fc2ブログ
HOME   »  お出かけ  »  皆既日食を見にテキサスへ!

皆既日食を見にテキサスへ!

行ってまいりました!

 アメリカ中が期待で盛上がった7年ぶりの皆既日食、オハイオだったら見られたんだけど(トホホ)、アトランタは皆既日食の通り道から外れて85%でした。次回のアメリカでの皆既日食は20年後です。20年も先なんて、自分がどこにいるのか、生きてるのかすら分からない。これは体験しに行くしかないでしょう!と、いいますか、実は今月一杯で切れてしまう航空券のクレジットがありまして、これを使うためもあり、日帰りで手近に行けるテキサスへ。なにしろ、せっかくのチャンスだと、皆既日食のパスとなる地域のホテルは普段の何倍もの宿泊料を設定し、レンタカーも4倍、5倍のお値段(@_@) 大都会、ダラスなら車無しでも公共交通手段は充実していますからねv

 早朝の便で、アトランタから ダラス・フォートワース空港へ。最初はダラスに行く予定でした。この機にダラスの美術館を見に行きたかったのですが、月曜日はお休み。残念だけど、お日様とお月さま、地球さんの都合なんで文句は言えまい。でも、空港のターミナル間をつなぐ電車に乗ってターミナル・マップを見ていて、ふと、次はファートワースへの鉄道連絡駅かぁ… そういや、フォートワースって行ったことないなぁ…で、いきなり行先変更。行き辺りばったりで生きております。

 フォートワースのストックヤード歴史地区は、広いテキサスでも指折りの観光地、ロングホーン牛のパレード、カウボーイの聖地として有名です。でも、なぜかテキサスに住んでいた4年間、お隣のダラスは何度か行ったのに、こちらは行ったことなかったのね。天気予報は雲り空と、日食観察には微妙でしたが、だめなら肉食べて帰ってくるさ!(テキサスはBBQやステーキも有名)で、空港からは逆方向、フォートワース行きの電車に乗りました。一日パスは5ドル。電車もバスもこれ一枚でOK。駅からストックヤード行きのバスもこれで乗れます。

 人気の観光地だけあって、フォートワースのストックヤード旅行記や紹介はネット上でも多くあり、こちらも写真が一杯。私が撮ったのも、単に劣化版的な同じ場所の写真なので、素敵なこちらをご参照ください(^^;)

 結果、これは我ながら良い判断だったのではないかと。ダラスより物価も安いので、結構なレストランで肉も食べられたし、人がひしめき合うような混み具合でもなく、牛も見られたし、食べれたし。

R_DSC_9605.jpg
ロングホーン(Long Horns)牛

R_DSC_9609.jpg
その名の通り角が長い

R_DSC_9643.jpg
一日2回、牛追いパレードがあります

 パレード後、今週はご当地の海軍週間だそうで、潜水艦のUSSテキサスと沿海域戦闘艦フォートワースの乗務員や海軍の軍人さん達も街を歩いていました。白い軍服が眩しい。地元の元ベトナム従軍兵を称え、市民兵宣誓、戦死した方の親族への表敬のちょっとしたセレモニーがありました。見ながら、隣に座ってたおばさんと、「お肉、どのレストランが美味しい?」なんてお喋りしてたのですが、ゴールドスター・ファミリー(戦死した兵の家族)への星条旗進呈セレモニーで、このおばさんが呼ばれ、今年始めにご子息を亡くされたばかりでした。泣きそうなった。

 はてさて、肉食べて(←しつこい)、テキサスサイズのマルガリータ飲んで、いい気分で日食観察眼鏡をおもむろに装着…

R_DSC_9651.jpg
おおお?

R_IMG_0302.jpg
おー!携帯カメラの限界。本物はもっと鮮明な銀色の輪っかで、空には星も見えました

R_DSC_9661.jpg
日食中も全く冷静だった牛さん。動物が騒ぐとかウソやった


 日食を見て満足した後、帰りの便まで時間があったので、ダウンタウンに行って市内を巡るトロリー(無料)でぐるりと一回り。弾丸テキサス日帰り旅行、楽しかったです。テキサスは、首都オースティンからコロラドに引越して以来、20年以上ぶりの初訪問でした。で、久しぶりのテキサスで思い出したんだけど、テキサンはやけにフレンドリーなんだわ。道を聞いても、何処でバスを降りるかも尋ねると本当に親身に教えてくれます。初めてワシントンDCから引越した時は、あまりに親切なので、「何を企んでる?」なんて思っちゃったものですが、テキサン、普通にいい人多い。美味しい物多いし、ワイルドフラワーがきれいだし、何より広々してるテキサス。好きです。また住みたいとは思わないけどw

追加写真を追記に。ま~た沢山撮っちゃったからねwww


応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

R_DSC_9648.jpg
カウボーイといえばブーツ。女性用は色々なカラーが揃っています

R_DSC_9628.jpg
かつての家畜競売市場事務所は未だオフィスビルとして健在

R_DSC_9600.jpg
駅(今はショッピングモールとビンテージ電車のターミナル)と転車台
モールにはお土産物屋さんや革製品店と剥製屋があり、凄い数の剥製…(ブキミ)
ライオンの剥製は5千ドルでした。買う人おるんかいっ!?!

