FC2ブログ
HOME   »  時事  »  かたつもりのネバネバがあれに効くらしい!

かたつもりのネバネバがあれに効くらしい!

 これも、通勤中にラジオで聴いた話。気温が高く、雨量も多いタイではふんだんなカタツムリ、かつては、穀物をダメにする厄介者と見なされていたけれど、今では金の卵を産むアヒルならぬ、金の粘液を出すカタツムリカタツムリとして、巷で育成が流行っているそう。

 と、言うのも、カタツムリが這った後に残る、あのネバネバが、コラーゲンたっぷりのアンチエイジング製品として高価で取引されているそうです。その商品価格、同じ重さの金と同等だって。確かに、小さな小瓶一個分の粘液を集めるだけでも、物凄い数のカタツムリが必要でしょうものね。

 抽出の仕方は、タイヤで飼っているカタツムリの粘液を集めたり、ちょんちょんとつついて粘液を出させたりだって。それって、カタツムリを虐めてるんではないかという質問に、タイの化粧品会社のカタツムリ大好きという担当者は、カタツムリは敏感で、少しの刺激でも粘液を出すけど、ちょっと煩わしいなって程度で、痛みは感じていない。とても大切に育成されているし、世の中には、カタツムリを食べる輩もいるが、俺は絶対に食べない!と、力説していました。インタビューされたカタツムリ博士も、カタツムリが好きで長年、研究してきたけど、過去には、なんでカタツムリ?って、バカにされてたけど、この頃はいろんなとこから問い合わせが来るそう。 

 先の化粧品会社で、取材者が、じゃ、このカタツムリを顔に這わせてもいい?って、聞いたら、ちゃんと粘液を消毒しないと、どんなウイルスや菌が付いてるか分からないからダメー!って、止められてました。その辺で、カタツムリを捕まえてきて、這わせりゃいいってモンではないらしい…けど…


 まじですか?!と、思って、家に帰ってから「カタツムリ アンチ・エイジング」で調べてみたら、2011年には既に、韓国コスメとして、知る人ぞ知るって存在だったようです。確かにラジオでも、アジアを席巻中、韓国や中国での売れ行きがよくて、需要に間に合わないって言ってたわ。それを今更、取り上げるのって、またアジアの異質さネタみたい(過去記事、コロナウイルスで東洋人差別が表面化」「も見てください)で、なんかなぁ…だわ。

 ちなみにアメリカからも、eBayやアマゾンで買えます。今日のニュースを聞いて、まぁ、私も買ってみなくっちゃ!って感じじゃなかったけど。私としては、カタツムリを食べるのもヤだけど、顔に塗るのもイヤだわ。

cute-snail-cartoon-vector.gif
私的美しいカタツムリのイメージ


にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村
面白かったら押していただけると嬉しいです

関連記事
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

sirowaniko

Author:sirowaniko
アメリカ生活も30年超え、NY、MA、DC、TX,CO、CAを経て、今はオハイオに犬猫と住んでます。蚊と蚤とトランプ一味以外の生き物が好き。

Link
Ranking
ご賛同いただけたら押してくださると勇気凛々です。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
Latest journals
Category
Monthly archive
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Latest comments
Search form
Display RSS link.
QR code
QR