fc2ブログ
HOME   »  時事  »  馬脚を見た

馬脚を見た

 ウクライナのゼレンスキー大統領が、米議会でオンライン演説を行いました。曰く、「1941年の(日本による)真珠湾攻撃を思い出してほしい。空が戦闘機で黒くなった。(2001年の)米同時多発テロを思い出してほしい。空からの攻撃で、街が戦場になった。」

 日本人として、かなりムッと致しました。なんとも浅薄な発言だと思います。ヤフーで、これを伝える記事の下に続く、日本の「識者」の皆様の、素晴らしい演説との賞賛にも、大いに白けました。(上記の引用含め、ヤフー・ジャパンのニュースより

 昨日、ロシアの一般の皆さんが上層部の決定に振り回されて困窮するのは、戦時中の日本同様です。ロシア人一般やロシア文化を憎みたくないという気持ちを書いたばかりですが、80年近くも経って、未だに国全体が世界の悪党扱いされるとは無念。

 「1941年の(日本による)真珠湾攻撃を思い出してほしい。」って、そんなの、実際に当時、真珠湾にいて、思い出せる思い出せる人間なんて、世界中に2桁いないでしょう。また、軍事施設を狙った真珠湾攻撃と、一般人を標的にした卑劣さでは同等とはいえ爆撃でも無ければ街が戦場になったわけでもない9/11を、比較対象にするのは的外れだと思います。爆撃されて、街が戦場になり破壊されて、子供たちを含む民間人が被害を受けたのは、パリやロンドン、そしてドレスデンや、東京、大阪、名古屋等です。ハワイやニューヨークは違います。

 ロシアを批判したければ、その対象だけに正義を論じればいい。わざわざ、無関係な日本や9/11を持ち出すことに、一体、何の意味があるのでしょうか?アメリカ人には訴えやすいのかもしれません。アメリカ人にも当事者意識を持って欲しいとの意図なのでしょうが、今、国際社会に助けを求める中で、あたかもアメリカだけが救済者であるかのように訴えているように思えます。日本でも演説を希望しておられるとのことですが、原爆や東京や名古屋棟を焼け野原にしたことに触れて、アメリカ様を嫌な気分にすることはできますか?所詮、日本を甘く見ているのではありませんか?

