FC2ブログ
HOME   »  時事  »  オーストラリア森林火災、遂に鎮火

オーストラリア森林火災、遂に鎮火

 新型コロナウイルス、アフリカ東部のサバクバッタ大量発生による食料危機、イギリスのEU離脱の影響もまだ先が見えず、その陰に隠れて北朝鮮が何をしてくるかわからない。世界中で、困難な局面が多発している中、オーストラリアの森林火災で、被害が最も深刻な東部ニューサウスウェールズ州の消防当局が、豪雨にも助けられ、14日までに「すべての火災を封じ込めた」と、事実上の省察宣言を行いました。

 この森林火災は2019年9月ごろから拡大、この半年弱で33人が亡くなり、コアラやカンガルー等々、10億頭以上の動物も犠牲になったと言われています。消失された土地は、約12万平方キロメートル。これって、日本の面積の3分の1に当たるんだって!(@_@) いくら国土が広大とはいえ、想像を絶する範囲が燃えてしまった。

 あれだけ煙がもくもく上空に上がっていたら、大雨になって降りてくるのは必至だったとはいえ、自然の偉大さに、今更ながら畏怖を感じます。ともあれ、本当に良かった!!でも、灰や消火のために使われた化学製品が、海に流れ込んで、今度はサンゴ礁や海洋生物に影響を与えないのでしょうか?そこも心配です。

Koalas-by-Bruce-Plante-Tulsa-World-.jpg
気候変動を止められるのは、君だけなんだ!


 本当にその通りだと思います。温暖化は、地球の周期が温暖期だからだ、という説も聞きますが、たとえそれが本当でも、人間の活動が温暖化を急進化させているのに疑いはありません。気候変動や温暖化なんてフェイクだ、って人を、私は信用できません。工業国に住む一人一人が、意識的にできるだけ、自然に負担をかけないよう心がけることも大事ですが、個人が出来ることには限りがあります。企業の影響も見過ごせませんが、結局は、各国政府の倫理観に頼るところが大きい。

 日本も、夏は年々、暑くなっています。私が中学生の頃は、部活で何時間も水を飲まずに炎天下で運動してたけど、今ならバタバタ死ぬと思う。冬も、大阪で雪が降ることなんてめったになかったのに、この頃は毎年、大雪になる。何かが変わっているのは確かなのに、日本政府は先導を切って対策をしているでしょうか?アメリカに関しては、現政権は笑止。何とかしなきゃって、焦る気持ちばかりが募るけど、私には何が出来るのか...

 結局、毎に津、車で通勤してるし、飛行機にも乗るし、プラスティック製品だって使ってて、減らすのが難しい。口ばっかりで、大きな行動を起こせない。なかなか苦しいです...

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村
面白かったら押していただけると嬉しいです

関連記事
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

sirowaniko

Author:sirowaniko
アメリカ生活も30年超え、NY、MA、DC、TX,CO、CAを経て、今はオハイオに犬猫と住んでます。蚊と蚤とトランプ一味以外の生き物が好き。

Link
Ranking
そうだ、そうだと思われたら押して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ


ニュースランキング
Latest journals
Category
Monthly archive
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Latest comments
Search form
Display RSS link.
QR code
QR