fc2ブログ
HOME   »  2024年04月
Archive | 2024年04月

アメリカ、マリファナは頭痛薬と同じ扱いに

 禁止するから欲しがる、悪い奴らを儲けさせる、というのは禁酒時代に証明されたからとは、よく聞きますが...

 アメリカ司法局が、マリフアナの分類を「3類」規制物質、低リスク薬物に指定することを勧告しました。これって、私も大いに愛用している市販頭痛薬、タイレノールと同じレベルです。これから規制薬物法に従い、米議会の規定する正式な規制制定プロセスが開始されるそうです。この件に関しては、珍しく与野党双方の議員が歓迎だとか。へーえ…(@_@)

 アメリカでは薬物は乱用や依存症のリスクに応じて5段階で規制しています。大麻はずっと、最もリスクの高い「1類」に分類されていました。ですが、バイデン政権が2022年に厚生省や司法省に規制緩和検討を指示した結果、このたび依存症リスクが低・中程度、医療用使用許可の「3類」へと引き下げる方針が決まりました。

 現在、約半分の州で大麻の仕様は合法です。同じアパートには、夜な夜なマリファナの甘ったるいにおいを漂わせつつ、謎の呪文を唱えている(実はラップらしいが音痴なので謎の言葉を叫んでいるようにしか聞こえない)オジサンがいます。ジョージア州て、マリファナの娯楽使用は違法なんだけど。いや、実は医療目的なのかもしれませんけど、知りませんけど、別にお知り合いになって確かめたいとも思いませんけど。

 FDAは、マリフアナの分類変更勧告理由として、「1類」や「2類」の他の薬物より乱用性が低い、米国内で既に現在、医療目的使用は許可済みである、乱用者による身体的依存性のリスクが低または中程度、という3基準を満たしているからとし、国立薬物乱用研究所も同意。2012年に真っ先に大麻を合法化したコロラド州は、収入がっぽがっぽでしたから、お国としても儲けたい、バイデン大統領としては若者にアピールしたい、オピオイド系の鎮痛薬の過剰摂取による死亡が多いんで、マシな代替品でお茶を濁してもらおう等、色々な事情があるのでしょう。知らんけど

アメリカは重篤な麻薬の問題を抱えている。だから…
12637206_web1_copy_RAMclr-090219-pot-MON-EXTRA.jpg
マリファナを合法化しちまおう!


応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



南北戦争の激戦地跡で山登り

 先週に続いて、南北戦争について学びました。アトランタ周辺には、南北戦争の史跡が多く残っていますが、今日行ったのは、中でも重要なケネソー山古戦場跡国定公園(Kennesaw Mountain National Battlefield Park)です。2,965エーカー(約12km平方)で、国定公園になっています。史跡だけではなく、豊かな自然もこの公園の魅力です。ケネソー山の戦いについてはこちら

 この戦いでは、北軍のシャーマン将軍が敗北を期し、北米兵士3千人が失われました。南軍側の死者は千人。近隣都市のマリエッタの国立墓地には北軍(Union)兵士、1kmも離れていない南軍(Confegerate)墓地には南軍兵士が眠っています。国立墓地の土地を寄付した事業化のヘンリー・コールは共同墓地を思い描いていましたが、双方合意に至らりませんでした。南軍はケネソーの戦いでは勝利を収めましたが、アトランタ防衛にはチャタヌーガ川を活かす方が良いと判断して後退、結局、南部の補給基地であるアトランタを奪われることとなります。アトランタの陥落は、南軍の運命を決定つけました。

 まずは博物館とギフトショップ備えたビジターセンターへ。初めての場所では、最初にビジターセンターで情報をゲットするのが私のジャスティス。その後、人気のケネソー山トレイルへ。片道約1.6km程度ですが、傾斜のきつい場所もありハフハフ((((;゚Д゚))))))) でも小さな子供達も元気に登っていて、オノレの体力無さを痛感しました...orz しかし、この岩ゴロゴロの急坂を大砲を運ぎ上げたの凄い。岩山なので小川や泉も見当たらず、飲料水の調達も大変だったのではないかと思います。