longtime.jpg
「プーチンが国全体を破壊するのには、長くかからなかったな」
「そうだ!ウクライナは大変だぞ!」
「いや、ロシアのこと言ってんだけど」


 私の父は、長崎で被爆しています。親戚中で癌で亡くなった人は全くいませんが、もし私や妹が癌に罹ったら、それはアメリカのせいだと信じています。77年に渡る恨みです。


応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



Comment
あの演説、正直、しらけました。
そして、9/11や真珠湾攻撃の話を出してきたけど、どうして、あのコソボやセルビアの80年代の戦争を持ち出さなかったのか不思議です。
日本がとんでもないことをしたのは中国や韓国に対してかな。東南アジアも含むかも、、。真珠湾攻撃は日本としてもとんでもないことをしてしまった。おかげで米国の参戦を招き日本は世界の悪者にされ一気に敗戦に結びついた歴史はある。狂気とかした日本軍部の乱れが露見した例の一つだけどね。これは認めるにしてもアクライナの現状を語るのに例に出すような事例ではない。アメリカをあてにし、ポピュリズムに便乗した安易な思慮の足りない部分かも。全てを聞いわけじゃないからなんともいえないけど。
ロシアとウクライナのことをいうならこの漫画、よく言い当てていると思う。
僕も、え?それを言っちゃうの?って思いました^^;
ちょっとチャーチルがウケたからってねぇ。
真珠湾攻撃を持ち出したと言うのは意外でした。デリカシーに欠ける発言だと思いましたが、支援を求めるウクライナの大統領は、今回のことと真珠湾攻撃を同じように捉えているということなのでしょうね。
僕が子供の頃に大好きだった「タイム・トンネル」という海外(アメリカ)ドラマがあって、一昨年、DVDを買ったら、日本未放送の回が含まれていて、ちょっと衝撃を受けました。僕が夢中になって応援していた主人公の一人が、真珠湾攻撃の前夜にタイムスリップし、目の前で日本の空爆にあった父親(海軍少佐)を亡くすという内容でした。ドラマチックなエピソードだったのですが、さすがに日本人の視聴者感情を考えると未放送になったのもうなずけます。戦争がらみの手出来事は国が変われば国民感情も違ったものになる……そんなふうに感じたものですが、今回のウクライナの大統領の演説(引き合い)で、同じような気持ちが蘇りました。
真珠湾攻撃を語った人が、日本でどんな演説をするのか聞いてみたい気もします。
キャットラヴァー様
イギリスで第二次世界大戦時のチャーチルの言葉や。シェイクスピアの引用がウケたから、アメリカでは911と真珠湾、という安易な考えなのでしょうか?じゃあ、日本なら?が、多きに期待(?)されます。このままコウモリ外交を続けていては、真の信用は得られないでしょう。そこまで考えてないのかな?
CHIBI様
真珠湾攻撃にしても、アジア征服に乗り出した暴挙の数々にしても、日本の非を否めることはできません。ですが、ナチスを共通の敵としてスケープゴードにできるドイツとは異なり、日本人全員が未だに罪を背負い続けねばならないのか、という疑問を、私は拭うことが出来ません。正に狂気と化した一部によるプロパガンダと嘘が国民を巻き込み困窮に陥れた状況は、今のロシアと比べられるかもしれませんが、真珠湾で訴えかけるのは、個人的には安易だと言わざるを得ません。
 今度はドイツ議会に対して、ドイツを批判したそうですが、そもそも調子に乗ってプーチンを挑発した経緯も忘れるべきではないと思います。
 ともあれ、今は何よりも、ウクライナの人々、そしてロシアの一般民衆の安全が第一。ゼレンスキー大統領が訴えるのは、武器の供給などの戦争への加担が含まれますが、ここは、アメリカを含め各国には慎重に、人道的見地からの支援を見極めてほしいと願います。

この漫画、携帯を持っている兵士はロシアの崩壊を語り、一方はウクライナの崩壊だと思っていた。秀逸だと思いました。
JUNxxx様
ラジオで聴いていたのですが、「はぁ?」なりました
日本の若いどこやら大学の助教や自称ジャーナリストのみならず、戦中派の親を持ついいトシの「識者」まで、戦略家だとか言って褒めだしたのは、トランプの「プーチンは天才」並みの違和感があります。こういうのを八方美人ゆうのと違うんかと。
星谷様
こちらでも、もう何年も読み逃げ常習犯です。
ああ~!ごめんんさ~い!!!

かつて、ワシントンDCに住んでいた頃、原爆の展示を巡って、スミソニアンの航空博物館の館長が辞任に追い込まれたことがありました。原爆被害展示の企画に、退役軍人を中心とする団体が反対し、結局、館長が責任を取らされました。その時にも、そもそも真珠湾で奇襲を仕掛けてきたのが日本だ、原爆によって日本は、これ以上の泥沼化を避け、結果、被害を抑制できたのだという主張でした。
 ハリウッド映画を見ても、最近では、原爆投下時に穴に潜ってたから大丈夫なんてやった「ウルバリン」等、原爆被害については、本当の重篤さが伝わっていないと思います。
 日本でも、スペル星人が封印されたまま未だ直視の難しい問題となっている気がします。被爆した亡父は、原爆の事を離したがりませんでした。
 日本人としては、過去の過ちは「二度と繰り返さない」と誓いつつ、静かに記憶が、痛みが薄れていくのを見守りたい気持ちなのに、またほじくり返された、しかも、てんで当て外れな批判で、と、思ってしまいます。
なっつばー様
ホント、日本での演説が楽しみですよね!!
混乱を招くとかって腰の引けた日本の政治家さんたちに断られちゃうかもしれませんが。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

sirowaniko

Author:sirowaniko
アメリカ生活も30年超え、NY、MA、DC、TX,CO、CA、OHを経て、今は南部のジョージアに犬猫と住んでいる普通のおばさん。蚊と蚤とトランプ一味以外の生き物が好き。

Link
Ranking
押してくださると勇気凛々です。
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Latest journals
Category
Latest comments
Search form
Monthly archive
Display RSS link.
QR code
QR