fc2ブログ
HOME   »  コロナ関連のニュースと感想  »  アメリカへのコロナ影響は今後何十年も続くと思う、その理由

アメリカへのコロナ影響は今後何十年も続くと思う、その理由

 アメリカは今週木曜日に、日本のお盆みたいに家族が集まる一大イベント、感謝祭を控えています。いくら、ドクター・ファウチが、今年は一緒に住んでる家族だけでこじんまり祝おう、わざわざ恒例の両親や祖父母にコロナ感染させないようにって口を酸っぱくしても、既に空港がごった返している。感謝祭の翌日、ブラックフライデーには、多くの人がお店に殺到することが予測されています。もうね、GoToレベルじゃない密、しかもマスクしない大衆がごった返し状態で、来月初めにはまた、感染急増があるんではないかと…

coronaturkey.jpg

 一度は限定的に学校の対面授業を開始した州も、次々と再閉鎖を発表し、学齢期の子供を持つ同僚の中には、安堵の溜息を漏らす人あり、というのは、中高生の子供が半ば不登校になってしまい、登校日にも行きたがらないらしい。物理的に登校日が足りないと留年だけど、少なくともオンライン授業を受けるふりさえしていれば留年は免れるので、それがベストじゃないことは分っていても、留年して、そのまま中退して欲しくない切羽詰まった親を、一般論で攻められないと思う。

 登校が面倒、学校に行っても友達とつるめなくてつまらない、部活が出来ない、コロナ感染がこわいから学校に行きたくない。そういった話はニュース等では聞かないけど、表立って目立たないだけで、そういう例は潜在してそうです。何か月も家に居て、オンラインクラスの合間にゲームしたり、朝ゆっくりできる暮らしに慣れちゃった十代、元の生活に戻るの難しそう。もし私の息子たちが高校生だったら、学校に行かせるの苦労しそうだし、オンライン・クラスだって真面目に取るかどうか… だいたい、私自身が中高生だったら、怠け癖ついて朝起きられなさそうだしぃ…

 目に見えないところでも、コロナの悪影響は積み重なっていそうです。失われた一年が、現在学童期の子供たちの将来にどんな影を落とすのか…ネットやコンピューターへのアクセス、学校側の取組み、親も自宅勤務のホワイトカラーの家庭と監視の及ばない家庭、様々な格差が将来的に影響を及ぼさないはずはないと私は思うのですが…
 
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村
押していただけると嬉しいです

関連記事
スポンサーサイト



Comment
私も、丁度、同じ事を考えていました。
それと、感謝祭が終わった後に、ロックダウンになるんじゃないかって不安です。最近、テニス仲間のフロントマンが、かなり気おつけていた紳士だったのに、先週,無症状感染していました。年齢が87歳。すごいでしょ?ピンピンされています。本人も、何処で感染したのかわからない感じで、おどろいていました。私は、6週間近く、彼とは違うコートでプレイしていたので、感染の心配はないのですが、彼と一緒にプレイしていた3人は、自己隔離中。このまま行けば、米国は人口が半分に半減するんじゃないか?って心配です。このウイルスのテストを受けるだけで、’$138払わなくちゃいけないらしく、医療保険のサポートがない人々は、テストを受けられない状態です。米国のこの医療保険のシステム、本当に深刻です。みんなが健康保険制度を受けいられることになったらいいのに。って、今回つくづく思いました。
あの方が、いまだにごねているし、国民がどんどん苦しんで、子供達の中には、親を失っている子達だっているのに、何をやっているんだか、ゴルフを楽しんでいて、国民の苦しみ、恐怖を考えたり、理解しようとしていないのがあの方です。さっさとホワイトハウスから出て行ってもらいたい。
感謝祭を、リラックスされてお過ごしください。
キャットラヴァーさま
1年以上が過ぎて、少しは周りが落ち着き、心穏やかに過ごされておいででしょうか?

87歳でテニスが出来るほどにお元気なのに、コロナに感染されてしまったなんて、なんだか残念です。小お嬢はないとのことなので、このまま、免疫が付いて元気にプレーできるといいですね!テストが高価なので、無症状のまま、実は罹っていましたと言う人は潜在的に沢山いそうです。それでも、これからのホリデーシーズンは不安です。日本では、とうとうコロナによる死者が2千人を超えたと騒いでいるのに、アメリカじゃ、一日の死者が2000人超えですもの!それこそ、保険が無くてお医者にかからないまま亡くなって、コロナ被害者に数えられていない人数も実は多そうです。

相変わらずトランプはごねているけど、未だに選挙不正とか逆転を訴えてるのってトランプとジュリアーニ、それに一部の日本人だけじゃないかしら?今のところ、バイデン氏が
発表する政策は、安心できるものばかりです。本当に良かった...

キャットラヴァー様も心穏やかな感謝祭の休日をお過ごしください!

きゃっとらb 
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

sirowaniko

Author:sirowaniko
アメリカ生活も30年超え、NY、MA、DC、TX,CO、CA、OHを経て、今は南部のジョージアに犬猫と住んでいる普通のおばさん。蚊と蚤とトランプ一味以外の生き物が好き。

Link
Ranking
押してくださると勇気凛々です。
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
Latest journals
Category
Latest comments
Search form
Monthly archive
Display RSS link.
QR code
QR