fc2ブログ
HOME   »  Unclassified  »  シンシナティの博物館めぐり(写真多数)

シンシナティの博物館めぐり(写真多数)

 近代アメリカ史に興味のある息子、大学でも専攻の一つがアメリカ史でしたから、National Underground Railroad Freedom Center("国立地下鉄道自由センター)を楽しみにしていました。ところが生憎、数日前に排水管の故障があり、展示の半分は閉まっていました。印象の強い「From Slavery to Freedom(奴隷から自由へ)」の展示が見られなかったのは残念でしたが、若息子は「現代の奴隷」に関する展示が興味深かったそうです。私が初めて訪れた際の記事は、「国立地下鉄道自由センター」です。

 時間が余ってしまったので、Cincinnati Fire Museum(消防博物館)に行ってみました。ここも、クーポンで一人分の値段で二人入場できる小さな博物館です。昨日の警察博物館とはまた趣向が異なり、元消防署の建物に歴史的な消防車が集められており、消防車の大好きな子供達には最高に楽しい場所だと思います。

R_IMG_3135.jpg
馬車時代の消防車

R_IMG_3143.jpg
はしご車。マネキンが怖いよ

R_IMG_3136.jpg
昔のヘルメット、かっこいい!

R_IMG_3148.jpg
もちろん、コスプレもできるよ

 消防博物館の隣のブロックには、シンシナティ市庁舎。ここには素敵なステンドグラスがあると教えて頂いたので入ってみたかったのです。パブリックの建物なんだから普通に入れるでしょ、と、大胆な息子に続くと、丁度、公聴会が開かれていて自由に見学できました。まずはエレベーターで最上階に行って、ステンドグラスを見ながら階段を下りてくるのがルートだって。

R_IMG_3179.jpg
1853年築。堂々たる建物です

R_IMG_3182.jpg
南側に時計塔

R_IMG_3149.jpg
建物北側から

R_IMG_3166.jpg
ステンドグラスに大理石の階段。贅沢

R_IMG_3159.jpg
ステンドグラス

R_IMG_3155.jpg
オフィス側の階段も素敵

 ステンドグラスは各階に5枚セットのシンシナティ初期の歴史を描いたものが15枚、天井、そして一階の階段両脇にも3枚のセットが2組。そう大理石の階段や、正面玄関の天井画も含め、19世紀のシンシナティがどんなにか裕福だったのかが忍ばれます。公聴会の様子も少しだけ見学することが出来ました。今日も楽しかった!


応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

sirowaniko

Author:sirowaniko
アメリカ生活も30年超え、NY、MA、DC、TX,CO、CA、OHを経て、今は南部のジョージアに犬猫と住んでいる普通のおばさん。蚊と蚤とトランプ一味以外の生き物が好き。

Link
Ranking
押してくださると勇気凛々です。
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Latest journals
Category
Latest comments
Search form
Monthly archive
Display RSS link.
QR code
QR