FC2ブログ
HOME   »  時事  »  アメリカ中西部の現実

アメリカ中西部の現実

やきもきさせられましたが、中西部アイオワ州党員集会の中間集計結果が発表されました。予想外に、最も票を集めたのは、若手のブティジェッジ氏で僅差でサンダース氏が追うという結果でした。他の有力3候補が70歳超の中、38歳のブティジェッジ氏に期待したいのは私も同じなのですが、ゲイであることを公言している彼に票が集められるか… 保守的な南部の黒人票を集められるのか、微妙過ぎて、不安で泣きそうです。

 他の3候補が大御所的地位にあるのに比べ、ブティジェッジ氏の経歴は、インディアナ州サウスベンドの元市長というローカルなもの。もちろん、それまでは全く無名といってもいいほどだったオバマ氏が、大物中の大物、(ヘンな副大統領候補を選んじゃったというへまをやらかしたとはいえ)マッケイン氏を破ったのですから、断言はできませんが、トランプを破るには不安要素が多いと思います。

 アイオワ州で、一生懸命票を数え直してたその頃、トランプは弾劾中にもかかわらず国民に向けて一般教書演説。慣習に反して、ナンシー・ペロシ下院議長の差し出した手を無視するという子供っぽい態度を示し、一般教書の内容は、まるで選挙のキャンペーンのような自画自賛。ペロシ下院議長は、抗議を示したのか、演説原稿を破り捨てましたが、今日の会社のカフェテリアでは、ペロシ議員を非難する声が。トランプが先に握手を拒んだのが子供っぽくない?と、言ったら、拒んで当然だ、誰もペロシと握手なんかしたくない、大統領に対して失礼だ等々、言われてしまった…orz 

 民主党候補の、アイオワでの候補についても、大学の学費免除について、「学費も払えないのに勝手に大学に行って、私たちの税金で借金を返そうなんて!という、怒りの声が聞かれました。これが、中西部のブルーカラーの真実です。まずは、最初の4年をオバマ政権のレガシーをひっくり返すことに専念したトランプ、既に十分に世界を混乱に陥れているのに、一体何をやらかすか… 恐ろしくてなりません…

20200205-00000080-kyodonews-000-view.jpg
原稿を破るナンシー・ペロシ姐さん


にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村
面白かったら押していただけると嬉しいです


関連記事
スポンサーサイト



Comment
こんばんは。
原稿破っちゃいましたね(笑)
報道観て思わず笑っちゃいました^^☆
JUNxxxさん
さすが姐さん!と、拍手しちゃいましたよ。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

sirowaniko

Author:sirowaniko
アメリカ生活も30年超え、NY、MA、DC、TX,CO、CAを経て、今はオハイオに犬猫と住んでます。蚊と蚤とトランプ一味以外の生き物が好き。

Link
Ranking
そうだ、そうだと思われたら押して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ


ニュースランキング
Latest journals
Category
Monthly archive
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Latest comments
Search form
Display RSS link.
QR code
QR