fc2ブログ
HOME   »  時事  »  一か月過ぎれば日常に

一か月過ぎれば日常に

 ロシア軍がウクライナに侵攻して一か月、毎日に悲惨なニュースも慣れてしまって、以前ほど衝撃を感じない自分に驚いています。今日も、コロナ渦が収まって、過去二年間の間、式を挙げるのを待っていたカップルが一斉に式場を予約しようと押しかけ、全米で式場を抑えるのが困難というニュースの後に、ウクライナの最新ニュース。なんとも複雑な気持ちになりました。

 世界の目がウクライナ情勢に向きがちな中でも、世界では様々なことが起きており、北朝鮮は新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射テスト。通常軌道であれば米全土が射程内という性能を有することから、アメリカは今まで以上に重視し、ミサイル開発支援した露・朝企業・個人を制裁対象として追加しました。狂人の率いる国家の危うさが、茫然とした脅威から実体化したロシア軍の動きを見ると、北朝鮮だって、調子に乗って何をやらかすか、恐怖を感じます。プーチンも、北朝鮮も、「外交」の通用しない相手ですから。

 その外交の顔を恒久的に変えたクリントン政権時の国務長官、マデレイン・オルブライト氏がご逝去されました。米国初の女性国連大使、国務長官であるだけではなく、ナチス、次にチェコの共産党から逃れた経験を持つ元難民という特異なバックグラウンドを持ち、対ヨーロッパ外交で辣腕を振るいました。また彼女のような、突出した女性外交官は現れるでしょうか?

 RBJの後は、今まさに承認公聴会の最中のケタンジ・ブラウン・ジャクソン氏が継いでくれるものと期待しています。小児ポルノ犯罪者への求刑が軽かったことを後悔しているかいという質問に対し、「この、連邦最高裁判事を決める重要な聴聞会で、数件の、よりによって、この様な内容の質疑に時間を費やすことを遺憾に思っています」と、やったのは、うちの息子風に言えば、  Untitled.gif モーメントでしたね。実際に、彼女の与えた求刑は連邦の標準に沿っており、通常より軽かったという共和党の主張は、全くの言いがかりでした。

protectcriminal.jpg
あなたは犯罪者を保護したというのは本当ですか?

 国選弁護人だったんだから、グアンタナモの囚人を含む犯罪者を弁護したのは当然でしょう。それよか、象さん達(共和党)、国家規模の罪人を護るのもいい加減にしたら?
 

応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



Comment
KBJ氏がメガネの奥の涙を拭くシーンがニュースに映った時、ジョシュ・ホーリーに呆れてとうとう泣けてきたのかと思ってしまった(笑)
YOSHI様
ニュースで一部を見ただけで、内容もまとめを読んだだけなのですが、「女性とは何?」とか、本当に「うわぁ…(遠い目)」になりましたね。
KBJ氏も4、泣けてくるような場面、たくさんあったろうな…笑 
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

sirowaniko

Author:sirowaniko
アメリカ生活も30年超え、NY、MA、DC、TX,CO、CA、OHを経て、今は南部のジョージアに犬猫と住んでいる普通のおばさん。蚊と蚤とトランプ一味以外の生き物が好き。

Link
Ranking
押してくださると勇気凛々です。
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Latest journals
Category
Latest comments
Search form
Monthly archive
Display RSS link.
QR code
QR