますm(__;)m

 新居入居直前まで色々あってハラハラでしたが、無事に先週土曜日にアパートに入居し、月曜から新しい会社で勤務を始めました。一週間が過ぎて、未だへろへろですが、スリルに満ちた一週間の顛末はまた別の機会に… いきなり白髪が増えた気がするわ(`o´)

しつこくギリギリまでシンシナティを堪能します

 引越まで一週間をきりました。なのに、未だにアパートの契約が終わっていません。マネジメントに電話をしても滅多に出ない(けど偶に出る)、Eメールの返事が帰ってこない。今ですらこうなのだから住んだらどうなる?!?しかも、引越しの多い私も、実際の部屋を見ずに決めるのは今回が初めてで、不安しかありませんが、どうにかなる、為るなるようにした成らんの精神で、開き直るしか無い。日常品以外の荷物は積め終わり、引越し日にはわにお(元夫)がヘルプに来てくれるので、私の方は準備万端なのですけどね・・・来週月曜にはちゃんと、新しい職場に出社できますように…

 と、焦っても仕方がないので、シンシナティでの最後の週末をしつこく楽しみます。今日は、シンシナティ美術館の風景画について学び、自分でも作品を作ってみるというイベントに参加しました。現在公開中の特別展。ピカソの風景画展を学芸員さんの説明を聞きながら見学の後、美術館の位置するエデン公園を歩いて、同公園内のクローン植物園へ。そこでアーティストの指南の元、自分の風景画を描いてみるという3時間のイベントです。

 実はこの展示を見るのは4度目ですが、学芸員さんの説明は、とても興味深かった。漫画、更に遡ると江戸時代の木版画の記号化の伝統が、ここにも利用されていて、例えば下の絵の右上の波型は湖を表しているとか。他にも、画面を横切る斜めの線が風雨を表現している、線の間隔が狭いと激しい雨で、広いと緩やかな雨と感じることができる。日本の漫画を読むには、記号化の象徴するものを理解するリテラシーが求められますが、抽象画も同じように見れるかと、ちょっと新しい視界がひらけた気持ち。

R_Landscape_of_Juan-les-Pins.jpg
1920年代の作品。貼り重ねたような遠近感無視のコラージュ的な表現にパターンを多用しての記号化による風景

R_IMG_3792.jpg
こちらは戦後の作品。黄色が表しているのはお日様が当たっているところなんだって

. その後、植物園の職員の方とともに遊歩道を歩きましたが、色々と知らないことを教えて頂いて「へぇ~」の連続。公園に広がる湖の地下が実際の貯水池なので、除草剤等は使えないから、一帯は自然のまま(←婉曲な表現方法)の姿なのよ、とか。以前から気になっていた、昔のポンプ場の建物は、もう20年以上も放置されているけど、ビール醸造所+レストランに改修の予定があるかもしれないそう。素敵な建物だし、そうなったら素敵だな。シンシナティには、古い教会や工場だった建物がビール醸造所になっている場所が沢山ありますが、そういった建物の設定も面白い。公園の真ん中、歴史的な建物でビールをプハー!とか、いいよね。おつまみはホットウィングとセロリのスティックとランチドレッシングがいいな。

R_IMG_3842.jpg
ここの地下、全部貯水池

R_IMG_3805.jpg
木々の向こうのポンプ施設

 自分の作品作りは、参加を迷った理由。お絵描きは好きだけど決定的にセンスなし、画力なしの私には、いつも楽しいけど、思った通りには程遠い結果にしかならないからモヤモヤ。ピカソは勿論デッサン力とかも凄いんだけど、何より対象を捉える直感と鑑賞眼が類まれなる巨匠たる才能なのだなぁとしみじみ思い知った。こういうイベントに参加するのは絵心のある方も多く、素敵な作品を見られたのは嬉しかったけど、ああ~!!お絵かきの才能とセンスが欲しかった!!!いくらAIが作画してくれても、センスは如何ともしようがない。

 イベント参加者へのオマケで植物園の入場券をもらったので、その後はいそいそと植物園へ。今日を逃すと、使い機会もないだろうし。今は最初の花+恐竜展(FIRST FLOWERS featuring DINOSAURS)をやっています。 

R_IMG_3825_202309120832024f4.jpg
実物大?と、思うほどの大きさ

R_IMG_3810_20230912083159254.jpg
植物で作った恐竜と古代から存在する花の展示です

R_IMG_3813.jpg
当然、こういう写真を撮る私

今日も楽しかった。国民健康保険がもらえるようになって、引退したら、またシンシナティに住んで、劇場のボランティアしたい・・



応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

アメリカ人の3人に一人はタトゥー入りですってよ!