R_DSC_9582.jpg
フォートワースはカウボーイの聖地と言われます。後ろはロデオ会場

R_IMG_4706.jpg
パンもマルガリータも巨大だった。そして美味しかった!!

R_IMG_4707.jpg
レストランにて。私の頭上にはバイソンの剥製

R_IMG_4708.jpg
同じくレストランの内装。テキサス!って感じ

R_IMG_4698.jpg
例によってはしゃぐわたくし

R_DSC_9660.jpg
日食中は暗くなった…ボケてますけどw
関連記事
スポンサーサイト



Comment
皆既日食中はキリンたちは寝ぐらに急いだらしい。最初の一頭が寝ぐらに向かったら後を追って3〜4頭が続いたというニュースを見た。
テキサスは州が広いだけでなく何でも大きいと聞いてたけど、全くだね。大きなベルトのバックルが目立つ海兵さんたちも大きい。巨大なマルガリータは優勝カップのよう。壁の剥製もレストランの内装もカラフルなブーツも典型的な古き良き時代のアメリカを思わせる。
沢山の牛を見てウオーキングステーキと言ったやつもいた。
わー!相変わらずアクティブですごいですねー、弾丸ダラス日帰り旅行なんて!!今回の皆既日食をアメリカで見られた人は本当にラッキーでしたね。ストックヤードは私たちも行きました。面白いところだったので印象に残っています。”カウボーイ”ってこういうことだったのかとあそこで理解しました(笑)
CHIBI様
 キリンの方が敏感なのかも?牛は全く動じず、鳥はうるさかったですが、普通に日食時以外もうるさく鳴く鳥たちでした。

以前、テキサス州オースティンに住んでいましたが、州内ではオースティンはテキサスっぽくないと言われて納得できませんでしたが、確かにこのストックヤードは本当にテキサスのイメージを体現したような街でした。オースティンの道路脇のランチにはロングホーンいるけど、道は歩いてないし。
 なんでも大きいものが好きなテキサス、大きなバックルもテキサス風です。レストランで注文して、マルガリータとパンガ先ず来た時には、しまった!テキサスサイズだった!と、後悔しました。マルガリータは完飲、パンとお肉はお持帰りしました。
YOSHI様
思ったよりお手軽に行けたので、またゆっくり行ってみようかなぁ…なんて。なぜか今回は7年前の皆既日食時より大騒ぎだったと思います。何が違うのかしら??
巨大マルガリータもステーキも美味しかったけど、車社会に加え、この食事じゃ長生きは無理ですね~ww
皆既日食の様子はテレビのニュースで見ました。
お天気にも恵まれたようで良かったですね。
それにしても行動力が素晴らしい。
後ろからちょこちょこと付いていきたいって思っちゃったわ。
なっつばー様
人生行き当たりばったりでございます。
本当は昨年中に日本に帰って、犬山城近辺始め、いろいろ見て、美味しいものをたらふく食べたかったのですが叶わず、その飛行機代のクレジットを使うための旅行でもありました。私の方こそ、なっつばーさんの後ろをついて歩きたいです~
”思い立ったが吉日”の通りに動かれたんですね。
こちらでも北部の都市で100%のところがあり学校も休みになっていました。
南部は50%程度と言う事だったけど見る😎持ってないし
仕事中外を気にしてはいたけど何も変わりはなかったような。
半分じゃ”かな?”程度でしょうね。(笑)

牛はこちらでは全く珍しくないけどロングホーンは初見です。
1日?2回パレードするなんて何か特別な歴史とかがありそうですね。
剥製も昔はここでも流行で?例えば絶滅危惧種のタイガー
の剝製(全身)を家に持っている人も居ました。(今は禁止)
ところで剥製のバイソンですがおちょぼ口になっていて何か可愛い。(笑)
口の始末って意外と大変らしいですね。
かぐや姫様
バイソンんがおちょぼ口、言われてみれば!口の処理が難しいって、そういえば成程ですね。剥製、同じアパートの棟の住民がハンティングが趣味で、気候のいい時は明けた窓から多くの鹿の首の悪性が並んでいるのが見えます。正直、怖い。トラの剥製、日本の地元のヤクザ屋さん事務所にあった~

パレードは昔の牧場から競売場までの牛追いの再現だそうですが、一日二回、ご近所一周って、うちの犬の散歩と一緒だと思ってしまいました。

オハイオやニューヨーク州は日食に備えて緊急事態宣言まで出していましたが、存外、大きな騒ぎもなかったようです。ファーとヤードなんて、普段のアンコウ客の込み具合と変わらなかったらしいし。
こちらでも、去年に半分以下の日食があり、私が今回持っていた観察メガネはその時に買ったものですが、最高時でも私以外は誰も見てなかった。やっぱり完全に欠けるという特別感が無いと関心ないんですかね~
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

sirowaniko

Author:sirowaniko
アメリカ生活も30年超え、NY、MA、DC、TX,CO、CA、OHを経て、今は南部のジョージアに犬猫と住んでいる普通のおばさん。蚊と蚤とトランプ一味以外の生き物が好き。

Link
Ranking
押してくださると勇気凛々です。
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Latest journals
Category
Latest comments
Search form
Monthly archive
Display RSS link.
QR code
QR