fc2ブログ
HOME   »  時事  »  夢を売る商売

夢を売る商売

 先々週の陽気で蕾が膨らみかけていたのに、ま~た寒波襲来で雪降ってるの。いや~ね~ (´Д`lll) 「3月はライオンのようにやってきて子羊のように去っていく」って諺がありますが、いまでも居座ってるんじゃないぞ、ライオン!

 で、昨日、アカデミー賞の発表セレモニーが行われました(唐突に話題が変わるw)。

 以前は、レッドカーペット上の華麗なドレスも含めて楽しみにしていましたが、もう何年も中継は見ないで、翌朝に結果を見て「ほぉ、そうだったのか」と思う程度です。若者の興味が薄れ続けていることに加え、白人ばかりで多様性に欠けるとと批判され、更にここ数年はコロナの影響もあって、益々斜陽。TV中継の視聴率も年々右下がりだそうです。

 とはいえ、マーケティングに大きな影響を与え、LA市経済にとっても重要な収入源ですから、アカデミー主催側も、何とか挽回しようと迷走していますが、きらびやかなハリウッドが庶民の憧れや娯楽だった時代はとうに過ぎ去った。そんな中、今日のニュースを見るに、ウィル・スミスのクリス・ロック平手打ちしたことが、全米の話題になっている。普段、映画に全く興味のない同僚までが、昨日のアレ見た?と、話していました。注目浴びれてよかったね... よくない!

200.gif
ビシバシ、ビシバシ!(超うっとおしいな、これ)

 病気をからかうのは決して許されてはならない。でも一方で、暴力で対応するのも許しがたい。このようなハプニング(?)の直後に、今度は、スミスがアカデミー賞とって、おめでとう、良かったね、って、いくら結果は前以て決まっていたので仕方がないとはいえ、鼻白みだよね。こちらのご夫婦は、「オープン・マリッジ」とやらで、互いに相手の不倫を認め合っていると、去年、話題になって、アメリカではイロモノ的な見方をされているので、それに対して、こんなに妻を愛してるぞ、ってポーズもあるか?

 こういった私生活の事も含め、この頃は、スターの私は実はこういう病気に罹っています、とか、こんな過去がありましたという「告白」が流行っているようです。夢を売るのが仕事だった、かつてのグラマラスなハリウッドから、観客の共感を得る方向に転換しました。私生活がネットで漏れるご時世には、もうスター(星)とか、スクリーン・マジックとかは通用しないのでしょう。

 だから、実は私は脱毛症で、等の生々しさも、私たちも悩み苦しみ、あなた方一般ピープルと何ら変わりは無いのよと訴えながら、アカデミー賞出席のお土産は1700万円相当とか、訳わかんないし。アカデミーは今回のウィル・スミスの行動を非難していますが、今回の件で男を挙げたのがデンゼル・ワシントン。この後、ウィル・スミスは涙の謝罪したけど、その前にパーティーで上機嫌だったってバレてるし。このまま、オスカー剥奪等の懲罰を申し立てるアカデミーに対し、クリス・ロックがスミスを擁護し、二人で抱き合って和解して、
( ;∀;) イイハナシダナー
で、終わったりして。

 アカデミー賞なんて、所詮は内輪の皆さんがお互いに褒め合ってキャッキャウフフのイベント。私は未だ、映画見て、素敵な俳優さんや女優さんたちにポワ~ンな世代だから、中継は見なくてもアカデミー賞の結果やドレスの写真見て楽しいけど、今の若者世代には、ご近所の人気ユーチューバーの方が、ハリウッドスターよりカッコいい存在かも?
 
 今回の件は、黒人男性同士で起きましたが、これがもし、一方が白人で、もう一方が黒人だったら、全く違っていたのではないでしょうか?白人同士であっても同様で、黒人男性間の揉め事だから、世間の受け止め方に真剣さがあまり感じられないと感じるのは、私だけでしょうか。お昼に周りから聞こえてきた会話も、昨晩のあれ、面白かったわね、的で、面白おかしく話されている。どうせ黒人同士、やっぱり黒人だから... そんな意識があるんじゃないか... 黒人同士の「甘え」があったのではないか...