先月の調査結果なのですが、私は最近知ったので… 

 ピュー・リサーチ・センターの調査結果によりますと、アメリカの成人約3人に1人がタトゥーを入れてるんだそうです。その市場規模は2030年には世界全体で39億ドル(約5700億円)超に拡大するとか…(32% of Americans have a tattoo, including 22% who have more than one)。今にタトゥーを入れたり、消したりしてくれるAIが出てくるに違いない。

372846364_273441515453369_5914114597780457387_n.jpg

 曰く、米国成人の32%が少なくとも1つタトゥーがあり、男女別では男性27%に対して女性38%、18~29歳の女性では実に半分以上の56%がタトゥー付きなんだって。確かに街を歩いてると、若い女性はタトゥー度高い。イレズミタトゥーの人多いなぁと、最初に感じたのはオハイオ州に引越してきた時で、地域性かと思っていました。ロザンゼルス南のビーチシティに住んでいた時も、タトゥーの入った人は沢山いたけど、サーファーとか、ヒッピー文化の名残みたいなジジババ大人が主で、普通の勤め人は少なくとも見える部分にはなかった。中西部に来たら、ごく普通のおじさん、おばさん、ねーちゃん、にーちゃんも何か入れてて多いと感じたのね。でも、実はアメリカ全体の現象でした。

 タトゥーを入れる理由は、「何かを忘れないようにしたり、誰かをたたえたりするため」が69%、「自分の信念を示すため」(47%)、「見栄えがよくなるから」(32%)だって。傷跡や痣を隠すためのタトゥーも、これに含まれるのかなぁ?私は飽き性なので、同じ柄と一生付き合わねばならないとなると、そこまでのコミットメントができるかどうか自信がないし、温泉大好きだから、日本で温泉や銭湯に行けないのヤだし。

 でも、火葬灰をインクにしたタトゥーがあるって聞いて、これにはちょっと魅かれてる。今の愛犬が虹の橋の向こうに行っちゃったら、こっそり目立たない所に小さく線画か足形でも入れたいかも… (息子らには内緒)


応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

トランプは大統領選に出る資格なし?

 バージニア州選議員、民主党のカイン上院議員(上院なのにカイン、上院なのにカイン~!失礼しました)が、トランプはアメリカ合衆国憲法修正第14条に則ると、1月6日の議会襲撃に関する行動により、大統領選挙に出馬する権利を有さず、投票用紙から名前を削除すべしと述べました。

 問題となるのは、第3節の「反乱への参加者」、暴動、反乱、反逆に加わった公人は、再び議員や選挙人には選ばれないように規定した条項です。

アメリカ合衆国議会議員、国の機関の役人、州議会議員、あるいは州の行政及び司法の役人として、アメリカ合衆国憲法を支持することを以前に誓い、かつそれらに対する反乱に加わった者あるいはその敵に対して援助や同調した者は、アメリカ合衆国下院または上院議員、大統領および副大統領の選挙人、あるいは国または州の公的、軍事的役職に就くことはできない。ただし、アメリカ合衆国議会が各院の議席の3分の2以上で決した場合は、その禁止規定を排除する。(ウィキペディア、アメリカ合衆国憲法修正第14条より)


Screenshot 2023-09-04 002450
「2020年の大統領選結果転覆の企みへの関与により、トランプ前大統領を失格とし、また、その他多くも失格となる可能性がある。」

 トランプの煽動を含む議会襲撃への関与が判決により認められたら、トランプは公的役職に就くことは出来ないという事になります。この制限は、議会の3分の2以上の賛成で解除できますが、たとえ、この問題を今年11月の選挙まで引きずらせても、現在、拮抗している共和党と民主党の議会座席数がいきなり共和党議席が急増とは考えられず、現実的ではありません。もっとも、民主党が、トランプが共和党候補者だったら、ウチが必勝、ラッキー!と、したら、どうなるか知らんけどwww アタシ的には、そうなれば、わざわざバイデン爺さんが老骨にムチ打たずとも、適当な候補者でも、トランプよかマシって民主党政権が続くんでウェルカムですけど~!