R_IMG_4759.jpg
博物館。南北戦争全体に関する概要を学ぶことが出来ます

R_IMG_4772.jpg
そこここに大砲が。互いに向き合って撃ち合っていたそうです

R_IMG_4794.jpg
なかなか厳しい傾斜。この坂を大砲を押し上げていった

R_IMG_4792.jpg
日中気温30℃を超える中、蚊も飛んでただろうし、死体ごろごろで蝿も沢山いたはず…

R_IMG_4773.jpg
山頂近くからアトランタが見渡せる戦略的な位置にあります

IMG_4780s.jpg
頂上で記念撮影~

R_IMG_4795.jpg
ジョージア州出身の兵士を悼む慰霊塔

 先週は銃撃のデモを見ましたが、今日は実際の戦場跡での大砲発射。先週は青い軍服の北軍の皆さんでしたが、今日は結構バラバラな南軍の皆さん。南軍の軍服はグレーですが、来ているのものは結構自前が混ざっていたらしいです。

R_IMG_4799.jpg
準備中。一つの砲台につくのは8人(残りの2人は後ろの弾薬庫にいます)


撃ちます!

R_IMG_4814.jpg
南軍の皆さんとご機嫌な犬

IMG_4814 (2)
この笑顔である

 この大砲はレプリカですが、以前は当時の本物をぶっ放していたそうですよ。今は、安全上の理由から、国立公園での本物の発射は禁じられているんだって。撃ってバラバラになったら、えらいこっちゃもんね。

 ここまでは南北に長い公園の北側。南には、コルブ農場の戦いの舞台となった場所が。1830年代に建てられたこの農家は、1864年6月22日の戦闘の後、北軍の司令本部が置かれました。外観は当時の姿を再現していますが、基礎はオリジナルで、コルブ家のお墓が隣接しています。自分地の農場で戦闘おっぱじめられた上に、逃げたら家が勝手に司令部にされてたコルブさん一家、えらい災難だけど、周辺住民も取るものも取らず戦火を逃れて農場や家をあとにしたのでしょう。

R_IMG_4824.jpg
エアコンの室外機があると思ったら未だ現役で人が住んでる(@_@)
あの…オバケとか出ませんか?

 なにしろ広い公園で、今日見られたのは、ほんの一部だけです。今度は7日間に渡る激戦の地となったチーサム・ヒルのデッド・アングル周辺を歩いてみたいです。


応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

抗議の嵐が止まらない!

 アメリカ各地の大学でパレスティナ支持の抗議活動が繰り広げられています。「いちご白書」の舞台になった、ニューヨーク市内のコロンビア大学には未だ反骨精神が息づいているらしく、大学構内でキャンプ・インを始めたのが最初だったと思いますが、今やパレスティナを指示する活動は全米の大学に拡大しています。ロスアンゼルスの南カリフォルニア大学(USC)は学費の高い私立校で、お坊ちゃま・お嬢ちゃま校のイメージが強いのですが、ここでも活発なデモの為に卒業式がバーチャルになる模様とのこと。 

 学生達は、パレスティナにおけるジェノサイドを続けるイスラエル政府と、それを支援するアメリカ政府に対して抗議しているのですが、それを反ユダヤ主義(アンチ・セミティズム)と解釈・報道して世論操作しようとする動きこそ、警戒すべき点だと思います。有名私大だけではなく、アメリカでは大多数の研究所もまたユダヤ系の大口寄付に頼っています。多くの議員、政府機関、大統領も然りですが、アメリカのみならず、欧米全体がユダヤには強く出られない。ロシアやイラク、北朝鮮には厳しい経済制裁を執っても、イスラエルには何もできない国連を見れば明らかです。

バイデン大統領は世論を気にして迷走してはいるものの、基本的にイスラエル支持を変えません。ネタニヤフ首相に対する「民間人犠牲を止めよ」という忠告も「お願いします~」的な弱々しさが感じられ、ナタニヤフはてんで意に介していないし、国内での威信もズタズタ。ウクライナへの軍事援助予算とセットで、イスラエルへの追加援助も実施され、若者の間での「バイデン離れ」は深刻となりつつあります。でも、バイデンがだめだとなると、残るはトランプなわけで…