 本当に仕込みじゃなかったら、その後も平然とジョークを飛ばしてプレゼンターを務めたクリス・ロックは、プロだなって思った。 クリス・ロックは元々が炎上系のコメディアンですが、丸坊主ヘアスタイルが病気の所為と知っていて、同様に白人女性をからかいのネタにできたでしょうか?ウィル・スミスは、これが白人コメディアンの発言だったら、暴力に出たでしょうか?ちょっと、考えてしまいます。

 また、相手を徹底的にやっつけるアメリカン・ジョークはもう、今の繊細さん文化にはそぐわないことを示す象徴的な出来事だったのかもしれません。外観に対するジョークは、随分と影を潜めましたが、徹底的に敵をとっちめるジョークも、時代にはそぐわなくなっているかもと思っています。

 いつも爆弾で自爆しているコヨーテのワイリーに対し、ロードランナーはBeep!Beep!言いながら走っているだけで悪意はありません。でも、猫のトムを散々やり込めるネズミのジェリーは、明らかに悪意を持ってやっている。酷い目に合っているトム、ワイリーその他のアニメキャラクターは、ネズミに対する猫、鳥に対するコヨーテと絶対的強者だから笑っていいのでしょうか?アニメの世界だと侮るなかれ、アニメでも、ポリコレが叫ばれる時代です。かよわいお姫様が王子様に助けられたり、白人しか出てこない作品は、アニメでも許されなくなっています。白人でも黒人でも、皮一枚の違いやーん!なんて言った日には、袋叩きの上、社会的抹殺ですよ。

 日本では、かつてハゲはからかいの対象で、未だに少し名残が残っています。これ、今でもよく見る。
     hage_19.gif
デ~ブ~、デ~ブ~、百貫デ~ブ~、なんて囃そうものなら、どエライことになりかねない。クリス・ロックは時代遅れなジョークを飛ばしてしまった。それは大きな汚点です。でもね、本音を言うと、ハリウッドのスターなんて、どうせお化粧バリバリ、整形もして、胸だってシリコンなのに、かつら被るくらい何なのよ?って、思ってしまう。世界一美しい顔に選ばれたモデルさんが、14歳の時に鼻の手術しましたって告白した時も、もう三次元に夢を売る商売は消え失せたか...と、ガッカリしちゃった私は、やっぱ性格ひねくれてるかもね。



応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



Comment
待ってました、ワニさん節。
実は、私も、これが白人と黒人同士だったら?って思ってしまったし、クリスロックのジョークは不愉快だったけど、ジェッダは、強い女性なので自分できちんと落とし前ができていたと思うんです。リアルタイムで見ていて、一瞬、アカデミーのパフォーマンス?って思ったほど(ヤラセ)!本来なら、賞を得た全ての人々に注目が集まるはずだったのに、ウイルスミスとクリスロックが、ぶっ壊してしまった。カナシイできごとです。

人類が月に行けても髪の毛ひとつ生やせない(´・ω・`)。極音速兵器より毛生え薬発明した方がロシアも世界の人気者になれるのに。もっとも、ロシア製って聞くと身構えますが。自国民でもワクチンびびるのに。

スミス氏は平手じゃなくて、他のやり方で怒ったらよかったのにと、残念に思ったニュースでした。相手にパンスト被せるとか、バッテンマークのマスクかけさせるとか。

マスクは政治的意図勘ぐられるからダメか。
キャットラヴァー様
やっぱりキャットラヴァー様もそう思われましたか!(白人と黒人同士だったら)
ジェッダさんご本人が同じことをしてもマズかったのに違いは無いでしょうが、奥さんを侮辱されたからと抗議に出ること自体が、男は女性の庇護者であると主張しているようで、こちらも時代遅れだと思いました。

本当に、この騒ぎのお陰で、他の全てが吹っ飛んでしまい... ウィル・スミスは他の全ての関係者に対して謝罪すべきですよ。
home in my shoes 様
そうそう、コロナのワクチンは1年で作れるのに、普通のカゼの薬は無い、ロケットは飛ばせても、脱毛も水虫も治せない。虫歯だって削るか抜くしかない。本気出して、研究してんのかー!?って、聞きたくなりますね。

カッとしたからって、暴力はやはり絶対御法度ですよ。
しかも奥さんへの侮辱にキレたって、騎士道精神でも発揮したつもりでしょうか?むしろ、男女差別だって、アメリカでは受けないですよ~
 本当に、もっとしゃれた方法で返せばよかったのにね。マスクはだめだけどw
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

sirowaniko

Author:sirowaniko
アメリカ生活も30年超え、NY、MA、DC、TX,CO、CA、OHを経て、今は南部のジョージアに犬猫と住んでいる普通のおばさん。蚊と蚤とトランプ一味以外の生き物が好き。

Link
Ranking
押してくださると勇気凛々です。
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Latest journals
Category
Latest comments
Search form
Monthly archive
Display RSS link.
QR code
QR