 この第14条は、 南北戦争後に成立し、批准は1868年7月9日。日本じゃ戊辰戦争真っただ中。またエラく古い憲法を持ち出して、ヲイヲイなんだけど、常日頃もめてる合衆国憲法修正第2条(セカンドアメンドメント)、「「武器を保有・携帯する権利」」って、1797年ですから、我々修正法の中ではまだまだ若輩ものって、修正法の仲間内で嘲笑われる存在です… いや、ホント、どうにかしてよ、この時代錯誤な国っ!

Screenshot 2023-09-04 002734
CNNの調べでは共和党員ですら約半分が、トランプの行動は民主主義への脅威だと答えています




応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

翻訳は文化を知ることが大事

 ヤフーに面白い記事があったので、久しぶりの英語ネタ。「外国人が「ドラえもん」を日本語で楽しむために必要な“ふたつの知識」、日本で長年英語を教えている早稲田大学名誉教授のジェームス・バーダマン先生の近著、「毎日のスヌーピー」からの抜粋だそうです。

 アメリカで真剣に日本語を学び、語彙力や文法の知識が十分にあり、古典作品までも読むほどの実力をつけた先生が、日本に来た頃、「ドラえもん」が解らないという事態に。その理由は、(1)文化背景の知識、と、(2)セットフレーズ(set phrases)が欠けていたから。先生のプロフィールを検索すると、1947年生まれとのこと。インターネットは勿論、日本のアニメや漫画へのアクセスはない。今どきの日本語を学ぶ若者は、まずはアニメやゲームから入った人が多く、憧れの日本に行って、アニメや漫画の世界が実在した!と、驚く人が多いそうですが、バーダマン先生が苦労した「日常に根差した、市井の生活の知識」は既にお馴染み。ただ、日本語初心者は「サザエさん」を勧められるそうです。ダジャレの多い「ドラえもん」はやっぱりハードルが高い。

 子供達が小学校低学年の頃には既にアメリカでもポケモンが人気でしたが、こたつで渋茶をすするロケット団や、盆踊りを楽しむサトシくん達の描写に、これアメリカの子供に分かるんかいな?と、不思議に思ったことがあります。その後、世界的な人気を受けて、ポケモン世界はどんどん無国籍になっていきますが。日本では人気の高い部活ものはアメリカでは、あまり人気がありません。放課後のクラブ活動に対する感覚が違うからだそうです。アメリカでは中学では部活に当たるものはなく、高校でのスポーツは、プロや大学へのパスポート、人生がかかっているので真剣!

 (2)のセットフレーズ(set phrases)は、先生の造語で「組み合わさることで新しい意味が生じる単語のあつまりのこと」で、例は「時を刻む」で、「言葉どおりに「時を(刃物などで)切り刻む」ということではない」、「ただ個々の単語の意味を取るだけでは理解できない単語の集まり」だって。直訳しても意味通じない熟語って、英語でも沢山ある。「Time flies」時間が(飛ぶように)早く過ぎていく、みたいな?

 言葉は生き物だから、どんどん造語も出てくるし。これを得意としたのが、シェークスピアさん。ちょっと違うけど、10年近く昔に、似たネタでブログ書いてました(シェークスピアは造語名人)。久しぶりの昔の文章を読んだら、ふざけた文体は10年間全く成長していないとが判りました。ありがとうございました。

ともあれ…

 紹介されている本は、著者自身の言葉によれば、『学校の教科としての英語はある程度身についている、つまり単語も文法もある程度身につけたが、実際に英語を使おうとすると使えない。英会話を自在に楽しむには一歩足りていない」と感じている皆さんにPeanuts を読み込んでもらい、スヌーピーたちの言葉を範としながら「ふたつの知識」の鍛え方を学び、本当に使える英会話力の土台を作ってもらう書籍』なのだそうです。確かに、私もスヌーピーが好きで谷川俊太郎氏翻訳のピーナッツを読んでいましたが、アメリカの小学校や行事のことを知らないからてピンと来ない事も多かった。ハロウィーンも、アメリカに来て初めて、「これが、あのピーナッツに出てた、お菓子をくれなきゃイタズラするぞ、なんだ!」と感動した。今読むと、Peanutsも古き良き時代のアメリカで、今となってはファンタジー的なところもありますが。