Screenshot 2024-04-29 155731
大学の抗議者たちは手に負えない!全員逮捕すべきだ!
それ、1月6日の記録だよ



応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

遂に潜入!(ひたすら写真)

 外から指をくわえて眺めること数回、とうとう南北戦争時代の紡績工場跡内に入ることが出来ました。


R_DSC_9716.jpg
川向うから臨む、New Manchester Manufacturing Companyの遺跡

R_DSC_9769.jpg
1849年から操業を始め、一帯は小さな町になって栄えました

R_DSC_9743.jpg
1964年7月9日、北軍によって燃やされました

R_DSC_9752.jpg
映画「ハンガーゲーム」の舞台にも使われました。見直さなきゃ

R_DSC_9738.jpg
ワイルドフラワーが咲き乱れています

R_DSC_9767.jpg
北軍兵士の残した落書きが残っています

R_DSC_9778.jpg
ビジターセンターに展示された水車の模型

R_DSC_9777.jpg
同じくミル遺跡のモデル

追記に内部で取ったビデオ



応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

続きを読む

ワイルドフラワー花盛り

 今週に入ってから色々とあったのですが、やっと少し落ち着いたので、日を遡りますが、先週末、また紡績工場跡のある州立公園、Sweetwater Creek State Parkに行ってきたので、その写真を。。来週は日本はゴールデンウィーク、私も朝夕の日本との会議が無いので少しゆっくりできそうです。

 この日は南北戦争の記念日で、当時の北軍ユニフォームを着たボランティアの方による模擬射撃、そして待望の、工場跡の遺跡の内部公開があったのです。遺跡内には犬は入れないので、今日は我家の老犬はお留守番なので、ちょっと長めのハイキングをしました。現生のツツジは終わりかけていましたが、マウンテンローレルが咲き始めており、色とりどりなワイルドフラワーが鮮やか。お天気にも恵まれて、楽しいお散歩が出来ました。

R_DSC_9667.jpg
模擬射撃の様子

R_DSC_9772.jpg
森の中で北軍兵士に遭遇!

R_DSC_9709.jpg
可憐なフロックスx

R_DSC_9779.jpg
唐突に生えてた野良水仙

R_DSC_9669.jpg
バックアイ

R_DSC_9688.jpg
カレーバイン

R_DSC_9681.jpg
アメリカ・シャクナゲ(Mountain Laurel)

R_DSC_9684.jpg
アゼリアの胆汁だって。多肉みたいな外観と触感でした

R_DSC_9775.jpg
とても小さくて無害な蜂の巣。樫の木にくっついてた

 

応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

アイアンクロ―

雨の日曜日、ネットフリックス映画、実話を基とする、プロレス一家、フォン・エリック家の悲劇を描いた「アイアンクロ―」見た。

 元々は興味無かったのですが、余りに評判が良いので、ちょっと触りだけでも見てみようかと思ったら、始まって直ぐに引き込まれました。子供のころ、「タイガーマスク」を見ていたとはいっても、正直、プロレスは苦手です。でも、ボクシングも同様に苦手なのに、「ロッキー」や「クリード」も見られるから大丈夫、と、思ったら、プロレスシーンも迫力あって怖かったです(TT)

ironclaw.jpg

 事実とは思えないほどに、次々と悲劇に見舞われるフォン・エリック一家、映画で描かれているのは、それが全てではなく、本当は更なる悲劇があったと後で知りました。事実は小説や映画より奇なり… ですが、映画では全ての元凶は、自分の果たせなかった夢を息子たちに押し付けた父親であるとしています。長男は事故で幼くして亡くなっていますが、残った5人の息子達は、ルックス、身体能力、才能に恵まれ、しかも素直な性格と素晴らしい子供達です。5人のうち1人は異国(日本)で病死、3人が自死。映画中、ラブラブな父母夫妻は、その後離婚してしまったそうですが、母親の喪失感たるや、自分も母親ですが想像する出来ない。

