FC2ブログ
HOME   »  時事  »  さよなら、ホールデン

さよなら、ホールデン

 ラジオで聴いた話。ゼネラル・モーターズが、オーストラリアとニュージーランドの販売、設計、エンジニアリング事業を段階的に縮小していき、2021年までには、傘下の「ホールデン」ブランドを廃止するそうです。かつて、オーストラリアを走る車の5台に一台はGM(ホールデン)製だったそうですが、今では5%以下。日本と同じ、右ハンドルのオーストラリア、ニュージーランド用に仕様の違う車を作るより、止めちゃった方がお得との判断らしい。

 また、タイにあるGM工場も、中国の長城汽車(GWM)に売って、東南アジアでの事業からも撤退同然。2014年に就任した、何を置いても利益が一番、儲かりまっか!な、大阪のおばちゃん気質のメアリー・バーラCEOの、非情な路線、ブレませんね。買収されたタイの工場はともかく、オーストラリアでは失われる雇用は828人だそう。GMのHPによると、オーストラリア国内には工場が2か所。下請けも入れれば、この程度では済まないのかもしれないけど、工場2か所で800人レベルって、OEMとしては随分と小規模ではないでしょうか?そこまで、生産が縮小されていたってこと?

 GMは、市場をアメリカと中国に集中するって魂胆らしいけど、中国経済の成長が減速化し、そこへがコロナウイルスで大きな打撃を受けている現状を鑑みると、今後しばらく、中国市場の成長は見込めないんじゃないのかな?って、思うんだけど… 中国内での国産車は成長しつつあるし、だいたい、GMもフォードも、北米内でしか生き残れないんではないのか?つく言ってる車も会社自身も、図体だけデカい木偶の坊ではないかと。その点、ダイハツ、スズキにスバルと提携したトヨタは、デカいけど、お相撲さんみたいに、動けてパワフルって感じだけど、日産は青息吐息、ホンダも、開発部門を本社と統括したり、下請けを合併させたりと奮闘してますが、売り上げはジリ貧気味…

 グローバル市場が、ものすごい勢いで変わりつつある現代では、どれだけ早く適応できるかが勝負だって気がします。日本が、世界市場にどんどこ進出していって、「Japan」という一大ブランドを築き、世界の技術をリードした時代を知る世代としては、日本の進化を応援したい。超応援したい!



にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村
面白かったら押していただけると嬉しいです

関連記事
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

sirowaniko

Author:sirowaniko
アメリカ生活も30年超え、NY、MA、DC、TX,CO、CAを経て、今はオハイオに犬猫と住んでます。蚊と蚤とトランプ一味以外の生き物が好き。

Link
Ranking
そうだ、そうだと思われたら押して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ


ニュースランキング
Latest journals
Category
Monthly archive
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Latest comments
Search form
Display RSS link.
QR code
QR