fc2ブログ
HOME   »  時事  »  崖っぷち アメリカ中西部から

崖っぷち アメリカ中西部から

 ドラマのシーズン最後で、ハラハラ、ドキドキ、このあと一体どうなるの?で、続きはまた来シーズンという状態を、クリフハンガー(崖っぷち)と言いますが、今週は全米が、この崖っぷち状態に置かれているようなものです。私も、選挙前日から神経衰弱状態。今週は本社で大事な会議があり、準備や本会議の通訳で忙しく、少しは気が紛れましたが、頭ではアメリカ国民でもない私がオドオドしてどうする?!と、考えつつも、速報にホッとしたり、ショックだったり。休憩時のカフェテリアでは、ペンシルヴァニアが、ミシガンが、という会話が四方から聞こえ、ニュースを映すTVの前で立ち止まる人、携帯の速報を一心に見つめる人... かく言う私自身も、その一人なのですが。

 ラジオで耳に挟んだ話ですと、トランプ支持派と反トランプ派で分断されたアメリカでは、有権者の4割が、他方は極悪(evil)なわけではなく、単に誤った方法に導かれている(misguided)だけだと信じているそうです。じゃ、過半数は、自分と異なる意見の持ち主は邪悪な奴らだと思ってるんか?というツッコミはさておき、過去4年弱のトランプ政権時代の特徴は、トランプ的真実と言いますか、「フェイクの真実」という矛盾した言葉で表されると思います。

 就任式の観客数に始まり、コロナ軽視、ライバルのバイデンの腐敗から、進行中の不正選挙の主張に至るまで、トランプの言うことは何一つ信用できない。政治家が真実を偽るのは全く珍しくはないけれど、偽りを代替的真実と言いますか、明らかに嘘でも突き通す、嘘がバレても、それを恥とも思わない。証拠もない「真実」を声高にまき散らす。共和党は、トランプ弾劾で一人を除いた全員が、自分と自分を選んだ民衆の意思とは関りなく、党の方向性に盲目的に従う幇間になり果てている。

 候補者討論でも、ラリーでも、トランプはひたすらライバルを口汚く罵るばかり。結局、トランプ支持者は、そんなスタイルが好きなだけなんじゃないかって思う。派手に星条旗やトランプ支持の旗を翻し、銃器で相手を脅し、マスクをせずに鬨の声を上げるカウボーイ気取りの人々。トランプは白人至上主義者ではないと言い張る日本人は、ミシガンでのラリーの記録を聞いて欲しい。肉声で、白人ばかりの観客に対し「私たちは良い遺伝子を持っている、判るだろ?(We have the good genes, you know?)」と言っているのが聞けます。そして、それに大歓声で応える支持者も。

 バイデンさんが勝っても、これほどに互いを憎み合うようになってしまったアメリカの分断を終わらせることは無理だと思います。でも、更に崖を広げるのではなく、軌道修正方向に向けていくことはできるかもしれない。彼が副大統領だった、オバマ政権が目指したように。左派だ、共産主義だとトランプが喚くほどには、バイデン氏の政策は目新しくも、改革的でもありません。富裕層や企業の税率を上げ、国境の壁ではないインフラの整備や教育、健康に資金を費やす。科学を信じ、被害の増してきている気候変動による環境危機緩和に投資する。何より、彼は独裁者ではない。47年間の政治キャリアの中で築いた人脈を活かして采配を行い、アドバイスを受け入れるでしょう。他国との協調を取り戻すでしょう。中国に甘い、という意味ではありませんよ。むしろ、国際協調を通じて、中国への包囲網を狭めていくと思います。

デモ「クレージー」
democrazy.jpg
俺が勝ってる州の開票を今すぐやめろ!
俺が負けてる州は再集計を要求する!
うわー!選挙が盗まれたー!盗っ人だー!

 批判を承知で言わせてもらえば、コロナは悲劇でしかないけれど、もし、トランプ再選阻止の要因となったならば、歴史的に見れば救いなのかもしれない...


おまけの追記:ランチのときに、会社のカフェテリアのテレビでFOXが映ってて鬱陶しいなぁって思ったんだけど、午後の休憩時にはMSNBCにチャンネルが変えられてて、退社時に通ったときには、なぜかFood Networkになってたwww


にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村
押していただけると嬉しいです


 
関連記事
スポンサーサイト



Comment
胃が痛くなった、数日でしたが、今日、終止符となりました。悪夢の4年間がようやく終わってくれた。友人のペルシャ人とシャンペンで乾杯。
それでも、みんなが驚きを隠せないのがトランプをサポートする人間が存在する事。現実には国が分散されています。
その理由が、オバマ大統領から始まったのかはわかりませんがCNNのキャスターが涙した瞬間、非常に感動的でした。
山程、課題が残っているけど、ハリス氏が、一緒になって国を建て直そう。っておっしゃっていました。米国に、希望の光が見えている証。RBGに、この日を観ていただきたかった。
今日は、一日、この最高な勝利の余韻に浸っています。乾杯。
キャットラヴァー様
私は近所のスーパーで買物中にこの知らせを聞いたので、さっそく、祝杯用にボトルを一本買いました。梅酒w
 正直、未だにこれだけのアメリカ人がトランプに投票したのは驚きです。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

sirowaniko

Author:sirowaniko
アメリカ生活も30年超え、NY、MA、DC、TX,CO、CA、OHを経て、今は南部のジョージアに犬猫と住んでいる普通のおばさん。蚊と蚤とトランプ一味以外の生き物が好き。

Link
Ranking
押してくださると勇気凛々です。
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
Latest journals
Category
Latest comments
Search form
Monthly archive
Display RSS link.
QR code
QR