 6人兄弟で生き残ったのは、ザック。エフロン演じる主人公の次男、ケビン(長男は夭折しているので実質的には一番上のお兄ちゃん)一人だけ。その彼は、息子二人もプロレス界で活躍中であり、家族全員とともに平和に暮らしているというエピソードでのメッセージが、最後にほっとさせてくれます。ケビンが、自死した弟の遺骸を前に、先に逝った兄弟たちに迎えられる弟の姿を空想するシーンは、本当にそうであって欲しいと願わずにはいられません。あの世では、皆一緒に幸せなんだよね、って。

 伝説的プロレスラーではあるものの、自分が為し得なかったWWFチャンピオンを息子達に強いた父親が息子たちの不幸を招いたとはいえ、円盤投げオリンピック選手として有望だった四男、ケリーが、合衆国のモスクワオリンピックのボイコットで当初の目標を失い、プロレスに転向した事や、最も期待されていた三男、デビッドが日本で急死という不運が無ければ、偏執的なまでの全米プロレス・チャンピオンへの執着もなく、他の方向もあったのではないか… そんな無念も感じられる描き方でした。

 主人公のケビンを演じたザック・エフロン、2017年の「ベイウァッチ」では筋肉ムキムキの片鱗がありましたが、イメージ的には「グレイティスト・ショーマン」、や「ハイスクール・ミュージカル」のピチピチの若い兄ちゃんだったので、この映画での筋肉も凄いけど、「老けたな…」(←36歳だもんね)、と、共に、家族を思う深い愛情や、それ故の苦悩に見ている側も引き込まれてしまう演技も良かったと思います。これはくるかもよ、オスカー・ノミネーション!





応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


イスラエル孤立化

 ここんとこのイスラエルは、ちょっと調子に乗りすぎではないだろうか、と、思っているのは私の思い込みだけではなく、世界中に多いような気がする。国際社会の警告を無視したガザへの攻撃継続、そして今月1日には、シリアの首都ダマスカスにあるイラン大使館領事部へのミサイル攻撃。イラン革命防衛隊の司令官や軍事顧問らが死亡しました。

 これに対してイランは13日、報復として無人機やミサイルによるイスラエルへの直接攻撃を実施しましたが、その99%以上が迎撃されたそうです。と、いうのも、イラン側が予め、何日何時にどこを攻撃しますと通知していたから。大義名分があるのに、事前通告をし、攻撃範囲も規模も限定的だった。要は、むしろ国内向けへの、牽制パフォーマンスだったと思われます。さらにイラン側は、「これでおしまい!」と、率先して集結させているのです。

 それなのに、G7外相会合はイランへの制裁を協議して、米英は追加経済制裁を決定。不公平じゃないの?先に攻撃を仕掛けたのはイスラエル側、そして、同じくイランからの事前通告を受けて備えたアメリカの援助も得て、イスラエルの被害はほぼなかった。ところが!今朝のイランの核関連施設近郊に攻撃を仕掛けたのはイスラエルと目されています。民間援助機関の車両を狙い撃ちして殺害したり、UN職員を攻撃したり、全てを間違えましたで済ませてきたイスラエル。今回もしらばっくれるのでしょうか?

 イスラエルは今や、国際社会の制御の効かない無法国家であることが露呈しました。ました。これが西側諸国特にアメリカが今までイスラエルを甘やかしてきた結果です。昨日は、国連へのパレスティナの正式加盟がアメリカの拒否権発行で否認されたばかり。因みにパレスティナは、2011年にも国連加盟を申請しましたが、この時も、アメリカの反対で安保理での協議が進められなかった過去があります。今回は、ラファ攻撃を鼻先に突き付けられてアメリカが譲歩したという解説もありますが、もう、いい加減にアメリカも断固たる態度を示してほしい。バイデン政権としても、再選を阻む最大の要因は、イスラエルへの対応になりそうですし、かといってアメリカ社会・政治に大きな影響力を有するユダヤ系を刺激することもできず…苦しい所でしょう。