 私は娯楽では英語の本は漫画と雑誌以外はあまり読みません (`・ω・´)キリッ(←少しは恥じて)。英語で読むのは、好きな作者・作品の翻訳が出てないから仕方ないとか、翻訳が謎すぎてオリジナルで読み直す(悲しいけど、これが結構ある)場合くらい。実際に誤訳もありますが、翻訳が拙いのはまさに、アメリカの背景を理解していないから、そしてセットフレーズを直訳しちゃってることに気付くことが多いです。私はアメリカなら30年以上住んでるから少しは、「こりゃ調査不足やね」って分かるけど、他の国の本の日本語訳なら、騙されても気付かないね。ヤフーでよくある現地在住の誰々さんの「この国はこうです!」をほぉ~、そうなのか~、と、しっかり騙されてる気がする…

 賑やかしに季節柄、Peanutsの定番ネタの一つ、学校嫌いのサリーと学校の壁の会話
1609485.gif
アンタは校舎を名乗ってるけど!
アンタのせいでどれだけ惨めかって考えたことある?
良心が傷まないの?
それが生きるってことさ



応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

トランプ、ジョージア州の大統領選介入巡る裁判で無罪を主張、あー、ハイハイwww

 トランプと不愉快な仲間たちのマグショットが出揃いました。なぜか満面笑顔で写ってる人も居ますが、トランプはこのしかめっ面写真のグッズでしっかりちゃっかり10億円を儲けたそうです。この顔を決めるまで、何時間も鏡の前でリハーサルしたんだろうなぁ…www

230825-georgia-trump-indictments.jpg
白飛びしてる写真も多いね

 ジュリアーニは正統派の悪人顔してますねぇ。NYC市長として辣腕を振るっていたときは輝いていたのに。私は、ジュリアーニ以前、コッチ市長時代のNYCに住んでいたので、ジュリアーニが市を一掃した後にNYを訪れて、すっかり明るくフレンドリーになったタイムズスクエアに感心したものですが… 大人しく隠居して回想録でも書いてりゃよかったのにね。

 トランプは、6日にジョージア州フルトン郡裁判所に出廷して罪状認否する予定でしたが、書面答弁を選択。トランプの罪状認否も、これで4回目です。これから先、何が出てきても、ひたすら無罪だー、民主党の選挙妨害だー、魔女狩りだーって言い続けるのは明らか。起訴されてる19人の中で、出廷しないのは今のところ、トランプとシドニー・パウエル弁護士で、多くは予定通り6日に出廷予定だそうです。私は来月からジョージア州の住民ですんで、保釈金もっと高額にして州の財政潤ってよろし、出廷でマスコミが押しかけ経済効果でウッシッシ、などと不届きなことを考えておりますが、トランプの保釈金が20万ドル(約2900万円)なんて安すぎ。200万ドルくらい取ってやれ!

 共和党は、フルトン郡のファニ・ウィリス地区検事の調査を始めたそうですが、魂胆がわかり易すぎて笑う。結局、共和党はトランプの影響下だということでしょう。また、一部の被告は事件を州裁判所から連邦裁判所に移管して欲しがってるけど、連邦の管轄になったら、トランプが自身を含む、このマフィアの一団を恩赦できることに加え、共和党の重鎮たちが色々と手を回してくれるだろうからでしょう。しっかし、マコーネル共和党上院内総務、81歳が記者会見の最中に固まるということが最近連続してありましたので、退任への道は近い。


 しっかし、アメリカの政治の主軸が揃って80代、70代後半なのは、将来が不安です。先日、「Plan 75」ってつまらない映画を見ちゃったのですが、75歳以上は社会の役に立たず負担になるだけだから安楽死を勧めるっていう、ソイレント・グリーンのや焼き直しみたいなお話だったのね。75歳どころが、80代が世界を回してるってのに… ヤレヤレ



応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


Profile

sirowaniko

Author:sirowaniko
アメリカ生活も30年超え、NY、MA、DC、TX,CO、CA、OHを経て、今は南部のジョージアに犬猫と住んでいる普通のおばさん。蚊と蚤とトランプ一味以外の生き物が好き。

Link
Ranking
押してくださると勇気凛々です。
カレンダー
08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Latest journals
Category
Latest comments
Search form
Monthly archive
Display RSS link.
QR code
QR