FC2ブログ
HOME   »  時事  »  今、生きているアメリカは現実なのでしょうか?

今、生きているアメリカは現実なのでしょうか?

 コロナ禍の収束も未だ見ないのに、新たな問題に直面しているアメリカ、全米で抗議活動と、それに乗じた暴動や略奪が勃発しています。オハイオの田舎に住んでいると、それらは別の世界の出来事のように思えてしまうのですが、SNNを見れば、近しい人たちが実際に、危険なため会社から自宅待機の命が出たり、家の近くで暴動があったり、家の近くで暴動があったと伝えらると、急に生々しく感じられます。

 首都、ワシントンD.C.では、ホワイトハウス前でのデモ活動が報道されています。トランプはホワイトハウスの明かりを消して地下に隠れました。一方、民主党大統領候補のバイデン氏は、ミネアポリスの現場に赴き警官に殺害されたジョージ・フロイドさんを悼み、抗議者と共に跪きました。それでも未だ、トランプを支持する人がいるが不思議です。

 アメリカでは、4月の犯罪発生率が史上最低でした。皆が家に籠っていたのが大きな要因でしょうが、1200ドルが支給され、その上、失業者には失業保険プラス毎週600ドルを支給されていたのが功を発したのでしょう。トランプの支持率も政権史上最高を記録しました。トランプ政権の失策が感染者、死者を増やし、アメリカの健康と経済を貶めたにも拘わらず、小切手をくれる大統領は、いい大統領なのです。

 トランプの謳った検査拡大は散々たる結果で、いまだ目処すら立っていません。エピデミックに備えた連邦政府の緊急備蓄はゼロ、医療従事者を守る個人保護具は全く足りない。オバマ政権時に準備された国家安全保障会議による健康安全保障関連機関は全て解散させられており、3000万ドル規模の政府危機対応基金も無くなっていた。国民皆医療保険精度が撤廃され、保険を持たない低所得層は医者に掛かるのを躊躇して、感染拡大に繋がった。

 一方で効果のない、むしろ危険な情報を自ら垂流し、実際に助言に従って死者を出している。今のコロナによる死者の数は、過去の朝鮮、ヴェトナム、イラク、アフガニスタン戦争の米軍人死者数とほぼ同じだそうです。トランプは、中国を非難することで、国民の目を自分の失策から背けようとしました。

 日本では、一部の声の大きい人の中には、トランプが中国を性際してくれると期待し、バイデンを弱いと信じている人もいるようです。一体、その根拠は何なのかは、私には全く分かりませんが。トランプが中国にしてきたことは、実際に自分が交渉の場に立つことなしに中国からの輸入品に25%の関税を掛けて国内産業を困窮させた以外には、離れた場所で罵り、脅すだけです。他の、自分の発言の重みを全く理解していないツイッターで垂れ流している事柄と何らの違いはありません。何か自分の得になることを中国共産党が提示したら、直ぐに掌返して「すばらしい」を連呼するでしょう。コロナ対応に関して、習主席を絶賛していたことをもう忘れたのですか?

 民主党を中国寄りだとする人々の根拠は何でしょうか?確かにクリントン政権は、中国を優遇しました。未だ新興国であり、将来的にアメリカにとっての巨大市場になり得る(実際、なった)国を成長させるためです。民主党=中国寄りとする人々は、当時の世界情勢を知らない近視眼的と言わざるを得ません。ブッシュ政権は、イラクとの戦いを重点視し、中国とか勝手にやってて、といおうスタンスだった。オバマ政権は、特に中国寄りでもなければ、特にどの国とも親交を深めはしなかった。長年、アメリカ政府が庇護してきたイスラエルとも距離を置いた。

 そして、バイデン氏の他国をも含めた連携を主店に置くのに対し、トランプは損得と力が全てです。常に弱腰とバイデンを非難するトランプは、逆に自分を独裁者だと勘違いしているところがあります。本当に弱腰ならば、何十年も政界で生き残り、副大統領にまでなれたでしょうか?バイデンは古狸です。上手く、国内外のコネや専門家を利用していくでしょう。穏健派であることは弱さとは違います。そして、この、非現実的なアポカリプス的アメリカから脱却するには、トランプを落選させることは必須です。

puzzles.jpg

 
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村
面白かったら押していただけると嬉しいです

関連記事
スポンサーサイト



Comment
人種差別はいつまでも消えないものでしょうか。
オリンピックやスポーツ界で活躍する人々は白人でなくとも良しとして別格なのかな?
何か事件があると、暴動と略奪が起こる社会は病んでいますね。
早くトランプさん以外の人に大統領になって欲しいと秘かに思っております。
なっつばー様
トランプ世代は、まだ若いころに、 黒人は普通に差別されていた時代なので、この世代がいなくなれば、差別意識は少しは薄れるのかと思いたいけれど…根は深いようですね。
今、選挙をすれば、確実にトランプは負けるでしょうが、この熱狂が11月まで持つかどうか…

Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

sirowaniko

Author:sirowaniko
アメリカ生活も30年超え、NY、MA、DC、TX,CO、CAを経て、今はオハイオに犬猫と住んでます。蚊と蚤とトランプ一味以外の生き物が好き。

Link
Ranking
ご賛同いただけたら押してくださると勇気凛々です。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
Latest journals
Category
Monthly archive
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Latest comments
Search form
Display RSS link.
QR code
QR