 ガザでの紛争は局地的なものだけど、イランが関われば話は全く違う。大規模に地域全体、果ては世界を巻込んだ戦争につながりかねない。それが何よりも恐ろしいけれど、直近・身近なところでも、ペルシア湾は多くの石油タンカーの出発港であり、有事にはガソリン代上がるのは必至。ただでさえ、ここ数週間でガソリンの価格がドンドコ上がって悲しいのに、マジやめて。4月のガソリン代全米平均は6.5%上がったそうですが、感覚的にも納得ですよ。毎年3月~4月頃から夏に向かって、お天気が良くなって皆出かけるからガソリンへの需要が上がって値段も上がるって説明を読んだけど、なんか納得いかないなぁ。

 AAA(日本のJASに相当する機関)によれば、4月にガソリン代が最も上がったのはインディアナ州とアリゾナ州の19セントだそうですが、ここジョージアの東端でも、4月に入ってから既に30セント上がってる。今月初めは、まだギリギリ1ガロン$2台だったのに、あれよあれよという間に今朝は$3.39(@_@) 愛車は2011年トヨタのRav4、古いんで燃費は悪い。1ガロン24マイル強で、片道の通勤距離がほぼ同じなので、ざっと1日2ガロンで$8弱、150円換算だと1200円…(通勤手当、何それ美味しいの?)
ぅ(@゚Д゚)@。Д。)わぁぁぁ~~~~ッ!!!!!!

 ガソリン価格安定の為にも、そして深刻な世界的危機へのリスクを避けるためにも、平和であって欲しい(´・_・`)

何の脈絡もない賑やかし
R_DSC_9436_20240420063312099.jpg

R_DSC_9402.jpg

R_DSC_9465.jpg
色々なブログやSNSで春のお花が色々見られてうれしい今日この頃です



応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

280億ってゼロいくつ?

 色々と明るみになってきた、水原通訳の違法賭博スキャンダル、なんと負け総額が280億円。よくぞ、それだけ負けられるもんだと変に感心。胴元がもうやめとけと言っても、懇願して賭け続けたと伝えられ、依存症の恐ろしさも驚きです。そして、普段は車の運転手役も務めるほどに、一緒にいる時間も長く、色々な会話もあったでしょうに、何年間も隠し続ることが出来たのも凄い。完全に自分を信用している相手をここまで騙せるのも鋼の精神力なら、負けても負けても心折れずに賭け続ける所も並の人間じゃなさそう。

cjonesrgb03262024.jpg
大谷選手の新しい通訳者を紹介します


 中には、全てを任せっきりだった大谷選手にも問題がある、という声も聞かれます。とにかく野球一筋、野球以外のことには余力を使わないという強い意志故に、こんなにも稀有な選手になれたと称え続けてきたのに、今更、そんなコト言われても、ですよ。一般論としても、少なくとも中高6年間は英語教育を受けているのに、アメリカで銀行口座も開けないのかという意見もありますが、いや、それは厳しいよ...と、私は思います。

 日本から新たに駐在員が赴任したら、多くの会社で通訳若しくは日本人お世話係が最初にお手伝いすることの一つが銀口座の開設です。これないと、お給料受取れないですからね。でも、銀行口座開設の為には社会保障番号(SSN:Social Security Number)の取得が必要で、まずはSSNを取得し、その後、一緒に銀行行って口座開設となります。SSNは税金支払いに必要なので、口座開設にも必ず必要。SSN取得資格のない人は、個人納税者番号(ITIN)で代用できます。

 日本から来たばかりで、赴任地の訛りにも慣れないと特に、なかなかハードルが高いです。アメリカ中どこでも、NHKの英語講座みたいに喋ってくれるわけじゃないです。まずは第一関門のSSN事務所はたいてい殺伐としておる。受付番号のチケットを取り、パイプ椅子で自分の番号を呼ばれるのを待つ。周りには怪しげな人も多い。やっと呼ばれたら、窓口のおばちゃんが不機嫌で怖い… いきなり、こんなトコに一人で行ってこーいって言われたらビビるかも。
 
 でも、今回の事件を鑑みて、こういった会社の通訳や人事部の人の付添いも見直しが必要になるかもしれません。他人に知られるべきではないSSNも当然知ってるし、銀行でのやり取りも手伝うので、悪意を持っていれば、ぞこから盗むことが可能だと証明されたようなもの。もっとも殆どの人は、自分の口座から不可解な引出しがあれば直ぐに気付くでしょうが、億の大金が無くなっていても気が付かなかったとは、そもそも大谷さんの口座に入ってる金額がトンデモだから??もう、色んな方面で規模が大きすぎて、私の想像力の斜め上ですわ~


応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

なぎ倒せ!

