fc2ブログ
HOME   »  お出かけ  »  ホワイトハウスに初の保護犬!

ホワイトハウスに初の保護犬!

 いいお天気だなぁ...

 バイデン候補の過半数獲得が確定し、すっきりした気分の週末です。まー、不正があった、訴える、未だ逆転できる、最高裁に持ち込めば勝てるとジタバタしているのは、トランプ自身と日本の支持者くらいだって気もしますが、ここから結果がひっくり返ったら、国内がわや(←「わや」の意味:Wiblio辞書。使用例:もーわややわ~、そんなん、わややんか等)だけではなく、国際社会も黙ってないと思います。

 トランプ時代は、アメリカ大統領史上初めて、ホワイトハウスにペットがいませんでした極度にきれい好きなトランプは、ペットの存在が我慢できないのだそうです。「ワシントンで信じられるのは犬だけだ」という、有名な言葉もありますが、自分以外は犬すらも信じられないのかもしれません。

 26代セオドラ・ルーズベルト大統領以来、大統領は常に犬を飼っていました。F.ルーズベルト大統領のスコッチテリア、ファラや、ブッシュ父時代のミリーは、とくに有名なファースト・ドッグでしょう。ファラは「ファラ・スピーチ」でも有名ですが、ワシントンのルーズベルト・メモリアルにはファラの銅像があり、皆に撫でられて頭のてっぺんがピカピカ。ミリーは、最も世界の有名人に会った犬であり、バーバラ・ブッシュ夫人の「ミリー・ブッシュはファースト・ドッグ」は世界的ベストセラーになりました。

 バイデン氏と共に、ホワイトハウスの住民となるのは、ジャーマン・シェパードのチャンプくんとメージャーくん。メージャーくんは、栄えある初の愛護団体出身保護犬です。ジョンソン大統領は、ガソリンスタンドで拾った雑種のユキを飼っていたし、クリントン一家は、保護猫のソックスと共にホワイトハウス入りしましたが、愛護団体を通して養子になった犬のホワイトハウス入りは、メージャーくんが初めてなので、全米の愛護施設からお祝いされています。我が家の歴代犬たちも皆、米国動物愛護協会(ASPCA)かHumane Societyの保護施設から来たので、なんだか私も嬉しいわぁ♡ メージャーくんの人気が出れば、保護犬への目も変わるかもしれない。頑張れ、メージャーくん!


DSC00292.jpg
水面も静かです

DSC00287.jpg
秋ですねぇ

DSC00269.jpg
色の祭典

DSC00267.jpg
犬が笑っておる。因みにモカはロサンゼルスのHumane Societyから引き取った犬

DSC00290.jpg
犬も私も幸せ

DSC00266.jpg
本当にいいお天気でした



にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村
押していただけると嬉しいです

関連記事
スポンサーサイト



Comment
ワニさん、美人ですね。本当に、大江千里の妹みたい。
こちらも、11月だと言うのに今日は23度でした。
お写真、とっても綺麗ですね。州立公園かしら?ワンちゃんも、可愛い。中型犬?
午後から枝切り、落ち葉拾いをしてクタクタです。明日は、一日中、雨の予報が出ていました。
ブログ、楽しみにしています。
バイデンさんのファーストドッグのこと、テレビで見らるかな。
楽しみです。
オバマ大統領の時にはオーストラリアンドゥードゥルが一躍有名になりましたね。
ソックスくんは確か白黒猫さんだったような?
そういう話題はほっこりします。
敗北宣言が無いので、まだスッキリ感は無いのですが、交代に向けて準備は着々とすすんでいるのだとか。
各国の代表者もお祝いを述べたり、電話対談をしているというのに、いまだに前にすすめない方がいるのですよね。
ヒラリーさんが潔く敗北宣言をしたときには、褒めていたはずなのに・・・。
日本に居るトランプさん支持者ってどんな人たちでしょう。
テレビや新聞にはそういった人たちのことは取り上げられていないのです。
熱狂的なトランプ派が日本に居るということにびっくりしています。
キャットラヴァーさま
キャ~、おだてられ撃時に登っちゃいますよ~
こちらも、昨日の雨から寒くなってしまいました。週末は本当に暖かくて素敵でしたが。

場所は市内の、貯水池の周りをぐるりと回る遊歩道で、短いお散歩にはぴったりの場所です。

枝切り、落ち葉拾い、ご苦労様でした。アパート住まいのいい所は、芝刈り、雪かき含め、お家の手入れをしないで済むところです。
なっつばー様
オバマさんは娘さんにせがまれて犬を飼ったんでしたよね。保護犬も考えらけど、娘さんがアレルギーを持っているので、抜け毛の少ない犬じゃならなかったとか。
ソックス君は、その名の通り、靴下をはいた足の白い黒猫さんでした。
とってもハンサムなメージャーくんも、日本のメディアで紹介されるといいなv

トランプさんは未だ負けを認めていませんが、バイデンさん側はお構いなしのように、どんどん後退準備を進めています。トランプに対して何のコメントも出していないのも、「あんたが何を言おうが、俺たち気にしてないから」みたいで、なんか面白い。こちらのニュースでは、票差が大きすぎるのでどう頑張っても、結果がひっくり返る可能性はないと言っていますが...

私は日本のニュースは新聞社のサイトかYahoo!Japanのサイトでしか追ってないので、木村太郎氏のような著名なジャーナリストや、ニュースに対するコメントで、トランプ支持が多いのに驚きます。中国に対して強気に出られるのはトランプだけで、バイデンは中国とズブズブとか。
 日米マスコミは、トランプの悪い所を誇張して伝えているというのも、彼らの主張です。自称、アメリカ在住のコメントも、私も周りは隠れトランプです、とか、日本の方が「隠れトランプ支持者」が多いのかしらん??
結局は、相当な数のトランプさん支持者が居るのですから、そういうこともあるんでしょうね。
何だか日本の人は、自国の総理大臣のことよりアメリカ大統領選の方が気になっているみたいに見えました。
やっぱり自分たちで選べるからかな。
私はトランプさんの演説を聞くと不愉快になってしまいます。(-_-;)
あの映像も悪いところの抜粋だったのかしら?
ファーストドッグ、楽しみです。
そういえば日本の皇室でも飼われているのはMIX犬でしたね~。
なっつばー様
天皇家の飼い犬は皇居にいた野良犬って聞いた事があります。素敵ですね!
そういえば、日本では皇嗣の令(?でしたっけ?)があったのに、なんだかニュースがアメリカ大統領選挙の記事ばかりで、え?あったんだ??って感じでした(失礼しました~)

バイデン圧勝の予測に反して、トランプも多くの票を集め、それだけ支持する人はまだまだ多いという事が判明しましたが、4年後にはイヴァンカが立候補するなんて声もあり(@_@)
私もトランプの話し方も声も嫌い~!
ラジオで出てくると局を変えてしまいます。どうせ内容も、嘘と自画自賛と自分に賛成しない人に対する罵詈雑言ばかりだし。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

sirowaniko

Author:sirowaniko
アメリカ生活も30年超え、NY、MA、DC、TX,CO、CA、OHを経て、今は南部のジョージアに犬猫と住んでいる普通のおばさん。蚊と蚤とトランプ一味以外の生き物が好き。

Link
Ranking
押してくださると勇気凛々です。
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
Latest journals
Category
Latest comments
Search form
Monthly archive
Display RSS link.
QR code
QR