fc2ブログ
HOME   »  ジョージア州でお出かけ  »  High Museum of Arts - やっと美術館を訪問できました

High Museum of Arts - やっと美術館を訪問できました

 家から小一時間も運転しなければならないのに、前回は駐車場代が無料にならないのでパスした美術館、今回はちゃんと確認して訪れました。週末や夕方五時以降の駐車場代は30ドル(@_@)だもん、これは大きい。入館料が18ドルなので、83ドルの年間会員量は二回訪れれば元が取れますが、しかし、高い。DCのナショナル・ギャラリーとか、シンシナティ美術館とか、入館無料の美術館に甘やかされすぎた・・・

 アトランタの中心街にある、High Museum of Art(ハイ美術館)は、複数の建物に渡る大型施設と聞いていたので、ロサンゼルスのゲティ美術館(入館料は無料)のような場所を想像していましたが、同じ敷地内のコートヤードを挟んで本館と2軒の分館が並ぶ、こじんまりした構造でした。街の代表的美術館として多様なコレクションを展示する総合美術館ではなく、テーマに特化した美術館で、東洋美術や中東美術の展示はありません。

 その代わり、キング牧師を生んだ黒人人権運動のメッカ、アトランタに沿った地元密着型というか、アフリカ美術や、アフリカ系アメリカ人の作品が豊富でした。ヨーロッパ美術のコレクションは装飾的な作品がフォーカスのようで、なんといいますか、絵も像も豪華なお屋敷に飾られてそうな作品を集めたって感じ。マイセン等のポーセリンのコレクションの部屋もありました。しかし、西洋美術館の定番、定番のゴッホやピカソ、モネの水仙はない。ギリシア、ローマの古典系もない。アメリカ美術はフォークアートがメインというか、目立ってた。政治的ななテーマの作品も見受けられ、すごく主張してる作品のチョイスです。その繫がりか、コンテンポラリーやモダンアートのコレクションは充実していました。

R_IMG_4188.jpg
ぐるりとスロープを降りていく白い建物は、ちょっとグッゲンハイム風?
吹抜けの下は、週末の子供向けアートクラスの準備中。

R_IMG_4196.jpg
ヨーロッパ絵画の展示。インテリアの雑誌とかでよく見る飾り方ですが、美術館で見たのは初めて。
贅沢な展示方法だなぁ…ってか、上の方、遠すぎてよく見えない…orz

R_IMG_4179.jpg
アフリカン・アートのコレクションが充実


 今回の目当ては、初めてなので取り合えず館内を一周回ってみることと、ビアトリックス・ポターの特別展を見ること。ポターの絵本作家としての活動、ピーター・ラビットをはじめとする絵本の原画だけではなく、鋭い観察眼に基ずく緻密で正確な植物や動物の絵、個人的な手紙や写真も展示され、とても見応えがありました。感動しすぎて、ギフトショップでピーターのぬいぐるみを買いそうな自分を抑えるのに、オノレの自制心に精一杯、頑張ってもらわねばならなかったわw

R_IMG_4306.jpg
おなじみの絵の下絵はハードカバー本くらいの大きさ

R_IMG_4253.jpg
9歳(!)のころのスケッチ。既に並外れた画才や色彩感覚が感じられます

R_IMG_4302.jpg
ジャバラ式になっている絵本。このスタイルでリバイバルして欲しい

調子に乗って、追記にポターさん展の写真ををもっと載せました。来月はじめまでやってるので、もう一度行きたい。しかし、この辺で、オリエンタルアートとか見たくなったら、飛行機乗ってどっかいかなきゃならないのね…



応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
ハイ美術館の、「Beatrix Potter: Drawn to Nature」から。

R_IMG_4244.jpg
展示室はこんな感じ

R_IMG_4298.jpg
ポターさんと愛犬のケップ

R_IMG_4243.jpg
ケップの水彩画

R_IMG_4299.jpg
擬人化されているのに、本当の動物そのものなのも、ポターさんの絵の魅力

 ポターさんの靴や、山歩きのときに使った杖も展示されていましたが、靴が大きくてびっくり。実はがっちり型の大きな女性だったのかも?

関連記事
スポンサーサイト



Comment
こんにちはー!
これは素敵な展覧会ですねえ。
日本にも来て欲しいです。
原画を見てみたいですねえ。
色彩とか小さい頃から優れていたんですね。
キノコもきっと実際みるとすごい迫力なんでしょうねえ。良いなあ。
駐車場料金が30ドル、今どき日本のコインパーキングだと1日で1000円くらいですからその4倍くらいは取ってますね。日本円が下がった分を考えても随分と割高だなぁと思いますが、そこまで強気になれる環境が何かありそうですね。

大きなキノコは何だろうと思ったら、Beatrix Potterがキノコ研究でも知られた人なのですね。
マクノスケ様
もう大満足の展示でした。もう一回行く予定!
開館直後に入って、あまり混んでいない間にじっくり見たいです。
日本でもピーター・ラビットは人気だし、ぜひ開催すべきですよね。
kanageohis1964様
そうでしょう?!?美術館会員になったのは、街の中心街で駐車場代が無料になるだけでもお得だと思ったからなのです。

実は私も、なぜキノコ?と、思いました。ポター女史によるキノコの精密画も多く展示されていましたが、一つの絵の前で時間を取れるような雰囲気ではなかったので、ぜひリベンジしてきます。
せせこましい日本の美術館と違って、ゆったりと作品をー鑑賞できますね。
たしかに、ヨーロッパ絵画は上の方は見えなさそう。(掃除も大変そう^^;)

カオマンガイ食べましたよ!ビール欲しくなりますw
炭酸水で我慢しました。
JUNxxxさん
日本では美術館や特別展はとっても混むけれど、アメリカではそんなことはありませんね。日本人って知識が豊富ですよね。ゴッホやルノワールなんて、日本人なら普通に皆知ってるけど、これって実は、日本人の教養すごい!って思うんです。

この展示方法、上の方は見せる気~いんかい?と、思いましたね。だって、天井高いんですよ~。しかも写真の通りで、飢えの方、照明が反射してるし。

カオマンガイ、いいですねぇ。スーパーにもも肉買いにいこ。わたしはビールでいいただく!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

sirowaniko

Author:sirowaniko
アメリカ生活も30年超え、NY、MA、DC、TX,CO、CA、OHを経て、今は南部のジョージアに犬猫と住んでいる普通のおばさん。蚊と蚤とトランプ一味以外の生き物が好き。

Link
Ranking
押してくださると勇気凛々です。
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
Latest journals
Category
Latest comments
Search form
Monthly archive
Display RSS link.
QR code
QR