 カリフォルニアで、民家の監視カメラにピューマが映り、ご近所は警戒体制とのニュースがありました。でも、この「ピューマ」の正体はぽっちゃり猫さんだった。エリーさんもうっかり外を歩いたら、クロヒョウに間違われかねないデカ猫だったけど。先日には、公園のゴミ箱からハリネズミの子供を保護した女性が獣医さんに連れて行ったら、この「ベイビー」は、帽子のポンポンだったというニュースもあったし、こんなちょっとした御近所ネタが世界中に拡散されちゃう、ある意味、すごい時代。

 一方、うちの破壊大王、銀さんは相変わらず周り中を破壊する、私の足に襲い掛かる、テーブルや棚上の物は全て払いのけて落とすのやりたい放題。でも私の足を攻撃するのはやめてほしい。犬には、来たばかりの頃にしつこく猫パンチして、ガウ!とやられて以来、遠慮していますが、母さんには何してもいいと思ってるのか、いくらガウ!と吠えてみても舐められたままです。ムツゴロウさんが言ってたように、言うことを聞かない猫にはいっぺん噛みついてみなあかんのか。大人しくしていればスイートな子なんだけどねぇ(親バカ)

 彼は産まれて直ぐに育児放棄されたのか、猫特有のフミフミをしません。自分で綺麗にしないので、おチリが汚い。そして、そのまま家中を走り回る。彼はリビングの白い椅子がお気に入りですが、座面にトイレシート敷かないと茶色いシミが…orz 決して他人様にお見せ出来ない家になってます。高い所や箱、袋物等に無関心でクールなエリーさんとは違って、とにかく好奇心旺盛で、高い所は飛び乗りたい、箱でも何でも、目の前にある物には入ってみたい。でも、仔猫の頃に心配だったゆるウンピや咳が無くなったのは本当に嬉しいです。正直、この子はあまり長生きできないんじゃないかと思っていたのですが、この調子で猫股化するまで末永く一緒にいてほしい。でも、脚に襲い掛かるのやめて。 

R_IMG_4718.jpg
玩具のカシャカシャにんじんを破壊して勝利の爪とぎ

R_IMG_4545.jpg
よく働いたから疲れた…

 私は日本の動物園を何件かフォローし、可愛い写真を毎日楽しみにています。元々は自然の中で生きている動物たちを無理矢理に閉じ込めて自由を奪っている、晒し者にしているという動物園批判もありますが、近代になって動物園側も動物たちの福祉に気を使い、絶滅危惧にある種の繁殖にも力を入れていることから、私は殆どの園を好意的に受け取っています。動物園の動物達、自分の意志ではないけど、まぁ、プライベートを晒してガップリ儲け、トンデモな贅沢してるセレブ、カダシアン一家みたいなもんかね、と、思ってる。

 ただし、冬の間は雪に戯れるシロクマやアムールトラに笑みがこぼれますが、正直、雪の中のライオンとか、本当に大丈夫なの?って、心配しちゃう。意外と寒さに強いというけど、元々は寒冷地に生息してる種じゃないし可哀想な気がする… オハイオの動物園では、アフリカのサバンナの動物は冬季は屋内施設にいて、展示はありませんでしたが。熊も、特別な冬眠室がしつらえられ、分厚いガラスのこちらから赤外線レンズで覗くことが出来たけど、日本の動物園の熊は冬眠しないの?

