fc2ブログ
HOME   »  犬・猫、どっちもいる暮らし  »  なぎ倒せ!

なぎ倒せ!

 カリフォルニアで、民家の監視カメラにピューマが映り、ご近所は警戒体制とのニュースがありました。でも、この「ピューマ」の正体はぽっちゃり猫さんだった。エリーさんもうっかり外を歩いたら、クロヒョウに間違われかねないデカ猫だったけど。先日には、公園のゴミ箱からハリネズミの子供を保護した女性が獣医さんに連れて行ったら、この「ベイビー」は、帽子のポンポンだったというニュースもあったし、こんなちょっとした御近所ネタが世界中に拡散されちゃう、ある意味、すごい時代。

 一方、うちの破壊大王、銀さんは相変わらず周り中を破壊する、私の足に襲い掛かる、テーブルや棚上の物は全て払いのけて落とすのやりたい放題。でも私の足を攻撃するのはやめてほしい。犬には、来たばかりの頃にしつこく猫パンチして、ガウ!とやられて以来、遠慮していますが、母さんには何してもいいと思ってるのか、いくらガウ!と吠えてみても舐められたままです。ムツゴロウさんが言ってたように、言うことを聞かない猫にはいっぺん噛みついてみなあかんのか。大人しくしていればスイートな子なんだけどねぇ(親バカ)

 彼は産まれて直ぐに育児放棄されたのか、猫特有のフミフミをしません。自分で綺麗にしないので、おチリが汚い。そして、そのまま家中を走り回る。彼はリビングの白い椅子がお気に入りですが、座面にトイレシート敷かないと茶色いシミが…orz 決して他人様にお見せ出来ない家になってます。高い所や箱、袋物等に無関心でクールなエリーさんとは違って、とにかく好奇心旺盛で、高い所は飛び乗りたい、箱でも何でも、目の前にある物には入ってみたい。でも、仔猫の頃に心配だったゆるウンピや咳が無くなったのは本当に嬉しいです。正直、この子はあまり長生きできないんじゃないかと思っていたのですが、この調子で猫股化するまで末永く一緒にいてほしい。でも、脚に襲い掛かるのやめて。 

R_IMG_4718.jpg
玩具のカシャカシャにんじんを破壊して勝利の爪とぎ

R_IMG_4545.jpg
よく働いたから疲れた…

 私は日本の動物園を何件かフォローし、可愛い写真を毎日楽しみにています。元々は自然の中で生きている動物たちを無理矢理に閉じ込めて自由を奪っている、晒し者にしているという動物園批判もありますが、近代になって動物園側も動物たちの福祉に気を使い、絶滅危惧にある種の繁殖にも力を入れていることから、私は殆どの園を好意的に受け取っています。動物園の動物達、自分の意志ではないけど、まぁ、プライベートを晒してガップリ儲け、トンデモな贅沢してるセレブ、カダシアン一家みたいなもんかね、と、思ってる。

 ただし、冬の間は雪に戯れるシロクマやアムールトラに笑みがこぼれますが、正直、雪の中のライオンとか、本当に大丈夫なの?って、心配しちゃう。意外と寒さに強いというけど、元々は寒冷地に生息してる種じゃないし可哀想な気がする… オハイオの動物園では、アフリカのサバンナの動物は冬季は屋内施設にいて、展示はありませんでしたが。熊も、特別な冬眠室がしつらえられ、分厚いガラスのこちらから赤外線レンズで覗くことが出来たけど、日本の動物園の熊は冬眠しないの?

 旭山動物園のライオン一家も寒くないのかって思ってましたが、雄だと思ってたら雌だったことが判明して、元の丸山動物園に帰ることになったクレイちゃんが、雪の中を転げまわって楽しむ姿に、ライオンも寒さに強いんだ、雪が楽しいんだと安心しました。私の「推し」、神戸のお嬢様、タンタンさんは亡くなりましたが、旭山動物園のヒグマ、砂川市で親にはぐれて弱っていたところを保護された子熊のすなすけ君も、私の一推しクマ。恐ろしいヒグマですが、元気に遊ぶ姿は愛らしく、毎朝、動物園のSNSで癒されてます。人間だけじゃなく、全ての動物たち、植物も虫もワニも全ての生き物のために、人間は責任もって地球を守らなあかんねぇ、と、しみじみ思います。


応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



Comment
ピューマに間違われたぽっちゃりさん、どんだけデカいねん~ってw 一度見てみたいです。
でも、帽子のポンポンとハリネズミのベイビーは(;^_^A
その女性を眼鏡屋に連れて行きたいかもw

いや~、銀さん、中々やりますねぇ(・_・;)
小さい頃に猫同士で育たないと、力加減が分らず、噛み癖がつく・・・って聞きますね。
本気で、これぐらい痛いんよ?!って噛み返して教えるのは効果があるかも。。頑張って、「がう!」って教えて下さいね~^^
動物園に対しては、考え方が色々あるけれど、
ゆったりしたスペースと、人目から隠れる場所、その子達の生態系に合った素材(木々や氷など)が使われていて出来る限りストレスの無い飼育をしてほしいと思います。

大暴れですね(大爆笑)
銀さん コレ全~部ひとりでお仕事されて・・
これは何とか片目をつぶることはできても、日々のことなのでそれでも大変なのですが(*_*;
わにさんの足を齧るのだけは何とかしなければなりませんね 
噛み噛みが始まったら、めっちゃ金属音の出る鍋の底を叩くとか! 
少しの防御にもなりませんかしら。。
わにさんのストレスが軽くなるような止めさせる方法 見つかるといいです