 旭山動物園のライオン一家も寒くないのかって思ってましたが、雄だと思ってたら雌だったことが判明して、元の丸山動物園に帰ることになったクレイちゃんが、雪の中を転げまわって楽しむ姿に、ライオンも寒さに強いんだ、雪が楽しいんだと安心しました。私の「推し」、神戸のお嬢様、タンタンさんは亡くなりましたが、旭山動物園のヒグマ、砂川市で親にはぐれて弱っていたところを保護された子熊のすなすけ君も、私の一推しクマ。恐ろしいヒグマですが、元気に遊ぶ姿は愛らしく、毎朝、動物園のSNSで癒されてます。人間だけじゃなく、全ての動物たち、植物も虫もワニも全ての生き物のために、人間は責任もって地球を守らなあかんねぇ、と、しみじみ思います。


応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


さよならスタンピー

 霧の濃い朝でした。普段から夜明け前は真っ暗な道で、しかも濃霧、おっかなびくりしながら運転していたら、横からビューンと割り込んできたバイク、怖かった~!走り去るハーレーの後ろではためくMAGAの旗を苦々しく見送りながら、あんた、それ自殺行為だよ、と、思った私。やっぱり脳みそピーマンやろ…(コラコラ)

全く話は変わりますが(↑はボヤきたかっただけ)、下は数日前のヤフー!ニュースの画面キャプチャです。2万人以上がm今の国の政治に国民の意見や考えは全く反映されていないと回答していますが、国外に長い私ですら、日本の政治どうなってるの?と、疑ってるくらいですから、俗にいうヤフー民だけではなく、多くの人の意見も同じではないかと。

R_IMG_4687.jpg

 岸田首相は今、アメリカを訪問中ですが、悲しいほどにアメリカじゃニュースになってない。その昔、日本が経済大国だった頃は、日本の首相ホワイトハウス訪問なんて大層なニュースだったもんですけどねぇ…(遠い目)。今回のニュースの内容は、日本がどうこうより、中国、調子に乗りすぎ、ウチが絞める時にはオマエも協力するんだぞ!んで、まずは沖縄に新しい海兵隊部隊作ります、と、中国主体。ついでに、ウクライナへのお金の援助も続けてね、って話。「異例の厚遇を受けたとする日本政府のアピールもそこはかとなく虚しさが漂います。

 ところで岸田首相は、米建国250周年に合わせて250本の桜の苗を贈るそうです。有名なワシントン市内、タイダルベイスンを取り巻く荒川の桜は、1912年に日米親善と友好の証として贈られた3020本の苗木とその子孫たち。戦争中ですら大切に守られて今に至りますが、気候変動による海面上昇のために一部の木の根が朽ち、加えて護岸補強工事が必要となったので、現存する約3700本のうち158本が伐採されることになりました。その中には、妙ちくりんな姿で人気者の通称、「ストンピー」も含まれます。うちにも、DCに住んでる頃に撮ったストンピーの写真が何枚もあるわ… そっか、ストンピー君も伐られちゃうのか…

 伐採された木はマルチになって、ワシントンにある国立植物園に巻かれるそうです。その桜達に代わる新たな苗木を送るというのが、今回の趣旨。112年前の桜達はオリジナルじゃないって聞いたことがあるでの調べたら、最初に1910年に送られた2千本は害虫にやられて焼き払われ、二年後の9012年に再び贈られのでした。参照元は、「THE FORGOTTEN STORY OF WASHINGTON'S CHERRY BLOSSOM(ワシントンの忘れられた桜のストーリー)」です。

stumpy.png
哀愁のストンピー

 岸田さんの存在感は薄くとも、せめて桜たちは日本の存在を主張しておくれ… だって、日本が桜くれるんだって!って方が、首相訪問・共同声明よりずっと大きく報道されてるんだもんw



応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
Profile

sirowaniko

Author:sirowaniko
アメリカ生活も30年超え、NY、MA、DC、TX,CO、CA、OHを経て、今は南部のジョージアに犬猫と住んでいる普通のおばさん。蚊と蚤とトランプ一味以外の生き物が好き。

Link
Ranking
押してくださると勇気凛々です。
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Latest journals
Category
Latest comments
Search form
Monthly archive
Display RSS link.
QR code
QR