動物との関わり方を話す時「バカの壁」の養老孟司氏が「人と動物」という分け方はされないで
人も動物なのだから「人と人以外の動物」と話されます
>人間だけじゃなく、全ての動物たち、植物も虫もワニも全ての生き物のために・・ 
わにさんのように私もそう思います 
  
銀さん、パワフルですね。
我が家のおこげも似た感じですよ。
でも、彼は外猫さんだったので離乳までは母猫と居たはず。
やっぱり性格の問題なのかも?
本気のガウ!!が効果があったように、おこげも女帝のシャー!!が効きました。
一目置く怖い存在になってます。
それに比べて人の怒り方って褒めてるようにさえ思われちゃうかも?
不要なズボンとかハイソックスに両面テープをつけておいたらビックリしてやめるかな?
もう少し大人になったらやらないと思うんだけどな~。

狭い檻での展示しかなかった時代に比べたら、今は自然に近づけた展示スペースや寝室になっていますね。
こういうところにはお金をかけて、居心地よくしてもらいたいです。
え!?ぽっちゃり猫がピューマに…( ゚Д゚)
ピューマってぽっちゃりのイメージ無いんだけどね。
うちのぽっちゃりさんもピューマに間違われない
ように気を付けなきゃ(;´▽`A``

うち、ムギちゃんはふみふみマンだけどユズは
ほとんどふみふみしません。
兄弟なのに違うのよね~
ちなみに先代猫は全然ふみふみしない子でした。
で、トイレの後のなめなめ、先代猫は丁寧に
してたけど、ユズムギは一切やらず(^▽^;)
キレがいいのでおちりが汚れることはないから
いいっちゃいいんですけどね。
それぞれで面白いです(*^^)v

うふふ( *´艸`)、是非真似っ子しちゃってください。
自己満足に浸れます♪
こんにちは!
銀さん、すごい!!
大暴れですね。
片づけるのが大変ですけど、静かな猫ちゃんより楽しいのでは?
私もハイビロコウのふたばちゃんをフォローしてみるのが楽しみです。
動物をネットで見られる便利な世の中で助かりますね。
そんなあほな。様
ハリネズミポンポンの女性は、獣医さんから何も言わず立ち去ったそうです。恥ずかしいからバラしたるなよ~

銀は保護団体の檻の中で兄弟猫含む他の仔猫と一緒にいたのですが、臭いからほかの子が近づかなかったかな(彼は糞と砂にまみれてた)。私がガウ言ってもまったく気にしてない~v-406

アメリカの動物園は広々しすぎて動物が見えないなんてところも多いです。日本でも動物たちが楽しめるように重質した施設が増えてきましたね。楽しそうに遊んでいる姿を見るのは楽しいです。でも、私の推し虎だったボルタくんの悲劇もあるし、動物園ごとに差はあるのだろうなと思います…(ボルタ君は飼育員が夜の間、獣舎に入れるのを忘れ、翌朝、驚いた飼育員に飛び掛かって大けがをさせてしまいました。その後、一般人の目に触れないようにされ、数か月後にひっそりと亡くなってしまいました。このサファリパークは以前にも似たような事故が2回もあったにのに、未だに経営しています。なぜ… 
キャットラヴァ―さま
毎日、このノリです。
れもん様
人も動物、本当にその通りなのですよね。

銀は机をバン!と叩く、霧吹きで水を吹きかけるを試しましたが、全然ダメでした。既に飼い主に似て図太く…

飛び乗れる高さのテーブルや棚の上の物は全て落とさねばならないという使命感に燃えているらしく、我家は妙にすっきりしておりますw
なっつばー様
両面テープ、試してみます。もう少し大人になったらやめてくれればいいんですけど!おこげさんもそうなのか… そういや、銀って、おこげさんと同じ色!?!

犬のモカは子犬の頃に、クロ女王さまと元野良でストリートスマートなミケさんという猫お姉さまに厳しく躾けられたので、叱り方も知ってた?

動物園は入場料が少し高くなっても、動物たちの快適さに尽くしてほしいですね。クラウドファンディングで動物たちのおもちゃや備品を募っている所もありますが、そういうのもいいなと思います。自分の「推し」にプレゼントとか嬉しいしv
maimai様
そうか~、兄弟猫でも違うんですね。トイレ後の舐め舐めは、大人になったらキレが良くなって茶色い残り物を拭いて回らないでも済むようになりたいです。

ピューマに間違われた猫さんは色がまさにピューマ色でした。でも、猫さん的には「失礼な!v-359」かも。

ふふふ~、早速真似っこさせていただきますv
カメラを持ち歩くのが好きなので、そこここでニヘラ~できそう。
マクノスケ様
お陰で我家は妙にすっきり…
猫向けの頑丈(なハズ)のおもちゃなのに、ここまでやりますかー(@_@)って感じですよ。

SNS等で可愛い、面白い動画が見られるのは嬉しいです。私は短気で長いものはすぐ見飽きちゃうんで、短い動画専門ですがw
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

sirowaniko

Author:sirowaniko
アメリカ生活も30年超え、NY、MA、DC、TX,CO、CA、OHを経て、今は南部のジョージアに犬猫と住んでいる普通のおばさん。蚊と蚤とトランプ一味以外の生き物が好き。

Link
Ranking
押してくださると勇気凛々です。
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Latest journals
Category
Latest comments
Search form
Monthly archive
Display RSS link.
QR code
QR